心が疲れたときの片思いの恋愛に効く7つの言葉


心が疲れたときの片思いの恋愛に効く7つの言葉

 

好きでい続けるのって疲れてきませんか?

片思いの恋愛は、いつも恋した側が振り回されます。

そんな心が疲れたときは癒しが欲しいですね。

 

前回は、あなたの片思いが実らない理由にハッと気付ける5つのパターンにて、

現実の恋はマンガやドラマのようなストーリーを期待することができませんが、

それでも片思いの恋を実らせるための5つの気付きをお伝えしました。

今回は、片思いの恋愛で心が疲れたときについてです。

 

片思いしているときが一番盛り上がると言います。

だけどそれはお互いに良い関係が築かれていて、

そして両想いにすることができそうだからではないでしょうか。

 

だけどどんなに好きだったとしても、

どんなに頑張ってアピールしたとしても、

好きな人が振り向いてくれなければ疲れてしまいます。

そんな心がが疲れたときに効く7つの言葉を紹介します。

スポンサーリンク

 

【1】恋愛を避けるのは人生で得られる感動を失っている

 

恋愛ほど感情を揺さぶられるものはないのではないでしょうか。

苦しいことも辛いことも悲しいこともありますが、

楽しいことも嬉しいことも心温かく感じることも、

恋愛ではたくさんの感動を味わうことができます。

 

もし恋愛を避けるなら人生で得られるたくさんの感動を失っています。

 

片思いし続けて心が疲れるくらい恋愛をしていることは、

それ自体が得難い経験なのではないでしょうか。

 

 

【2】片思いが世界で一番美しい恋

 

報われぬ愛ほど美しいものはありません。

なぜなら記憶の中で美化されるものだからです。

もし彼と付き合って彼のことを知ってしまったら、

 

それはとても綺麗な恋愛だけでは語りきれなくなるのではないでしょうか。

 

もちろん片思いから両想いになれることは素敵なことですし、

彼と付き合うことができて悪い部分も知ることも大事なことだと思います。

一方で、片思いのまま恋が終わってしまったとしても、

それもまた美しい思い出として心の中にしまっておけるのではないでしょうか。

 

 

【3】最初は誰だって外見から入る

 

「私、外見で人を好きにはならないから!」

「私、あんまり外見は関係ないの・・・」

 

このように言う人もいますし、それも正しいことだと思います。

だけど一番最初に出会った第一印象は、まず外見を見て人を判断します。

そこで恋愛に発展しようがしまいが関係なく最初はまず外見で判断します。

 

そういった意味では誰だって最初は外見から入ります。

 

心のどこかで外見で判断することを悪いことだと思ってませんか?

心が疲れたときは外見で判断する自分を責めることもあるかもしれません。

ですが結局行きつく先は「心」を見ることになるので、

最初に外見で判断することは何の問題でもないのです。

 

 

【4】恋愛がうまくいかない方が普通なこと

 

世の中に出ている僕達がよく聞く音楽は、

そのほとんどが恋愛関係をテーマとしていますね。

しかもそれは、うまくいかない恋愛をテーマとしているのです。

そしてそれは昔からずっと今でも続いています。

 

それほど恋愛がうまくいかないことの方が普通なことなのです。

 

歴史に名を残すような人物だって、

恋愛で上手くいかなかった話を一度くらいは聞いたことがあるはずです。

源氏物語やロミオとジュリエットなど誰もが知っている話だと思います。

そう考えると、恋愛でうまくいかないことは特別なことではないのです。

心が疲れるほどずっと片思いのままであっても普通のことです。

そして勇気を出して行動するからドラマが生まれるのです。

 

 

【5】タイミングは自分ではコントロールできないもの

 

タイミングと言えば結婚が想像できますね。

結婚とはしっかりと準備するものでもなく、

予め想定して段取りしておくものでもなく、

 

そのとき、その瞬間の何らかのタイミングだったりします。

 

タイミングなので理由なんて分かりません。

恋愛だって好きな人が誰かと付き合っていれば無理かもしれません。

そこで今付き合っている人と別れればタイミングが訪れることでしょう。

だけどそのタイミングとは自分ではコントロールしきれるものではありません。

ずっと片思いのままでも、それは単なるタイミングの問題だったりするのです。

 

 

【6】怖いのは自分を大事にしている証拠

 

距離がまだ遠いからこそ相手がより美しく見えるものです。

なので余計に距離を近づけることが怖く感じてしまうこともあります。

つい好きな人の前で何もしゃべれなくなってしまうことがありますね。

自分に素直になることは実は勇気のいることだったります。

 

怖いのは傷付かないために自分を大事にしているだけです。

 

そしてそれはあなたではなく、あなたの中にあるもう一人のあなたです。

それを潜在意識と言いますが、潜在意識はあなたを守ろうとしてくれます。

まずはそんなもう一人のあなたのことを大切にしてあげることです。

自分を大切にするから相手のことも大切することができ、

素直な自分を表現することができるのです。

 

 

【7】どんなに成長しても恋の感じ方は同じ

 

人はどんなに人間的に成長したとしても、

怖いものは怖いし、悲しいことは悲しいし、苦しいことは苦しいです。

それはどんなに徳を積んだ僧であっも何一つ変わることはありません。

 

なぜなら、みな同じ人間だからです。

 

だとするとどうすれば良いのでしょう。

それは自分の考え方を少し変えてみるだけで良いのです。

たとえば彼の態度が冷たかったら、嫌われたんだと思うこともできますが、

もしかしたら好きだから照れ隠しにそんな態度をとったとも捉えれます。

人生が上手くいくように考え方を変えることが大切です。

 

 

心が疲れたときは一休みしませんか?

 

僕は最近、ネットで賃貸情報を見ています。

しかし、どれもこれもパッとしなくて決められません。

ネット上では細かく情報を出してくれてますが、

どれもこれも決め手となる判断はできないのです。

だけど子供の頃、欲しいオモチャを手に入れたときのことを思い出すと、

 

欲しいと思った瞬間のプロセスが違うことに気づきました。

 

それは広告やネットで書いてある情報で判断しているのでなく、

欲しいと瞬間的に思ったフィーリングで決めていたことです。

目に見える情報に踊らされて判断してしまうと後悔しやすいです。

だけどフィーリングで決めたものはいつまでも幸せに感じます。

 

あなたが片思いで心が疲れたとき、

それは何にこだわっているからでしょうか?

 

こだわってしまっているから心が疲れるのかもしれません。

そんなときは少しだけ一休みしてみると良いでしょう。

疲れたら休むことが一番です。

 

素敵な恋愛ができることを祈っています。



 

スポンサーリンク


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ