女性からの好意を迷惑に感じた時の3つの対処法


女性からの好意 迷惑

 

今まであなたは女性からの好意を感じて、

迷惑に感じたことはありませんか?

 

「もしかして、この人僕のこと好きなのかもしれないけど・・・」

 

と好意を感じても嬉しい場合ばかりではないですよね。

でもそんな時に、

 

「僕はあなたに気持ちがないので、ごめんなさい」

 

と直接言うわけにはいかないしですし、

ちょっとやりづらいな・・・と感じたことはありませんか?

 

そんなあなたのために

女性からの好意を迷惑に感じた時の3つの対処法をお伝えします!

スポンサーリンク

【1】気になる人、好きな人がいるという話をする

 

月並みのような気がしますが、

気が利く女性や相手の気持ちに敏感な女性であれば、

自分の好きな人に好きな人ができた時点で身を引きます。

 

もしくは、そこで友達としての立場に転じて、

これからはあなたの恋愛を応援していこうと思うはずです。

 

これは困っているときの対処法なので、

本当に好きな人ができたら伝えるというわけではなく、

 

  • 架空でもいいので気になる人いると伝える
  • 別のところで好きな人を設定して伝える

 

というのでもいいと思います。

具体的にいろいろと聞かれることもあるかもしれませんが、

 

  • 大学の時からの友達
  • 会社の同僚
  • 学生のバイト先で一緒だった

 

などの例が一番使いやすいと思います。

もちろん、好意を感じている女性と接点がないところに

好きな人がいることにするのが一番ですよ。

 

会社の同僚から好意を感じているのに、

職場に好きな人がいることにすると、

あらぬ方向で話が進んでしまうこともありますからね。

たまにですが私の友人の中には、

 

「うまく行くように応援する友達として相談に乗ってるうちに・・・という可能性もあるし」

 

と考える女性もいますから、気を付けて下さいね。

 

 

【2】連絡・LINEの頻度を落とす

女性からの好意 迷惑

 

次はテクニック的なところになるのですが、

LINEなどの連絡を返す頻度を遅くすることです。

 

これをされると女性はかなりダメージを受けます。

私もそうなんですが女性というのは、

連絡の頻度を気持ちのバロメーターとして測っている人が多いです。

 

そのため、連絡の頻度が遅くなると、

「脈なしだな」と感じるんです。

 

社会人として働いていると、

連絡をマメにするのがマナーとされていると思います。

ですが、変に好意をもたれたくない場合や、

すでに好意を感じて困っている場合は、

連絡の頻度を落としてみてはどうでしょうか。

具体的にどんな方法があるかというと、

 

  • 毎日返していたLINEを1日おきにする
  • 電話がかかってきでもすぐに出ずに、あとでかけ直すことにする

 

などです。

LINEに関しては、段々と返す日にち間隔を開けても効果的です。

すると途端に女性は身を引くはずです。

これは女性同士で集まっても話題になるのですが、

 

「最近あんまり連絡返してくれなくて・・」

 

と女性が相談すると、必ず誰かが、

 

「それは脈なしだから諦めよう!」

 

と言います。

女性の中でそれだけ連絡の頻度は大切ということなんです。

 

またその中でLINE、メールよりも女性に響くのが電話です。

気になる人には電話したくなるものですよね。

だからこそ、電話には絶対出ないでください。

折り返しをするなということではありません。

 

その場で出るのではなく、

少し時間を空けてから折り返しして欲しいのです。

そうすれば、実際折り返しはしていますし、

印象が悪くなることはありません。

 

ただ「いつもタイミングが合わない」と、

相手に思わせることが大切なのです。

 

逆にいえば、もし気になる女性がいる場合は

マメに連絡をしたほうがいいということですよね。

 

 

【3】絶対に2人でご飯に行かない

 

男性から相談をよく受けるのですが、

 

「仲いい友達だと思ってた女性から、アピールされて困ってる。俺はこのまま友達でいたいんだけどな・・・」

 

ということがあります。

こんな時私が真っ先に伝えるのが、

 

「とにかく今後は2人でご飯を食べに行かないこと!もし誘われたら、他の誰かも必ず連れていくこと!」

 

ということです。

意外とそういうところに鈍感な男性がいたりします。

 

「女性から相談したいことがあるって言われたから、2人っきりのほうがいいかと思って・・・」

 

と気を利かせるのはとってもいいことだと思います。

こういうことをいっている男性は、

女性から好意を持たれやすい人が多いです。

 

ただそれは女性の思うつぼなのです。

なので相談があるといって近づいてきても、

本当に相談がある可能性は少ないと思ってください。

 

女性の多くは、

その「相談」が2人きりになるテクニックだということを知っています。

 

もしその女性と5年、10年以上の付き合いなら、

深刻な相談の可能性もあるので2人きりでもいいかもしれません。

 

でも頻繁に連絡を取り合ったり、

たまに2人で飲みに行ったりする仲で、

ちょっと好意を感じるのであれば、

その状態での「相談」は2人になるための口実です。

その相談に乗ってしまうと、

 

「この間相談したことだけど・・・」

 

とまた2人きりになる機会を作ろうとしてきます。

そのあと女性からしつこく迫られ、

 

「私に気を持たせたくせに!」

 

と言われている男性が友人で何人かいました。

女性の私からすれば見え見えの作戦なんですけどね。

そういった事態を防ぐためにも、

 

  • 絶対2人きりでご飯に行かない
  • ご飯に行くことになった場合は共通の友人、知人を誘う

 

この上記の2つは徹底するようにして下さい。

この2つを徹底していれば、多少鈍感な女性でも、

明らかに2人で会うことを避けていることに気づきますし、

自分に好意がないことにも察しがつくはずです。

 

 

女性からの好意が迷惑なら脈がないと感じさせること

本日のまとめ:

  1. 気になる人、好きな人がいるという話をする
  2. 連絡の頻度を落とす
  3. 絶対に2人でご飯に行かない

 

今回は、上記の3つの対処法をお伝えしてきました。

これはどれも女性目線で考えたときに、

決定的になるであろう行動ばかりです。

 

上記のうち、1つだけを実行するだけで、

大抵の女性なら感づくはずです。

 

しかし、強気な女性や、

自分に自信がある女性、恋愛経験が乏しい女性には

1つでは効果がない場合があります。

 

実際に私の女友達で自信家な子がいるのですが、

ちょっとやそっとでは揺らぎません。

 

そんな時は一気に2つ、3つ全部を、

実行してしまってもいいと思います。

 

少しひどいことをしているような気がするかもしれませんが、

時にはそれぐらいしなければ伝わらないのです。

 

どれもハッキリとこちらの気持ちを伝えているわけではないので、

実行したことで相手と縁が切れることはないと思います。

 

またほとぼりが冷めれば、

友人として接することもできるはずです。

ぜひ、こちらの方法で穏やかに関係を方向転換できるといいですね。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ