片思いの男性がLINEを読みたくなるたった1つのテクニック


片思いの男性がLINEを読みたくなるたった1つのテクニック

 

今やスマホの時代となり「LINE」というアプリは欠かせません。

好きな人と繋がる手段でもありますが既読されない・・・

片思いの男性にLINEに読みたくなるようにさせるには、

どんなテクニックあるのか、知りたくありませんか?

 

前回は、LINEで好きな男性にアピールしてさり気なく思いを伝える5つの方法にて、

好きな人に思いを伝えることは、割と心のハードルが高いものです。

そこで、LINEを使って少しずつ意識させる効果的な方法を紹介しました。

今回は、片思いの男性が思わずLINEを読みたくなるテクニックについてです。

 

先ほども申し上げたように、

LINEはもはやコミュニケーションにおいて欠かせないツールです。

友達同士、家族関係、恋人関係など様々な人間関係で利用されています。

 

メール交換やSNSと比べて、

気軽にお互いを登録しやすいのもメリットです。

 

ただ、

 

ここに1つ問題があります。

 

それは、

 

既読が付かないという問題です。

 

恋愛において、特に片思いしている男性から、

既読されない現状は、とても気持ちが乱れてしまうもの。

何とか好きな男性に読んでもらえるようにしたいものですね。

スポンサーリンク

 

何故、既読が付かないのか?

 

まずは何故、既読が付かないのかについて考える必要があります。

あなたはその答えが何かご存知ですか?

 

その答えとは、

 

スマホのメッセージ通知機能で意図が理解できるからです。

 

LINEのメッセージが相手に送られた時に相手のスマホには、

メッセージ通知機能によって約20文字ほど画面に表示されます。

 

つまり、

 

約20文字程度の中で意図が理解できてしまえば、

既読される確率が低くなり、読まれなくなるということなのです。

 

いえ、

 

読まれなくなるというよりは内容が分かったので、

既読を付けたら即スレしないといけないプレッシャーを避けるため、

既読スルーになってしまう・・・ということです。

 

 

男性が読みたくなるLINEのメッセージの送り方

 

以上のことから、

約20文字程度では内容の意図が読み取れないようにすることです。

では、その変わりにこの約20文字には何を入れると良いのでしょうか?

 

それは、

 

男性が読みたくなるような気になるキーワードを含めて、

約20文字から内容の本題に入るようにするというテクニックです。

 

たとえば、

 

「○○君の欲しがっていた○○についてなんだ・・・」

「この前、気になってた○○○○調べてみたけ・・・」

 

このように文章が途切れて、気にるキーワードも入ってるし、

このように入っていれば、何だか続きが読みたくありませんか?

 

あなたは何故、この記事を読んでいるのでしょうか?

それはタイトルのキーワードが気になったからこの記事を読んでいる。

ということではありませんか?

 

気になるキーワードを入れることを「フック」と言います。

文章の最初にフックを掛けることで続きが読みたくなるようにさせるのです。

これはコピーライティングで使われるテクニックのひとつです。

 

そのため、彼の興味のあることなど、

あなたが事前にリサーチしておく必要はあります。

 

そして、

 

毎回ではなく、3回に1回や4回に1回など適度に使うことで、

パターン化させずにいつまでも読みたくなる心理にさせ続けることができます。

 

 

テクニックは色褪せる

 

先ほども言いましたが、

テクニックばかりに頼ってしまえば、

パターン化してしまって、

 

「ああ、いつものパターンか・・・」

 

と感づかれて逆に信頼関係を失うことになりかねません。

恋愛におけるありとあらゆるテクニックがありますが、

 

テクニックとは効果的な反面、

信頼を失うリスクがある事実を知っておく必要もあります。

 

テクニックより相手が何を求めているのかを考えて与えることです。

 

なぜなら、

 

「与えよさらば与えられん」という諺が示す通り、

欲しい結果があるなら、自分から与える姿勢が重要だからです。

 

その姿勢の上に沿える程度にテクニックを活用することが最も効果的です。

片思いの男性もあなたのことを信頼してLINEを読みたくなるでしょう。

 

素敵な恋愛ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ