片思いをしている男性にLINEで迷惑に思われない5つの心構え


片思いをしている男性にLINEで迷惑に思われない5つの心構え

 

片思いをしている男性とLINEをしていると夢中になってしまいませんか?

実は気が付かぬうちに、男性に迷惑と感じさせてしまうこともあります。

それは、彼の方が親切に伝えてくれる訳ではないので自然消滅の原因にもなるのです。

 

前回は、片思いしている男性とLINEを毎日楽しく続ける7つのコツにて、

片思いしている男性とより仲良くなって毎日のようにLINEを楽しめるコツについて、

基本となる考え方を軸につい忘れてしまいがちな大切なことをお伝えしました。

今回は、逆に仲良くなれないパターンを知ることで危険回避を紹介します。

 

LINEは手軽にできるため、つい大切なことを忘れがちになってしまいます。

 

それは、

 

スマホの画面の向こう側には、相手が存在するということ。

 

そんなことは、あなたも十分にご承知のことだと思います。

ですが、彼からLINEが未読無視の状態が続いてしまったら?

そんなとき、焦りや不安で自分の気持ちが抑えられなくなりませんか?

 

そこには、

 

画面の向こう側には、相手が存在するということを考える余裕はありませんね。

 

もっと冷静に考えることができれば、

もしかすると、それは単に忙しかっただけだったり、

彼の急な用事ができてしばらく連絡がとれなかっただけということもあります。

 

そんなときに、焦って彼が引いてしまうメッセージを送ってしまったら?

 

その片思いは永遠に片思いのままに終わってしまうかもしれません。

そうならないためにも、迷惑になるLINEのパターンを把握しておきましょう。

[ad#co-1]

 

スポンサーリンク

【1】特に用もないのに毎日送る

 

片思いしているだけのまだ関係の薄い状態なら、

毎日頑張ってLINEをすることや、毎日しようと意識する必要はありません。

 

この毎日LINEをしようと意識してしまうことは、

無意識に焦りや不安の気持ちも乗せてしまっている可能性もあります。

これは、実際に受け取る立場になってみないと分からないものなのです。

彼にどんなメッセージを送るとプラスの影響を与えられるかを考えましょう。

 

 

【2】意味の通らないスタンプ

 

スタンプだけ送るということはあまりないと思いますが、

たとえば、真面目な会話をしている中で、あなたが励まして送ったつもりのスタンプが、

逆に彼の気持ちを逆なでしてしまうことだってあります。

 

LINEはあくまで文章でのやりとりが中心のコミュニケーションツールです。

文章に散りばめられた言葉は、相手がどのように認識するかはその人次第です。

スタンプや絵文字など文章以外の表現方法が充実してはいますが、

人と人とのコミュニケーションの基本は言葉であることに注意しましょう。

 

 

スポンサーリンク

【3】今日の出来事、日記を送る

 

「今日は、○○に行ってきて楽しかったよ!」

「○○というお店の○○を食べたらおいしかったよ!」

 

日記のように何のとりとめのないどうでも良い内容を送られては迷惑になりやすいです。

片思いしている段階では、彼はあなたのことをそこまで興味を持っていないでしょう。

日常会話のようにLINEでメッセージのやりとりをするのは、この段階ではありません。

片思いしている段階で大切なことは、僅かでも距離を縮めることと再認識しましょう。

 

 

【4】返事の催促をするのは最もタブー

 

これは、もっとも迷惑な行為で彼はフェードアウトしていくでしょう。

返事の催促をしてしまうのは、自分のことしか考えれない状況になっていると言えます。

確かにときには返事の催促をしたくなることもあるかもしれませんね。

今の片思いしている恋を実らせたいのかどうかをもう一度よく考えてみることが大切かもしれません。

 

 

【5】引き際を見極められない

 

LINEのメッセージをラリーの応酬のように続けてしまうパターンです

その中でテンションが高まる瞬間は一時のことだけのことで、

ずっとテンションが高まり続けることはますあり得ませんね。

テンションが緩やかに下降していくにつれて、

 

「今日は楽しかったね!もうこんな時間だけど大丈夫?」

 

などのように相手を気遣いながら、自然のかたちで終えられるように、

彼に選択肢を与えてあげることが大切です。

 

 

LINEは恋には欠かせないツール

 

今やLINEは恋の発展には欠かせないツールになっています。

LINEで繋がったお陰で、昔なら繋がることのなかった恋が実ることも多いです。

せっかくの恋のチャンスを自分の感情に振り回されて台無しにしないよう、

LINEで注意すべきところをしっかりと押さえて片思いを成就しましょう。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ