O型男性が好きな人にとる10の態度!LINEでは?


O型男性が好きな人にとる10の態度!LINEでは?

 

O型男性が好きな人にどんな態度をとるのでしょうか?

あなたが片思いしている男性がO型男性だとしたら、

血液型に関しての彼の情報を知りたくありませんか?

 

今回は、気になる男性がO型という人に焦点を当てて、

好きな人にとる態度についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

【1】好きなときと何とも思わないときの態度が激しい

 

感情に裏がないので、いつも素直な性格です。

自分の気持ちを正直にストレートに投げてくれます。

そんなストレートな性格なだけてに、

好きな人の前だと気前が良いですが、そうでないと至って普通です。

 

 

【2】折れない心で猛アタック

 

自分が気になっている女性が好意をもってくれていない場合、

これからアプローチを掛けて好きにさせると考えます。

相手の女性は、自分のことを知らないだけであって、

自分のことを理解させれば、オトせるという自信を持っているからです。

自信があるだけにアタックを何度も仕掛けてきます。

 

 

【3】デートでは自分が奢りたい

 

好きな人の前になると、デート代は自分が持とうとします。

男らしい姿をアピールしたいと言う気持ちがあるのかもしれません。

ですが、とても頼りになるところだと思います。

そして、割り勘や女性から出させることを嫌う傾向があります。

 

 

【4】周囲の人から彼の好意を伝えられる

 

好きな人とそうでないときの差が激しいので、

周囲の人からは、その態度の違いが分かりやすいようです。

そんな周囲の反応など、まったく知らずにどんどん積極的になります。

それだけ、気持ちをストレートに表現します。

 

 

【5】自分のことをどんどん話してくれる

 

O型男性は、好きな人にはどんどん自分のことを話します。

自分のことを話すことによって、自分の色に染められるからです。

ですが、意外なことに警戒心が強いのもこのO型でもあるのです。

場を盛り上げたり、他人と積極的に関わることはしても、冷静な部分も持っています。

 

 

【6】いつでも直球勝負

 

好きな女性には、いつでも直球勝負。

駆け引きはあまり考えず自分の素直な態度で接してきます。

というよりは、感情が表に出やすいのでそうなってしまうようです。

どんなときでも気持ちをストレートに表現します。

 

 

【7】振り向いてくれるまで押しの一手

 

O型男性は好きな女性を振り向かせるまでは、とにかく押しの一手できます。

そして、いざ自分のものになったら態度がコロッと変わってしまいます。

自分のことを好きになってくれたことにたいする安心からそうなります。

特に飽きたとか嫌いになったというわけではないようです。

 

 

【8】嫉妬深く表情にすぐ出る

 

O型男性は、焼きもちやきなのです。

自分の好きな人が他の男性と、ただ会話をしているだけでも穏やかではありません。

まして、楽しそうに談話している姿を見掛けてしまったら、

子どものように拗ねた態度をとって不機嫌になってしまいます。

ただ、しっかりと構ってあげるとすぐに機嫌が元に戻るという単純な性格だったりします。

 

 

【9】LINEやメールでも直球勝負

 

LINEやメールでも相手の様子をうかがうことはしません。

いつでも直球勝負で、すぐに遊びに誘ったりします。

本当なら、ワンテンポほどずらして誘うだけでデートの確率は高まるのに、

好きな人には直球で勝負してくるので、誘われたら脈ありと考えてもOKと言えます。

 

 

【10】LINEやメールでも褒めまくる

 

O型男性は好きな人にはとにかく褒めまくってきます。

それはLINEであっても変わりなく褒めまくってきます。

あなたを何度も褒めてくるようであれば脈ありだと判断できます。

興味のない女性には、褒めないと言う単純な性格でもあるからです。

 

 

O型男性が好きな人にとる態度は「素直」

 

いつでもストレートの直球勝負のO型男性。

それだけにわかりやすい性格でもあります。

 

負けず嫌いで自己主張が強く、情が深いのも特徴と言えます。

周囲の人とも積極的に関わっていくのでリーダー的存在が多いです。

 

負けず嫌いなところが何度も誘いを断られてもアタックを繰り返すので、

そこのところがちょっと面倒と感じてしまうところもあるかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか。

あなたの気になる彼に当てはまるところはありましたか?

恋愛が成就できることを祈っています。



 

スポンサーリンク


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ