痩せたいのに食べてしまうのは病気?身体が心から望むもの

 

どうしても我慢できなくて食べてしまう・・・

痩せたいのに食べてしまう自分がホントに嫌・・・

自分の欲をコントロールすることができなくて、

もしかして病気かもしれないって思ってませんか?

 

食べるという行為は睡眠欲と性欲に次いで、

三大欲求と呼ばれるのはご存知かと思いますが、

本能と絡んでいるので難しくて当然なんですね。

けど食べてしまうのが悪いというわけじゃなく、

太る原因は太る食べ物を食べてるだけなんです。

 

スポンサーリンク

痩せたいのに食べてしまう生理的な原因

 

痩せたいのに食べてしまうのは病気?身体が心から望むもの

 

お腹が空くとグーって鳴ってしまう・・・

そして何か食べたいって気持ちになりますよね。

ではそもそも何故お腹が空くのでしょう。

 

その原因は脳の視床下部にある接触中枢です。

 

接触中枢がエネルギーを求める指令を出すことで、

お腹が空いて何か食べたいと感じるわけです。

 

僕達は日々体内のエネルギーを消費しています。

消費すると次第に血糖値が低下していくんですね。

その為、身体に蓄えた脂肪を分解するようになり、

それによってエネルギーを作り出そうとします。

 

この脂肪を分解する際に遊離脂肪酸ができますが、

血液に放出されて接触中枢に情報が送られると、

空腹状態、つまりお腹が空くというわけです。

 

そして食べると今度はお腹いっぱいになります。

その時に血糖値が上がって満腹中枢が刺激され、

お腹いっぱいという合図を出してくるわけですね。

 

食欲は、脳の視床下部というところでコントロールされています。
視床下部にある摂食中枢が「脳にエネルギーが足りていない、補給せよ」と命令を出します。
これが空腹を感じる原理です。
そして食事を摂り血糖値が上昇すると満腹中枢が「エネルギー量は十分。もう食べるな」の命令を出します。

引用:ライフスポーツKTV

 

さまざまな活動により体内のエネルギーが消費されると血糖値が低下し、体に蓄えていた脂肪を分解してエネルギーを作り出そうとします。この脂肪を分解するときにできるのが遊離脂肪酸です。
遊離脂肪酸が血液中に増えてくると、この情報が摂食中枢に送られ空腹感となって、私たちにエネルギーの補給を促すのです。

引用:HelC+(ヘルシー)

 

スポンサーリンク

痩せたいのに食べてしまう心理的な原因

痩せたいのに食べてしまうのは病気?身体が心から望むもの

 

我慢するほど食べ物が頭に浮かんできて、

あの甘くて美味しそうな香りとイメージと共に、

口の中の唾液が多くなってきませんか?

 

食べることを止めようとしても、

どんどん食べたい気持ちが強くなるのは、

 

食べることで得ている何かがあるからです。

 

例えば甘いお菓子を食べることって、

舌に心地が良いので幸せを感じられますよね。

特に仕事に不満を感じることが多い人なんかは、

ストレス解消の手段になり依存に繋がります。

 

けどこのままではいけないなって、

頭では分かっているのに止められない・・・

 

人間はそもそも本能に従って生きてます。

本能に逆らって生き続けることはできません。

 

デザートは「別腹」のメカニズム

よくお腹いっぱいに食べたにも関わらず、

それでもデザートは食べれたりしますよね。

そんな時によく言われることとして、

 

「デザートは別腹なのよ!」

 

て言ったりする人がいます。

実はこれにもちゃんとした原理があるのです。

それは大脳が発達した人間ならではのもので、

 

間隔中枢というものが働くからです。

 

間隔中枢とは僕達が見る・聞く・感じるなどの、

いわゆる五感で感じる感覚器官のことを言います。

この五感から外部の情報を受け取ることによって、

食欲がそそられるというメカニズムなんですね。

 

なのでデザートは別腹というのは、

美味しそうな見た目や匂いに誘われてしまい、

それによって食欲が湧くということなんです。

 

欲求に負けず痩せられる人の心理

逆に痩せることができる人というのは、

食べることで得られる幸福感とかより、

 

痩せて得られる大切な何かがあるからです。

 

例えば食べることを止めないと明日死ぬ・・・

なんて医者から言われたらいかがでしょうか。

きっと誰もが食べることを止めるはずです。

 

よく聞く話の一つですが好きな人ができた時、

ダイエットに励んで痩せる女性は多いですよね。

これも食べることより他に大切なことがあり、

 

食べるより痩せて得られるものの方が大きい。

 

だからこそ、その女性は頑張れるわけです。

たったこれだけのことなんですね。

 

痩せられないのは意志の弱さが原因?

痩せたいのに食べてしまうのは病気?身体が心から望むもの

 

とは言え、あなただって、

痩せたい気持ちは本気なんだと思います。

わざわざこの記事に辿り着いて頂いてる時点で、

ダイエットに向き合う姿勢は真面目だと思います。

普通は調べようとせず挫折をするものです。

 

では痩せたいと本気で思っているのに、

どうしても我慢できない原因な何なのでしょう。

意志の弱さや精神的な病気が原因なのでしょうか。

仮にこうした意志や病気が原因だとするなら、

 

それらは一体どこからやってくるのでしょう。

 

実は原因を探ることにあまり意味はありません。

何故なら人は本能に従って生きているからです。

けどここにこそヒントが隠されているのです。

 

無理なく自分をコントロールするには?

人はそもそも本能に逆らうことはできません。

本能に従って生きることしかできないわけです。

だとすればダイエットで成功する鍵は、

 

本能に従うというところにあります。

 

つまり本能に従って食欲をコントロールすれば、

意志の弱さや精神的な病気に関係なく、

あなたの望む体重や体型へ変えられるわけです。

 

僕自身、甘い物が大好きでした。

好きでもない仕事を我慢しながらやっていたので、

自分をコントロールできなくて毎日食べてました。

 

ですがあることに気付いてからは、

それを元にして食生活の改善を意識していき、

1日3食から1日2食で毎日半断食が行えるようになり、

そして週1回は1日断食も行えるようになりました。

 

しかも普段の1日2食の食事の中で、

1食は納豆ともずくのみの食事で済ませてます。

たまに1品加えますが味噌汁程度のものです。

 

食欲は本能にさえ従ってしまえば、

我慢することなく抑えることは可能です。

 

痩せたいのに食べてしまう人は、

意志の弱さでも精神的な病気なんかでもなく、

ただ方法を知らないってだけの話なんですね。

 

痩せたいのに食べてしまう人が陥るワナ

 

痩せたいけどつい食べてしまう・・・

この相反する思いは非常に厄介ですよね。

つい食べてしまう人の問題が何かというと、

 

食べたいのに我慢しようとすること。

 

だから悩んでるんでしょ!と思われるでしょうが、

ダイエットとは単に痩せる努力をするのではなく、

 

体重が自然と落ちる生活習慣にしていくこと。

 

このことが何においても一番重要なのです。

 

食事制限でほとんどの人が失敗する理由

多くの人が考えるダイエットと言えば、

食べることを制限して耐えることをしがちですが、

実際のダイエット成功の本質は根本的に違います。

 

食事制限は心身共に耐えることになるので、

目標に対する驚異的な精神力を持つ人じゃないと、

ほとんどの人は達成することが不可能です。

 

またそんな驚異的な精神力で痩せたとしても、

達成した瞬間に緊張の糸がプツリと切れてしまい、

そこからリバウンドしてしまう人も多いです。

 

つまり達成そのものも困難であれば、

達成した後の維持もまた困難ということです。

 

減量のような痩せ方はリバウンドする

プロのアスリートと呼ばれる人達の中で、

試合を有利に運ぶ為に減量をする場合があります。

格闘技なんかは減量が当たり前とされてますね。

 

そしてごく短い期間で体重を落としますが、

わずか2~3週間で10㎏も減量したりするわけです。

減量の目的は試合前の計量をパスすることなので、

ダイエットとは根本的に目的が違います。

 

なので減量が終わった選手は、

計量後のその日に大分体重が戻ってしまいます。

食事制限をするのはそれと近いことをするので、

食事制限を止めた瞬間に体重が元に戻ります。

 

それどころか逆に食べたい欲求が強くなり、

今以上に体重が増える原因ともなるんですね。

 

大抵の人は食事制限では目的達成できません。

なので中途半端なところで止めてしまうので、

太りやすい体質に陥ってしまうだけじゃなく、

自己評価が下がり自尊心も失ってしまいます。

 

段々と自分に自信を失ってしまうことで、

人生そのものをネガティブに感じるようになり、

人として生きる喜びを感じにくくなるんです。

 

だからこそ過度なダイエットはやるくらいなら、

無理のない長期戦で臨んだ方がよいわけです。

 

スポンサーリンク

太る原因は太る食事を選んでるだけ

 

それからもうひとつあります。

痩せたいのに食べてしまう人というのは、

自分が今食べているものに関して無関心なのです。

  • 「無添加」や「減塩」を謳い文句にしている食品
  • 健康のイメージが強い市販の野菜ジュース
  • 「ゼロカロリー」などと表示してある清涼飲料水

 

多くの健康的な食べ物が市販されてますが、

安ければ安いほど表示義務のない成分が使われおり、

それらを摂取することで必要な栄養素が摂りにくくなります。

 

僕達の食生活はただでさえ圧倒的な酵素不足と言われているのに、

それに拍車をかけるように悪質なものを身体に入れているのです。

それで痩せたいのに食べてしまうのは当然とも言えるのです。

 

しかし、それはあなたがただ知らなかっただけのことです。

 

僕もそれを知るまでは自分をコントロールできませんでした。

少しずつ食生活の内容を改善していくことで変えることができました。

100%できなくともそこに向けて改善する姿勢で充分なのです。

 

偏った食生活は潜在的なリスクが多い

また過度の食事制限などの無理なダイエットは、

偏った食生活になってしまうことが多いです。

 

何といっても偏食は太りやすくなります。

 

炭水化物ダイエットとか糖質制限ダイエットなど、

何かを制限するようなダイエット法がありますが、

本来は安易に行ってよいとは言い切れません。

それに伴い以下の内容をご覧ください。

無理なダイエットや偏った食生活は、鉄以外にも健康を維持する上で大切な栄養素の不足を招きます。また「食べない」といった無理なダイエットを繰り返すと、エネルギーを体脂肪として蓄えやすい体質になります。

引用:e-ヘルスネット(厚生労働省)

 

身体の内部は目には見えないのです。

潜在的にどのようなリスクを抱えてしまうのか、

それは症状が出てからやっと分かるわけです。

けど出てしまった後では遅いのです。

 

またWEBサイトやYouTube動画などで、

沢山のダイエット法が紹介されています。

体裁を整えて権威があるかのように説得力もあり、

安易に信じてしまいやすいですが注意が必要です。

 

身体が望むものを満たせば量は必要ない

 

僕は今まで好きなように食べてました。

あまり太る体質ではなかったので無関心だったのです。

だけど年齢を重ねると下っ腹辺りが気になるようになりました。

 

「このままだとまずいぞ!」

 

と危機感を覚えてからダイエットに関する情報を集めました。

誤解だったのはダイエットは運動でも食事制限でもなく、

 

食事の内容を改善することを中心に据えるべきということ。

 

そのことを知ってから意識するようになりました。

実際に冒頭でお伝えしたような食事の量になっても、

空腹がほとんどなくて、なったとしても耐えられるのです。

 

どころか整った食生活に心地良ささえ感じるのです。

 

そんな整った心地良い生活習慣を起こりつつ、

理想の体型へと無理なく自然と痩せられることを楽しむ。

あなたもこのような痩せ方が理想的だと思いませんか?

 

しかし、それにはある考え方の元に行動する必要があります。

その考え方を知らずに行動すると失敗を招く可能性があります。

それだけにシンプルだけど非常に重要な考え方です。

 

少しずつ身体に変化を与えていくこと

 

ダイエットをしようと決断しても、

  • 少ない時間を削って運動をしても続かない
  • 時間があっても今度は面倒臭さに負けて続かない
  • 食事を制限しても食べたいものを我慢できない
  • 食事の内容を改善してもつい食べたい衝動に負けてしまう

 

あなたもダイエットが続かないことに悩みませんか?

今はまだ継続できても不安に感じないでしょうか。

もし今頑張っている感じなら少し考え直す必要があります。

 

なぜなら非日常となってしまっているからです。

 

それはあなたの意識では何てことはないかもしれません。

しかし身体は本能的に抵抗しているかもしれないのです。

僕達の身体は生命を維持することが第一優先となっています。

それは潜在意識と呼ばれる無意識の領域で制御されています。

面倒臭いとか動きたくても動けないとか辛いと感じるなら、

 

それは身体が生命を維持するために必死に抵抗しているのです。

 

だからこそ潜在意識が認識できないレベルまで落とさなければいけません。

それがほんの少しずつ身体に変化を与えていくということなのです。

僕は毎日甘い物を食べてしまう依存的な状態になってました。

なのでまずその毎日の食べる量をちょっとずつ減らしました。

次に毎日から2日おきになるように少しずつ変化させていきました。

 

これはほんの少しずつ少しずつやっていかなければいけないのです。

 

だけどこのシンプルなたったこれだけの行動ですが、

依存していまった厄介な癖をも解消できるほどのパワーがあります。

これならあなたも簡単にできそうだと思いませんか?

ほんの少しのずつの変化で行っていくだけなんです。

 

ダイエットは美味しいものを楽しむこと

 

最後にこのことをお伝えします。

肥満になる人は食に対する価値観が低い人です。

なぜならどんなものもたくさん食べる傾向にあるからです。

その代表がスナック菓子やジャンクフードなどです。

 

とにかく胃袋をいっぱいにすることだけを目的としているのです。

 

本当に食べることが好きな人と言うのは、

 

量ではなく味覚が満足することに意識を向けています。

 

どんなに良い食材でも、

たくさん食べてしまうとお腹いっぱいになって、

もういらないって気持ちになってしまいますよね?

毎日たらふく食べていたら誰だって飽きてしまいますね?

なので味覚が満足できる限度を知ることが大切なのです。

 

それは同時にダイエット成功への道でもあります。

 

本当の意味で美味しいものを楽しめるようになると、

食べ物の質にこだわって味わおうとします。

質の良い食材であればあるほど添加物は少なくなります。

量産するために保存料などを工夫する必要がないからです。

 

痩せたいのに食べてしまうのは決して病気ではありません。

ただ知らないというだけのことなのです。

今回、お伝えした内容をぜひ意識してみて下さい。

あなたのダイエット成功を祈っています。

関連記事

スポンサーリンク