ストレス太りの原因と解消法!ヤケ食いドカ食いは心が弱い?


ストレス太りの原因と解消法!ヤケ食いドカ食いは心が弱い?

 

仕事の精神的にきつい人間関係や苦手な業務内容、

とくにストレスが溜まった日には甘い物が欲しくなりませんか?

ストレスによって過食するとやめられて嫌になりますね。

ストレス太りの原因はメンタルが弱いからではありません。

 

前回は、ウォーキングダイエットの成功を早めるもう1つの簡単な方法にて、

手軽なウォーキングダイエットですが運動量が少なく非効率になりがちですが、

成功を加速させるシンプルなある1つの方法についてお伝えしました。

今回は、ストレス太りの原因と解消法についてです。

 

仕事や人間関係のストレス・・・

僕達の生きる社会はストレスに晒されやすいです。

便利な社会になった分だけ人との距離感ができてしまい、

中途半端な距離感が互いを避けて警戒してしまいます。

 

そこで受けたストレスを解消するには、

人の本能である「食べる」ということに向かうのかもしれません。

食べることは単純で、そして簡単に行うことができるからです。

お金さえ出せば、何の苦労もする必要がありません。

 

そこで食べ過ぎが原因でダイエットをはじめる人は多いです。

しかし、本来の原因であるストレスと向き合わない限り、

ダイエットをしても上手く痩せられないことが多いです。

ではストレス太りをどう解消していけばいいのでしょう。

スポンサーリンク

 

急激に太ってしまうヤケ食いドカ食い

 

ストレス太りってよく聞きますが、

そもそもストレスと体重ってどう関係するのでしょう。

ストレス太りを避けるにはメカニズムを知る必要があります。

 

人間はストレスを感じると、

コルチゾールというホルモンが分泌されます。

このホルモンの役割は危険を察知して脂肪を蓄える働きをします。

 

ストレスを感じることで脳が危険と判断してしまうのです。

 

そのため仕事や人間関係でストレスが溜まっていくと、

甘い物や脂っこい物が欲しくなってやめられなくなります。

ですがそうすることで必要な栄養素を確保しようとしているのです。

 

つまりエネルギーを確保するために身体が栄養を要求するからです。

 

それだけストレスというのは身体に負担がかかります。

とくに脳のエネルギー源はブドウ糖という糖分です。

なので甘い物の食べ過ぎでストレス太りになりやすいのです。

 

また情報伝達にはコレステロールが必要です。

肉に含まれるトリプトファンには精神安定に必要な成分です。

これらを補うために脂っこい物が欲しくなってしまうのです。

 

 

やめようとすればするほどやめられない・・・

 

上記のような原因から、

いくらやめようと意識したところでやめられない・・・

そして欲求に負けて自己嫌悪になってさらにストレスになり、

それでも食べ続けてストレス太りとなってしまいます。

 

  1. 仕事や人間関係のストレスが原因で食べ過ぎる
  2. やめたくてもやめられないことがさらにストレスを増長
  3. ストレスにストレスが重なってストレス太りが悪化

 

このような悪循環から抜け出せなくなります。

食べることは簡単で舌に心地良いので非常に厄介です。

 

僕自身も当時は製造業の会社員をやっていて、

パワハラや孤立化、実家でのストレスで精神的に参ってました。

心を切り離して感情を感じないようにするかのように、

無感情状態で仕事をしていたので常にストレス過多でした。

 

帰りになると一気に解放されて帰宅していると、

ふと頭に甘い物がよぎってそれが離れなくなってしまうのです。

 

「今日も頑張ったんだから、いいか!」

 

という油断が甘い物への依存へとなってしまい、

やめたくてもやめられない、そしてそのことへの罪悪感、

罪悪感がさらにストレスとなってやめられなくなっていきました。

 

 

ストレスが原因で太る訳ではない

 

ではストレス太りの解消法はあきらめるしかないのでしょうか。

そんなことはなくて、だからこそまずメカニズムをお伝えしました。

あなたも十分にご存知のことかもしれませんが、

ストレス自体で太るということはまずありません。

 

ストレスが溜まることが原因でそれを解消しようとして太ってしまうのです。

 

なので根本的な問題であるストレスそのものを解決しなければ、

いくらダイエットなどの他の方法で補おうとして頑張っても、

それがかえってストレスとなって余計に太りやすくしてしまいます。

 

なぜ人はストレスが溜まると食べ過ぎてしまうのかは、

これまでメカニズムの項目でお伝えしてきましたが、

だけど人間以外の動物は目の前に食べ物があれば、

腹八分目にしようなんて意識することなく食べ続けます。

 

つまり人間より満足するまで食べ続ける本能に従っているのです。

 

よくよく考えてみれば肥満になるのは、

人間と人間に飼われているペットくらいなものです。

ではなぜ人間やペットは太って野生動物は太らないのでしょう。

そこにストレス太りの解消法のヒントが隠れているのです。

 

 

ストレス太りの簡単な2つの解消法

 

僕達の生きるこの現代社会は、

あまりにも簡単に食べ物が手に入る環境にあります。

便利な世の中になった反面、それは太りやすい状況と言えます。

そこで僕達は意識的に環境を整える必要性に迫られています。

そこでストレス太りを解決する解消法として、

 

  1. 食べ物を買わない・家に置かないこと
  2. 食べること以外の趣味を見つけること

 

この2つの解消法が最も簡単でシンプルです。

僕が実践しているのは冷蔵庫には水と納豆ともずくのみです。

そして1日2食にしてそのうち1食は納豆ともずくだけ食べます。

今では夜10時以降に何かを食べることすらなくなりました。

そうすると半日以上は何も食べない状態にできるので、

それだけで半日断食を行っていることになります。

 

趣味に関してはなるべくお金をかけたくないですね。

ネットを繋げているのでユーチューブ動画を楽しんだり、

ブログを書くことが好きなのでこうして書いたりしてます。

近くの公園でウォーキングをしたり自宅で筋トレをしています。

こうすればお金がかからず手軽な趣味を複数持つことができました。

 

趣味というと何かハマれるものがあれば理想的かもしれませんが、

そこまで好きになれるものを見つけるのは案外難しいものです。

まずは気軽に続けられそうなものを選んでみてはいかがでしょうか。

 

ストレス太りを根本的に解消するには、

仕事を辞めるとか、問題の人間関係を断つなどしなければいけません。

もし、それが困難な状況であってもあきらめたくはないですよね。

最終的には根本的に解決することを念頭に入れて、

今すぐできるストレス太りへの解消法を行うのも大切です。

 

自分と上手く付き合っていけることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ