男子が嫌いな女子にとる7つの行動!中学生から高校生まで


 

クラスの男子や学年が上の先輩、

急に冷たくなったり態度がいきなり変わったり、

そんな男子の不可解な行動に悩んでませんか?

 

今回は中学生や高校生にありがちな、

男子が嫌いな女子にとる態度や行動について、

心理学の視点から7つの項目を紹介します。

 

スポンサーリンク

男子は嫌いな女子にどんな仕草や態度になる?

 

男性の心理は基本的にどの年齢も変わりません。

 

中学生や高校生に限らず男性の心理は同じ

 

小学生、中学生、高校生、そして大人、

身体はどんどん大きく成長していきますが、

心の奥の潜在的な部分は変わりません。

 

分かりやすく言うと感情のことです。

 

嬉しい、悲しい、楽しい、寂しいなど、

喜怒哀楽を感じる感情は変わることはなく、

ただ理性で感情を押さえてるだけなんです。

けど理性で感情は抑えきれないものです。

 

そこで今回は心理学的視点に基づいて、

男子が嫌いな女子にとる行動を見ていきます。

 

スポンサーリンク

男子が嫌いな女子にとる7つの行動!

 

それでは早速ご紹介します。

 

【1】目を合わせないどころか向きもしない

 

好きな女子はつい目で追いかけてしまう一方、

嫌いな女子には目を合わせようとしません。

これって好き避けのパターンもありますが、

 

その男子の雰囲気に明らかな違いがあります。

 

本当に嫌っている場合は目だけではなくて、

身体そのものも向けようとはしません。

ここも好き避けとは大きく違うところです。

これだけはっきりと意思表示する理由は、

  • 話し掛けないでほしい
  • 自分に関わらないでほしい

 

といった感じで非常に分かりやすいです。

何故なら何らかの理由で恐れているからです。

その男子にとってリスクを避けたいんですね。

 

怖れているものが解消されない限りは、

心を開かないので避けられてしまうでしょう。

 

【2】距離を取って近付けさせない

 

距離を取って避けようとする・・・

これも男子が嫌いな女子にとる態度です。

この距離にはいくつかの種類があって、

  • 物理的に距離を取る
  • 心理的に距離を取る

 

この2種類があります。

本当に嫌ってる場合は両方とも出ます。

関わらないように話さないように避けるし、

嫌いという気持ちはどんどん大きくなります。

 

そもそも人にはパーソナルスペースがあり、

近寄られると不快に感じる領域があります。

もしその男子が必要以上に距離を取るなら、

正真正銘嫌っていると判断出来るでしょう。

 

【3】会話をしても一言返しですぐ終わらせる

 

先程の項目【1】と【2】と比べると、

会話が出来る分だけいくらかマシな方です。

少なくとも会話が出来るレベルだからです。

 

会話で一言返ししかしてくれないにしても、

反応の仕方で嫌いの度合いが変わります。

  • 態度が明らかにウザそうにしている
  • つまらなさそうだけど話は聞く
  • どことなく申し訳なさそうな雰囲気

 

こんな感じでその男子の返事以外の部分で、

 

どのような態度や雰囲気なのか?

 

言葉以外の部分を観察していけば、

嫌っている度合いが何となく分かります。

 

一言返しをする心理って微妙なもので、

〇〇の部分が気になって嫌いになってる・・・

みたいな感じで全体ではなく部分が多いです。

 

なので自分の何が問題があるのか?

そこを改善すれば関係性の回復は見込めます。

だからと言って男子にしつこく聞いてしまうと、

余計に嫌われるので自分に気付くことです。

 

【4】常に存在しないかのような振る舞い

 

男子って面倒事を嫌う性格が多いので、

めちゃくちゃドライに接する場合があります。

分かりやすく言うと冷たい態度ってことです。

 

すれ違っても挨拶をしないどころか、

まるで存在しないかのような振る舞い・・・

そんな態度とられたらショックですよね。

 

あかの他人でも「え?」って思うのに、

もし好きな人にそんな態度を取られたら、

トラウマになって一生引きずりそうですね。

 

ただこのケースでは感情が爆発して、

その後に落ち着いて戻るケースもあります。

 

人の感情って一気に爆発した場合は、

あからさまに態度に出てしまうものですが、

その後に一気に冷めてしまうものなんです。

 

もし好きな人でショックだったとしても、

しばらくはそっと様子を見ていきましょう。

けど数週間、数ヵ月態度が変わらないなら、

潔く諦めて次の恋に行った方がいいです。

 

【5】グループの輪に入ってこない

 

クラスやクラブ活動など、

学校であればグループになって何かをしたり、

あるいは会話をすることってありますね。

 

ここでグループの輪に入ろうとしなかったり、

なるべくグループに関わるのを避けてる場合は、

その中に嫌いな女子がいるからだったりします。

これも男子が嫌いな女子にとる態度です。

 

グループの輪に入ってこないに関しては、

嫌っているかを見極める方法があって、

  • あなたが居る時のグループへの接し方
  • あなたが居ない時のグループの接し方

 

ここに明確な違いが出てくるはずです。

もしあなたが居る時に関わらないように避けて、

居ない時に普通にグループの輪に入ってるなら、

ほぼ間違いなく避けているからと言えます。

そもそも男子って心理とは基本的に、

  • 関わりたい相手とだけつるむ
  • 関わりたくない相手は避ける

 

という分かりやすい2パターンです。

そこはコミュニケーションが複雑な女子とは違って、

非常に分かりやすくさっぱりとしています。

 

こんな感じで嫌いに人にはハッキリしてるので、

グループでも協調性を大事にするのもありますが、

つい女子と違って態度に出てしまうものなのです。

 

【6】知らないところで陰口を言っている

 

男子が嫌いな女子にとる態度って、

その女子に対して明らかな態度を示す一方で、

陰で嫌いなところを言ってたりします。

つまり嫌いになった理由ですね。

 

いくらさっぱりした男同士の付き合いでも、

陰口を言ったらどうなるかくらい計算します。

そこは中学生、高校生関係なく共通です。

けど本当に嫌っている場合って、

 

別にどう思われようがどうでもいい・・・

 

という心理があるので、

後先関係なく他人に陰口が言えるんですね。

このケースでは可能性は限りなく低いです。

 

そもそも陰口を言うような相手って、

思い続けるほど魅力のある人なのでしょうか。

スパッと見切りを付けた方が良いでしょう。

 

陰口を言われる原因を作ったのは自分だと、

自分を責める気持ちもあるかとは思います。

 

けど世の中そんな男子ばかりではないので、

あなたと相性の悪い相手だという経験にして、

次に活かすという風に切り替えましょう。

 

【7】近づくなオーラを思いっきり出す

 

男子が嫌いな女子にとる態度の中で、

これが最も重症と言えるのがこれです。

近付くなオーラと聞いて何があるかと言うと、

  • 無表情で愛想が無い
  • リアクションが全く無い
  • 意図的に避けるような態度
  • 会話をする隙が全く無い
  • 挨拶をしても反応が無い

 

パッと思いつく例を挙げてみましたが、

これだけ見ても結構思い内容だと思います。

今まで挙げてきた項目も全て当てはまります。

 

この近付くなオーラを出す人の特徴って、

項目【1】と同じで怖れから来ていたりします。

つまり自分を守りたいという思いがあるんです。

 

中には恐れる必要はないと分かってるんだけど、

身体が反応して悩んでるケースもあるんですね。

これは「対人恐怖症」という神経症の一種です。

 

対人恐怖症とは必要以上に不安や緊張を感じて、

日常生活に支障が出てしまう状態のことです。

言い換えると極度の上がり症とも言えます。

対人恐怖症(たいじんきょうふしょう、英語: Taijin kyofusho, taijin kyofusho symptoms ; TKS)は、対人場面で不当な不安や緊張が生じて、嫌がられるのでは、不快感を与えるのではと考え、対人関係から身を引こうとする神経症の一種であるとされる

引用元:Wikipedia

 

ではそうした症状に悩んでいる男子と、

そうでない男子とを見極める方法はと言うと、

 

相手が受け入れようとしてくれてるかどうか

 

ここに明確な違いがあります。

対人恐怖症の場合はあなたに問題はないので、

頑張って接してようと何らかの雰囲気はあります。

 

けど本当に近づくなって思われてる場合は、

怒ってるとかもっと言えば殴り掛かられるとか、

何らかの攻撃的な雰囲気が伝わってくるんですね。

そこから簡単に見極めることが出来ます。

 

男子が嫌いな女子にとる行動まとめ

 

最初でもお伝えしましたが、

小学生、中学生、高校生、大人であろうと、

基本的に男性の心理は変わることはありません。

 

何故なら恋愛とは感情でするものだからです。

 

決して理性で考えてするはずがないですよね?

好きっていう気持ちだっていつの間にかですし、

どこからやってきたのかも分からないものです。

 

また感情って目には見えないものだけに、

相手が何を考えてるか分からないものです。

だって自分のことだって分からないんですから。

なのでここで最後に一つだけお伝えするなら、

 

他人ってそもそも思い通りにならないもの

 

こういう前提で人と接するようにしてほしいのです。

というのもこのように考えて人と接することで、

思い込みで関係性を悪くすることが防げるからです。

 

これって実っていたはずの恋すら失います。

意外と損してる人って多かったりするんですね。

なので頭の片隅にでも置いて頂ければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

関連記事

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ