男性が嫌いな女性にとりがちな7つの態度と心理


男性が嫌いな女性にとりがちな7つの態度と心理

 

あなたは今、片思いしている男性がいますか?

その気になる男性が嫌いに人にどんな態度とるか気になりませんか?

自分のことをどう思われているか、怖いけど気になりますね。

 

前回は、男性からボディタッチするのは脈あり?部位ごとの心理を解説にて、

男性からボディタッチしてくるのはどんな心理が隠れているのか、

各部位ごとにその新密度や興味の度合いについてお伝えしました。

今回は、男性が嫌いな女性にとる態度についてです。

 

好きな男性には嫌われたくはないですよね。

だけど素っ気ない態度をとられたらショックですね。

 

「もしかして私って嫌われてる!?」

 

嫌われてるような態度をとられて表面上は明るく振る舞えたとしても、

心の中では傷付いた気持ちから辛くてたまらないかもしれません。

そんなとき、本当に嫌っていて素っ気ない態度をとっているのか、

それとも好きだからこその「好き避け」という照れ隠しなのか。

 

もし好き避けの態度なら分かり辛いけど嬉しいですよね。

ではそれはどうやって見極めたら良いのでしょうか。

そのための基準をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

【1】表情が冷たく、目を見て話さない

 

片思いなら男性の顔を見ることは多いかと思います。

好きな人だからこそよく観察してしまうものですが、

 

本当に嫌いなら暗く冷たい感じが伝わってくるはずです。

 

しかし、そんな目を見て話さない風にしていても、

表情が少し柔らかかったり、焦ったり、頬が少し赤くなっていたりすると、

それは好きだからこそそんな気持ちを隠そうとしている証拠です。

目を見て話さないのではなく目を見て話せないのです。

ポイントは表情から伝わる雰囲気で何を”感じる”かです。

 

 

【2】距離を置こうとする

 

嫌いな人とは無意識に建前で接するようになります。

それを続けることは耐えがたい苦痛に感じるからです。

 

嫌いな人と距離を置きたがるのは精神的に楽になりたいからです。

 

だけど好きなら距離を置くより近くに居ようとするものです。

なぜなら物理的距離が近いだけならプレッシャーは感じ難いからです。

人は相手に向かって何か話すときに一番にプレッシャーに感じます。

嫌いな人とは合わないので自然と距離をとりたくなるものなのです。

 

たとえば自由に座れるようなシーンを想像してみて下さい。

嫌いな人とは隣同士にならないように意識しているものです。

逆に好きなら隣同士になるように意識しているものなのです。

 

 

【3】笑顔は出さないか愛想笑い

 

これは嫌いなんだけど気を使っているパターンです。

なるべく相手を傷つけないように距離をおきたいから、

 

話は合わせるけど表情は出さないか、あるいは愛想笑いをします。

 

人は非言語と呼ばれる言葉以外の態度に本音が出るものです。

建前で接しても気持ちは正反対なので態度につい現れたりするものなのです。

だけど好きならば上手く喋れなくても一生懸命に話してくれたり、

何とか場を盛り上げようとそんな姿から必死さが伝わってきます。

 

 

【4】忙しいそうなフリをする

 

取りあえず忙しそうにしていればその場をしのげる。

嫌いな女性には距離を置きたいからこそ忙しいフリをします。

また何か理由を見つけては離れようとすることもあります。

そんなときはその前の行動に見極めるポイントがあります。

 

それは今までゆったりをした時間を過ごしていたかどうかです。

 

まるで急に時間の流れが変わったかの如く不自然に感じれば、

それは嫌いな女性にとる態度と考えられます。

もし好きならば「また後で話しよう!」などの言葉を掛けて、

何かしらのフォローを彼はしてくれるものです。

 

 

【5】自分の本音を話さない

 

これは個人的な話をしてくれないとも考えても良いでしょう。

たとえば遊び目的の女性には自分の自宅を教えたがりません。

ではなぜ自分の本音を話してくれないのでしょうか。

 

そうすることで面倒になることを避けたいからです。

 

遊び目的の女性に自宅を知られて来られてもらっては困るし、

本音を話してくれないのは心理的距離が縮まるのを避けたいからです。

嫌いなのにわざわざ距離を縮めようするはずがないのです。

 

 

【6】嫌われていると思い込んでいる

 

前の項目では本音を話さないのは嫌われていると言いましたが、

男性の方が自分が嫌われているから本音を”話せない”場合もあります。

 

本音を話せないのは傷付くことが怖いからです。

 

男性は傷付きやすいので自分をさらけ出して嫌われたら、

それこそトラウマにもなり兼ねないほどショックを受けます。

心に傷を負えば、男性は女性ほど自分の感情を柔軟に対処できません。

泣いてすっきりとか友達に打ち明けるとかより閉じこもってしまいます。

なので嫌われていると思い込んでいると嫌いな態度をとりがちなのです。

 

 

【7】どうせ無理だと諦めている

 

あまりにも外見が整い過ぎていたり、

あまりにも理想が高過ぎる女性は近寄れないものです。

 

そうなると、どうせ無理だと最初から諦めてしまうものなのです。

 

自分にはどうせ無理だから優しくしても意味がないし、

無駄な努力をするだけなので嫌いな人との接し方をすることで、

何とか自分を保とうとしているのです。

 

男性は自分のことを好きに思ってくれる女性を近くに置きたがります。

それはそうすることで自分のプライドを保つことができるからです。

動物の世界に「ボス」というものが存在することが良い例です。

強さを示すことやメスの存在で自分を保ちたい本能があるからです。

 

 

嫌いな態度をとっているかはよく観察すること

 

いかがでしょうか、

恋は盲目と言いますが嫌いな態度をとられたからと、

一概に嫌っている訳でもなかったりしますので、

 

特に彼の表情や身体の動きなどの言葉以外で観察することが大切です。

 

先程にもお伝えしたように、

本音の部分は言葉以外の態度に現れるものだからです。

「目は口ほどにものを言う」ということわざがありますが、

よ~く観察することで彼から伝わる雰囲気が気付けるはずです。

 

両想いになれる男性と素敵な恋ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 

関連するお勧めの記事です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ