プチ断食のやり方!平日と休日に行うポッコリお腹ダイエット


プチ断食のやり方!平日と休日に行うポッコリお腹ダイエット

 

断食はデトックス効果もあって健康にもいいですが、

本格的な本断食をするとなると抵抗を感じたりしませんか?

そしてダイエット成功の本質は習慣化できることにあります。

そこで平日や休日に行うプチ断食のやり方が断然おすすめです。

 

前回は、ストレス太りの原因と解消法!ヤケ食いドカ食いは心が弱い?にて、

現代社会は仕事や様々な人間関係でストレスに晒されやすい環境にありますが、

ストレス太りは精神的な弱さではなくその原因をしらないからであり、

その原因を知った上でストレス太りへの解消法についてお伝えしました。

今回は、プチ断食を平日と休日の両方行うやり方についてです。

 

ポッコリと出た下っ腹って、

なかなか解消しにくい場所だったりしますね。

服を脱ぐたびに気になってお肉を摘まんでいないでしょうか。

そして痩せたいと思うんだけど食欲をコントロールできなくて、

いつまで経っても気に入らない体型のまま過ごして嫌になりますね。

 

僕自身、下っ腹の贅肉は非常に厄介でした。

ですがプチ断食と簡単な食生活の改善で解消することができました。

 

確かに有酸素運動や筋トレなどの運動を取り入れた方法や、

食事をある程度制限して健康的な食事をする方法も、

可能ではありますがしかし肉体的に精神的に辛いものです。

 

そこでプチ断食は本断食と違って自宅で簡単に行うことができます。

また今までの生活リズムを極端に変えるというわけではありません。

今回は、僕が実践して効果のあった方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

平日は半断食、休日は1日断食で効果的に痩せる

 

冒頭でもお伝えしましたが、

ダイエット成功の本質は習慣化にあります。

あなたはリバウンドの原因は何かご存知でしょうか?

 

  1. 停滞期にモチベーションが下がる
  2. 目標を達成した後の気持ちの油断

 

この2つが大きな原因となっています。

この2つの原因に共通していることは習慣化です。

ダイエットするたもの行動がそもそも身体に馴染んでいないからです。

そこで、なぜ太ってしまうのかということに目を向ける必要があります。

 

それは太ってしまう生活習慣を続けてしまった結果です。

 

そのためには痩せた身体が当たり前の生活習慣にしなければいけません。

なので今までしたこともないのに無理に運動に時間を割いてみてたり、

痩せるためだけに無理して極端に食事を抜いたりすると続かないのです。

プチ断食を普段の生活に取り入れるやり方は簡単です。

 

プチ断食を活用したやり方:

  1. 平日は12~20時の間に2回食事をして半断食
  2. 休日の1日だけ12~翌日12時まで何も食べない1日断食

 

たったこれだけです。

20時以降食べない理由は20~4時までは、

新陳代謝が活発になって細胞の再生などが行われているからです。

なので消化活動時間に食事をとっておきたいのです。

 

 

下っ腹のポッコリ感を解消する簡単な酵素食の取り入れ方

 

下っ腹がポッコリ出てしまうと、

なかなか引っ込ませることができなくて悩んでしまいますね。

特に椅子に座ったときが気になったりしませんか?

 

原因は筋力の低下で内臓が下に落ちてしまうことや、

皮下脂肪や落ちにくい内臓脂肪がついてしまうことにあります。

特に年齢を重ねると解消しにくくなる厄介な部分です。

そこでおすすめなのが酵素食を取り入れるやり方です。

 

下っ腹解消の酵素食:

  1. 昼の1回目の食事は納豆ともずくを食べる
  2. 途中でお腹が空いたらキムチを食べる

 

たったこれだけです。

これらは酵素が含まれた食べ物なのでお勧めです。

酵素を含む食べ物を積極的に摂ることで便秘解消になります。

便秘になると下っ腹がポッコリと出てしまうので、

解消されるだけで下っ腹が気にならなくなることもあります。

 

酵素というと生野菜や果物などが思い浮かぶと思います。

しかし、これらを食べるのは意外と手間のかかることです。

僕自身が面倒臭がりな性格なので手軽に行えるやり方でなければ、

かえって挫折して自己嫌悪に陥ってしまうことが心配でした。

 

またあえてちょっと手間を加えるなら、

納豆に大根おろしを加えるというやり方は非常に効果的です。

なぜならすりおろすことで酵素の量が2~3倍に増えるからです。

実は食物の細胞の外側しか酵素を摂ることができないのです。

そこをすりおろすことでしっかりと酵素を摂ることができます。

 

 

いきなり本格的にやろうとすると挫折の危険も!?

 

プチ断食は普段の生活の中に組み込みやすいです。

それだけに習慣化することが簡単にできるので、

リバウンドの心配を防ぐことができるのです。

だけどいきなりやろうとすると挫折の危険もあります。

 

なぜなら身体が慣れないことに抵抗しはじめるからです。

 

停滞期が訪れたときに急にやる気が低下する理由は何だと思いますか?

意識では成果が出ないことにやる気が低下してしまうと思いがちですが、

実は身体を変化させないように脳から指令を送っているからです。

なのでだるいとか動けないとかの感覚に晒されてしまうのです。

ではなぜ身体はそのような指令を出すのでしょうか。

 

それは今まで太った状態で生命を維持してこれたからです。

 

ところが痩せた身体になることは身体は経験してません。

あなた自身はそれが安全だと分かっていても、

身体は実際に経験していないので危険と判断するのです。

 

それを回避するにはほんの少しずつ変化を加えることです。

 

僕は平日は半断食、週に1回1日断食を行い、

1日2食でそのうち1食は納豆ともずくのみにできているのは、

 

そこに持っていくまで時間を掛けて少しずつ変化させていったからです。

 

まずは1日3食のうち1食だけ軽めにしていき、

甘い物も好きで毎日食べましたが2日に1回、3日に1回と、

どうしても食べたい衝動が出たときは無理に我慢しないなど、

生活の中で少しずつ変えていくようにしていきました。

ダイエット成功のコツは少しずつの変化にあるのです。

 

 

痩せた状態が習慣になるダイエットが本当の成功

 

巷で○○ダイエットとかダイエット器具など、

雑誌やテレビで最新の情報が常に出続けていますが、

それらは効果的とか即効性などの謳い文句で消費者を煽ります。

 

だけどほとんどの人がダイエットの失敗に陥っています。

 

そうなるのは一体なぜなのでしょうか。

たとえばよく切れる包丁が深夜番組でやってたりしてましたね。

実際にどのくらいよく切れるか実演してみせたりしてます。

それを観て消費者は”よく切れる”と思い込んで購入しますが、

 

あれはあくまでもエンターティナーなのです。

 

それはダイエット関係のものであっても同じことで、

どんな方法でも結局は自分の意志でやっていかなければいけません。

購入して成功する人は自分の意志でやり続けるからです。

 

だけどダイエットの場合、

目標体重に達してからもそのスタイルを維持することが必要です。

でなければ一時の成功に終わっても意味がないからです。

だからこそ少しずつの行動で身体に変化を与えていき、

 

痩せた状態の生活が習慣にすることが本当の成功なのです。

 

そしてリバウンドしてしまうと、

次のチャレンジはより重たく感じてしまうでしょう。

そのためにも過度な食事制限や運動を行って、

非日常的なことを一時的に行わないことです。

 

極端なことを言えば生き方を変えることになるんです。

 

だけど本当は整った生活リズムを築いていきたいものですね。

同じ1日でも見るものが美しく心が軽く感じられる方がいいですね。

自分を変えることはどんなことからでもはじめることができます。

ダイエットからでもあなたの人生に成功体験を築いてみてはいかがでしょうか。

 

またプチ断食の効果や効率について以下の記事で紹介しています。

合わせて参考にして、あなたの人生を変えるキッカケにして下さい。

プチ断食でダイエットの効果を高めるための脂肪燃焼のコツ

プチ断食でダイエットの効率を上げるための5つの方法

 

成功体質になれることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ