叶わない恋なら忘れたい…その恋、本当にあきらめる?


叶わない恋なら忘れたい…その恋、あきらめる?

 

もうダメかもしれない・・・

この恋が叶わない恋なら、いっそのこと忘れたい・・・

ツラい片思い、いつまでも恋が成就しないこともあります。

 

前回は、片思いがつらいと感じる既婚者へのリスクにて、

既婚者との恋愛においてリスクと重要なことをお伝えしました。

今回は、叶わない恋とあきらめそうになったときについてです。

 

恋愛は、女性から押してはいけません

女性から押すのではなく、男性に押させるのです

ですが自分に興味を持ってくれないと押してくれないですね。

 

これまでの記事でも何度かその方法はお伝えしていますが、

今回もまた違った切り口で狙った男性を夢中にさせるポイントをご紹介します。

 

叶わない恋を忘れたい・・・

 

そんなツラい片思いを忘れようとあきらめる前に、

もう少しだけ、今のあなたの気持ちと付き合ってみませんか?

もしかしたら念願の片思いが成就するかもしれません。

スポンサーリンク

 

叶わない恋を分けるアピールの違い

 

あなたは好きな人にどのようにアピールしますか?

もしかするとアピールの仕方次第では、男性が引いてしまうこともあるのです。

 

それは、

 

「あなたのことが好き ”です!”」

 

と言いきってしまうか、

 

「あなたのことが好き ”かも…”」

 

と少し濁して答えるかの、”です!”と、”かも…”の違いにあります。

あなたは前者と後者のそれぞれの言葉にどのように感じましたか?

恋愛では、曖昧にして見えない状態をつくることで興味を誘うのです。

これは好きな男性にアピールするときにも同じことが言えます。

 

たとえば、

 

「あなたのことが好き ”です!”」

 

と露骨にアピールされれば引いてしまいます。

時折、好きな男性を目で殺すかの勢いでガッと見つめる女性もいます。

まるで肉食動物が草食動物を襲うかのような姿勢では恋は実りにくいのです。

 

「あなたのことが好き ”かも…”」

 

これだと男性は「えっ!?」となってドキッとして興味を持ちそうになりませんか?

それは一体どういうことなのかハッキリしない曖昧さが誘いの極意です。

 

人はドラマのような物語が好きです。

 

なぜなら、

 

「早く続きが観たい」と関心を抱いてしまうからです。

 

ドラマは1話で完結することははありませんね?

その後に2話、3話、4話と続いて物語が展開されていきます。

 

この心理を応用して、好意を匂わせつつもハッキリとさせない状態をつくることで、

狙った男性を意図的に追わせることができるようになるのです。

 

いつも追いかけていた片思いから、追われる小悪魔のような女性に。

それはどうすれば男性を追いかけさせることができるのかを知ることです。

 

 

叶わない恋から追いかけられる恋にするには?

 

効果的なアピールの仕方は「ヒット&アウェイ」です。

 

つまり、サッと押してサッと引く

引くときは未練を残さず、潔くサラリとかわすかのように引きます。

 

たとえば、

 

  • 目が合えば少し微笑んで目を逸らす。
  • 断られたら残念そうに見せた後に「またね!」とサラリとかわす。
  • 普段は褒めておいてたまにスルーしてみたり。

 

このように適度に押しては引いての繰り返しで気になる男性を誘っていきます。

それでも男性が誘いに乗ってこないようであれば、

それは誘い方のポイントがズレてしまっている証拠。

 

それは失敗ではなく、ひとつの結果なので少しずつポイントを変えて、

好きな男性の心をくすぐるポイントを見つけることがコツです。

 

女は追いかけてはダメ、男は惚れてはダメ。

女は誘ってキッカケを与える、男は押して惚れさせる。

 

あなたの片思いが成就できることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ