寂しい気持ちを伝えるときでも彼が喜ぶLINEの送り方


寂しい気持ちを伝えるときでも彼が喜ぶLINEの送り方

 

彼となかなか会えないときに会いたいとどう伝えればいいのか、

寂しい気持ちをストレートに伝えては彼は面倒に感じてしまうかもしれません。

どうすれば彼が喜ぶLINEやメールを送ることができるのでしょうか。

 

前回は、片思いの男性がLINEを読みたくなるたった1つのテクニックにて、

片思いしている男性にLINEを読みたくなるようにするために、

LINE独特のある機能を活用した方法を紹介しました。

今回は、彼が喜ぶLINEの送り方についてです。

 

寂しい気持ちをそのまま伝えてしまうと、

彼から重たい女だと思われてしまう可能性が非常に高いです。

 

「可愛い子だな」

 

なんて思ってくれれば嬉しいものですが、

男性は基本的に面倒を嫌うものなので望みは薄いと考える方が良いです。

なぜなら下手に期待をしても自分が傷付くだけだからです。

それではお互いにとってよくありませんよね。

 

ではどうすれば自分の気持ちを伝えながら、

それでいて彼に喜んでもらえるようなLINEやメールが送れるのでしょうか。

寂しい気持ちを上手く伝える方法はないものでしょうか。

スポンサーリンク

 

素直に伝えるべきなのはどんなとき?

 

恋愛では素直に気持ちを伝えることは難しいものかもしれません。

プライド、嫉妬、弱さ、恥ずかしさ、元々の性格など、

素直になろうとすることを邪魔するからです。

 

寂しい気持ちを彼にそのまま伝えると、

なぜ重たいと感じさせてしまうのかと言うと、

 

自分を守るためという視点が自分中心になってしまっているからです。

 

  • 自分のことをもっと受け入れて欲しい。
  • 自分のことをもっと愛して欲しい。
  • 自分のことだけをずっと見ていて欲しい。

 

このように自分が自分が自分がと自分中心の考えにいつの間になっているので、

自分自身でも何が何だか分からず、彼に重たい女と思われてしまうのです。

これは恋愛に限らず自分中心の考えは他人に良く思われません。

 

恋愛で上手くいっていないとき、

ちょっとだけこのことを考えてみてください。

もしかしたら自分中心の考えになっているのが伝わってしまっているのかもしれません。

 

 

友達のときのような伝え方がベスト

 

寂しいときの最も効果的な方法は、

 

間接的に伝えることが最も効果があります。

 

間接的にと言うのは伝え方を間接的に伝えるということではなく、

気持ちを別に置き換えて伝えるという意味です。

これでは分かりづらいと思うので簡単に言うと、

 

友達のときに接するように伝えることです。

 

友達と接するときって重たさなんて普段から出ることは滅多にありません。

しばらく会わない時期があったとしても、

 

「久しぶり、しばらく会わなかったけどどうしてたー?」

 

みたいな感じで軽く接することができますよね?

少なくとも好きな人と接するよりは軽いノリでいけると思います。

それってよく考えてみると相手のことも考える余裕もないでしょうか。

友達とはある程度、距離があるので相手のことを考える余裕があるのです。

 

LINEやメール、あるいは直接会っているときでも、

気持ちを伝えるときは自分がどんな状態で伝えようとしているのか。

友達と接するときのように伝えるにはどうすればいいのか。

そんな意識を持ってみると違う結果を得られると思います。

 

 

ダメ押しは気遣いの心で

 

デートでは終わり際が一番重要でもあるように、

LINEやメールを送っているときでも、

つい終わりになるにつれて気が抜けてしまいがちですが、

最も重要な要素を秘めているところでもあるのです。

 

ポイントは一番盛り上がったところで、熱が冷める前のタイミングで終わること。

 

ついダラダラとやりとりを続けてしまいがちで、

更にやりとりを彼に任せてしまうこともあるかもしれません。

 

そこで、

彼のことを気遣いながらこちらから終わることで、

彼に好印象を与えて、更にプラスの余韻を残すことができるのです。

 

「楽しかったけど明日の仕事大丈夫?また話しようね」

「まだ眠りたくないけど、また明日○○しようね」

「本当はいっぱい話したいけど、しっかり休んでね」

 

いかがでしょうか、

このようなニュアンスで送ると彼に好印象かつ余韻を残すことができます。

やりとりの最中に熱が少しずつ冷め始めてきたタイミングで、

 

  1. 彼のこと気遣う
  2. 次への希望を感じられる

 

以上の2つのことをポイントとして押さえながら、

LINEやメールでのやりとりの最後を終えると次に繋がりやすいです。

どうしても寂しいときは自分中心の考えになってしまうところではありますが、

ここはグッと堪えてどうすれば彼に喜んでもらえるかを考えることが大切です。

 

 

彼が何を求めているのかの視点で考えること

 

今回のことで一番何が伝えたいのかと言うと、

 

自分中心になっている視点から、彼の求めるものを考える相手の視点へ。

 

彼は心の底では本当は何を求めているのだろうか。

常にそこにアンテナを貼って考えることを習慣にすることです。

恋愛で上手くいかないときほどここを改めるチャンスでもあります。

だけど感情のコントロールは簡単にできるものではないかもしれません。

 

大切なことは、

相手を自分の都合に合わせたいと思う気持ちを一旦抑えて、

まずは相手のペースに合わせてみることです。

 

寂しい気持ちのときも一旦抑えて、

まずは彼のペースで付き合ってみることで良い関係にすることができます。

 

素敵な恋愛ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ