なぜ片思いはこんなに不安になるの?辛いときの心の処方箋


なぜ片思いはこんなに不安になるの?辛いときの心の処方箋

 

好きな人に思いを寄せているときは辛いときもありますね。

なぜ片思いはこんなにも不安になることがあるのでしょう。

この不安なときの気持ちが楽になる方法はあるのでしょうか。

 

前回は、片思いしている彼に彼女がいるときの恋の判断の仕方にて、

実は片思いしている彼には彼女ができたとなれば絶望的に感じますが、

辛い今の現状と向き合うための考え方をお伝えしました。

今回は、片思いのときの不安になる気持ちについてです。

 

片思いとはどちらか一方が好きになった状態です。

そして気持ちを相手に伝えることで両想いになります。

なので全ての恋は片思いからはじまると言えます。

 

出会った瞬間、運命の人かのごとくにお互い惹かれ合うことよりは、

どちらか一方の片思いからはじまることの方が多いのではないでしょうか。

 

まだ実らぬ恋の状態では何かをしていかなくては進展しません。

彼に振り向いてもらうためには恋の駆け引きも重要です。

片思いとはとても楽しい恋の瞬間でもありますが、

 

同時に辛かったり不安だったりすることも多いです。

 

不安な気持ちとの付き合い方には、

まず不安とは何かを知っておくことが大切です。

もし不安を通して前向きになれるとしたらいかがでしょうか。

不安とは決して悪しき者ではなく良き状態へ導くこともできます。

スポンサーリンク

 

片思いで不安になる理由

 

そもそも不安って何なのでしょう。

なぜ急に不安な気持ちになってしまうのでしょうか。

考えてみれば不安になる理由が分からないことありませんか?

 

不安とは未来に起こる出来事を予測しているからです。

 

つまり起こりもしない未来の想像して不安に思っているだけなのです。

なぜなら先のことなど、どうなるかは分からないからです。

もし未来のことが分かれば不安も少なくなると思いませんか?

不安とは未来のことを勝手に予測しただけの「思い込み」なのです。

 

だとすると、この思い込みはどこからきているのかと言うと、

僕たちがこれまでの人生で経験したことを元にしているのです。

過去に辛い経験をしたら似た出来事が起こると不安に感じるのです。

また同じ辛い思いをするかもしれないと感じて不安が出てきます。

 

 

どのような行動が失敗に繋がるのか

 

不安に感じるからと誰もが失敗する訳ではありません。

片思いで不安に感じない人はまずいないと思います。

では不安に感じても恋が実る人とそうでない人の違いとは、

一体どこにあるのかと言うと、

 

  1. 感情に流されて行動をしてしまう
  2. 感情と向き合って頭で考えて行動する

 

この2つに違いがあります。

不安に感じてその感情のまま行動すれば不安を引き寄せてしまいます。

なぜなら無意識に相手に不安であることが伝わってしまうからです。

あなたも友達を接しているときなど、何となく雰囲気を感じないでしょうか?

特に会話をしているときは楽しいとか怒っているとか雰囲気が伝わりますよね?

 

人の感情とは言葉のやりとりだけでなく、

この「何となく」で本音が伝わってしまうものなのです。

 

なので不安に感じてしまっているときは、

まず不安の感情と向き合うことが恋が実るカギとなります。

 

 

不安に感じるときは逃げずに向かうこと

 

片思いのときに生じる不安な気持ちに限らず、

ネガティブな感情全てに言えることは、

 

自分の感情に蓋をして見ないようせず、

あえて感じる方向へと向かっていくことです。

 

これは辛いと感じることを意識的に感じようとすることなので、

最初の慣れないうちは少し辛いと感じるかもしれません。

ですが人間は慣れやすい生き物なので大丈夫です。

 

その方法もシンプルで、ただ感じる感覚を何も考えずに感じるだけです。

 

そうすることで、まず感じ方が変化していることに気付きます。

つまり感情とは一定ではなく常に動き続けているのです。

僕たちは嫌いと思えば常に一定のレベルで嫌いと思いがちですが、

その嫌いの度合いも常に変化していて強弱があるものなのです。

 

ここから何が言えるのかというと、

人の感情とは意識的に自由に変化させることも可能だということです。

 

またもうひとつ感情と向き合う理由としては、

ネガティブな感情は逃げれば逃げるほど追いかける習性があるからです。

たとえば犬嫌いだからと言って逃げると犬は余計に追いかけてこようとしますが、

少し我慢して自分から犬に近づいていけば意外と可愛いく感じられたりします。

それは過去の経験から勝手に想像してしまっているだけだったりします。

素直に向き合ってみれば現実は想像とは違うことに気づくことができるのです。

 

 

彼の求めているものを考える

 

上記でお伝えしたように、

不安な感情とはまず向き合うことが大切です。

そして次にどうすればいいかを頭で考えるようにします。

 

そのときに大切となる考え方が、彼の求めているものは何かです。

 

彼はどんな接し方をすると楽しいと感じるのでしょうか?

彼が最も嬉しいと感じることはどんなことでしょうか?

あなたがどんな風に変われば彼は喜んでくれるでしょうか?

 

意外とここが抜けて自分の思い込みで考えてしまうことが多いのです。

なぜなら片思いとは彼の気持ちがまだはっきりと分からない状態だからです。

彼の気持ちが分かれば片思いで不安に感じることなんてありませんよね?

だからこそ思い込みにならないよう彼の求めているものは何か?

ここを意識的に頭で考えることは大切なのではないでしょうか。

このようにして、

 

  • 自分の感情と感じることで向き合うこと
  • 彼の求めていることを考えること

 

この意識と無意識の両方のバランスが大切なのです。

ここのバランスが崩れていると恋が上手くいかないのも当然なのです。

決して不安に感じることは悪いことではありません。

自分の本音と向き合う良い機会でもあるのです。

 

片思いを通して自立した素敵な女性になれることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ