LINEの返信が遅い男性の脈ナシを判断する7つの基準


LINEの返信が遅い男性の脈ナシを判断する7つの基準

 

LINEでの返信が遅いときって脈ナシと感じてしまいますね。

それでも気になる男性とせっかく繋がっているからこそ、

僅かな希望でも望みがあるなら信じたいですよね。

 

前回は、男心をガッチリと掴むための虜にさせる7つの簡単メール術にて、

LINEやメールでは自分の思っていることが誤解されやすかったりすますが、

男心を掴むための7つのポイントを押さえたメール術をお伝えしました。

今回は、気になる男性のLINEの返信が遅いときの脈ナシについてです。

 

急に返信が遅くなってきたり、

時々、返信がかえってこなくなってしまったり、

LINEでのやりとりは落ち着かなくなるときがありませんか?

相手の男性が何を考えているのかさっぱり分からないですね。

それが片思いの相手となると余計に分からないと思います。

 

片思いでお互いの気持ちにまだ距離があるからこそ、

返信が遅いとつい悪い方へと考えてしまいがちです。

基本的に返信が遅いと脈ナシだと言われていますが、

どのような基準で判断すれが良いかを紹介します。

スポンサーリンク

 

【1】絵文字や文章の長さは関係ない

 

男性はメールを打つことを面倒に感じてしまいます。

なので普段の友達同士の感覚と同じように思っていると、

何だかそっけなく感じてしまうこともあります。

また絵文字など飾りを付けることも同様に面倒なのです。

 

たとえ気になる男性から遅い返信であったとしても、

文章の長さや絵文字の装飾は、必ずしもイコールではありません。

男同士のやりとりでは短文や返信しないことは当たり前なので、

返信があるということは、それだけ気にしていたということでもあります。

なので返信が遅いときの文章の長さや絵文字は脈ナシとは関係ありません。

 

 

【2】返信が遅くなるのは男性特有の性質が関係している

 

仕事でどうしても返信することができないとか、

友達同士の付き合いで返信することが遅いこともあります。

そんなとき、女性の立場としては、

 

「返信するだけの時間ぐらいあるんじゃないの?」

 

って、つい思ってしまうかもしれませんね。

確かに女性の感覚ではそれが当たり前のところがあるかもしれません。

しかし、男性はひとつのことしか集中できないことを忘れてませんか?

女性なら同時に複数のことをこなすことができる能力があります。

風呂を入りながら本を読んだり、洗濯しながら友達とお喋りなどです。

 

だけど男性はそれができないのです。

僕も男ですが話を聞きながら食事をするのが苦手です。

LINEの返信が遅いのは他に集中していて後回しにするからです。

それは決して脈ナシとは言い切れないのです。

 

 

【3】安心感を保っていたい

 

男性は自分のことを好きでいてくれる女性がいると、

自分の男としてのプライドを保つことができます。

男性は常に女性に認められたいと願うものだからです。

プライドが保てる状態だと心が安心していられるのです。

 

だけどプライドが保てないと男としての自信を失います。

それは他の男と比べて自分は劣ることを意味するので、

女性から送られてきたLINEやメールをしばらくかえさないことで、

その安心感の余韻にしばらく浸っていたいのです。

この場合はその日のうちに帰ってくることがほとんどなので、

脈ナシと判断しなくても良いでしょう。

 

 

【4】自分のことを打ち明けてくれているか

 

好きな女性には自分のことを打ち明けて、

その女性からの信頼を得たいと思うものです。

それは直接であってもLINEやメールであっても変わりません。

自分のことを打ち明ける男性は本気で接してくれてる証拠です。

 

なのでたとえ普段の返信が遅かろうが何だろうが、

そんなことは関係無しに自分のことを打ち明けてくれているなら、

脈がないどころか信用を築こうとしてくれています。

返信が遅いのは単なるそういう性格なだけと言えます。

 

 

【5】予定を組むと合わせようとしてくれるか

 

やはり好意を抱いている相手だからこそ、

予定を詰めるときは相手のことを考えるものです。

それは友達同士で遊びに行くときのことを思い出せば、

簡単に想像が付くことではないでしょうか。

 

遊びの約束をして彼があなたのことを考えて、

あなたの予定に合わせようとしてくれる姿勢があるなら、

返信が遅くても全く脈がないとは考えなくて良いでしょう。

 

 

【6】会話を繋げたり盛り上げようとしているか

 

やっとかえってきたLINEの文章が短くて、

さらに内容が完結してしまっているなら脈ナシと言えます。

ですが返信が遅くとも会話を繋げようと疑問形でかえってきたり、

あなたの興味のそそる内容を返信してくれるなら脈アリです。

 

男性がLINEを打つときはプライベートな時間が多いです。

自分の部屋や車の中だったりと、落ち着いた空間で送ります。

ということはそれだけ自分の性格がLINEにも現れやすいのです。

なので興味がない女性なら会話を淡泊に終わらせようとするのです。

 

 

【7】メールの終わりに入ってくる言葉は?

 

デートでは終わり方が肝心とも言います。

どんなに合わない内容でも最後の終わり方次第で、

今までの全てを帳消しにしてしまうくらいのパワーがあるからです。

 

たとえば、お店に買い物をして見送りをしてくれる店員がいますね。

店によっては買った商品を店の出口まで持ってくれる場合もありますし、

凄いのは店を出て姿が見えなくなるまでずっと見守ることもあります。

さらには見えなくなってから一礼をする場合だってあるのです。

 

これはデートの終わりの別れ際のときに彼とお別れをして、

最後の見えなくなるまで女性がずっと見守ってくれていると、

彼が車のルームミラーで確認したときにその姿が映っているのを見て、

その男性は感動してしまうというパターンと同じことなのです。

 

「また会いたい!」

 

と思わせるパワーがそこにはあります。

この終わり際のLINEのメッセージで「また明日も~」など、

彼から「またやりとりしたい」と思わせてくれるような言葉があれば、

返信が遅いとしても脈がないなんて言えないのではないでしょうか。

 

 

返信の早い遅いより大切なことは?

 

いかがでしょうか。

LINEやメールでは返信が遅いということだけで、

つい脈ナシなんだと思ってしまうかもしれません。

 

だけどそれ以外の周辺の行動で、

彼の思いを感じることができて判断基準とすることができます。

 

大切なのはそんな相手の思いを感じることです。

 

表面的な動きを見てつい思い込んで判断してしまうと、

せっかくのチャンスを失うことにもなってしまいますので、

冷静に周辺の動きを観察する意識を持つようにしましょう。

 

素敵な恋愛ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 

関連するお勧めの記事です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ