O型男性は性格が悪い!?基本的な7つの特徴を紹介


o型男性 性格悪い

 

内弁慶、変なところにこだわるなど、

O型の性格は悪いというイメージを持つ人も少なくありません。

あなたが気になっている人がO型男性なら気になりますよね。

だけど本当のところはどうなっているのでしょう。

 

前回のAB型男性と恋愛するなら知っておくべき性格の7つの特徴では、

二重人格や変わり者などの印象がどことなく強いAB型の性格ですが、

人間の思考パターンからAB型の性格の特徴についてお伝えしました。

今回は、O型男性の基本的な性格についてお伝えします。

 

一般的には自信家、負けず嫌い、大らかなど、

誰もがイメージするO型男性の性格がありますが、

けどもっと違った側面からO型の性格を知りたくありませんか?

 

実は僕には20代の頃にO型の親友がいました。

その親友は20代の頃に一番よく遊んだりしていました。

そこで同じ男目線からのO型男性の性格をお伝えしたいと思います。

もしかすると意外な事実に気付けるかもしれません。

スポンサーリンク

 

【1】物腰が柔らかく器が大きい

 

O型男性は包容力があり寛容だと言われます。

とは言っても人間なのでもちろん限界はありますが、

冗談を言ったら冗談を受け止めて合わせて返してくれたり、

こちらが深刻になときは雰囲気に合わせたりします。

一度、心を許した相手には尽くす性格と言えます。

 

これは本人に落ち込んだことがあっても、

相手に合わせてくれる器の大きさもあるようです。

人と一緒にいると自分のことを忘れるのかもしれませんが、

O型男性と一緒にいると物腰の柔らかさや器の大きさを感じます。

 

 

【2】妙なところにこだわりがある

 

O型男性は妙なところにこだわりがあったりします。

食べ物や身に付ける物や好きな女性のタイプなどです。

これはその人特有のこだわりがあるようです。

 

これが他人から見ると神経質に感じられたりします。

そこに自分の価値観と合わい場合はこじれる原因になります。

それがO型男性は性格が悪いと言われる原因のひとつでもあります。

またこのこだわりは折れることがないので厄介と言えます。

 

こだわりを持つことの厄介なことは他人に理解されないことです。

またそのこだわりに対して口出しすると感情的になったりするので、

よほどのことがない限りは振れない方が無難と言えます。

 

 

【3】部屋の片付けが苦手

 

僕の友人の部屋も足の踏み場がないほど物が散乱して、

それは何年経っても片付くことなく悪化していってました。

よく「部屋は心の写し鏡」なんて言われてたりしますが、

大雑把と言われる性格だけに部屋の中にも現れています。

 

ここでも妙なこだわりがあったりします。

それは自分の趣味の物が自分の都合よく置かれていることです。

つまり計算して今のような部屋の状態になっているということです。

なので他人からみると、ただ散らかっているだけに見えて、

本人からすると非常に重要な配置になっているというのです。

 

 

【4】一度キレると手が付けられない

 

O型男性は一度キレると性格が変わります。

まるでタガが外れたかのようにキレやすくなるのです。

これまでだと柔軟に合わせてくれていたことだったのに、

一度キレたことをきっかけに感情的になったりします。

ここもO型は性格が悪いと言われるところです。

 

これは恋愛で情熱的にアプローチを掛けていって、

自分に脈がないと分かるとパッと冷めるのと同じです。

キレる理由は自分の何らかのスイッチが切り替わるからです。

 

 

【5】負けず嫌いだけどあっさりと認める

 

O型は負けず嫌いというのもよく言われますね。

この負けず嫌いは自分のこだわりに対して強く出ます。

趣味や情熱を捧げていることに対しては負けたくないのです。

 

けどこれに対して別の側面があるのをご存知でしょうか。

それは自分には適わないとなるとあっさりと負けを認めるのです。

この負けを認める行為は自分を守るために行っていることです。

対抗して負けることで自分が傷付くのが嫌だからです。

なのであっさり認める反面、関心が薄かったりするのです。

 

 

【6】言葉や行動は基本的にストレート

 

人にも物にもあまり執着はしません。

面倒見はよくても面倒なことは嫌います。

つまり、あまり複雑なことは避けたい性格なのです。

物事はできるだけシンプルに考えたいと言えます。

なので言葉や行動もストレートな表現になります。

 

たとえば思ったことを言葉にしてみたり、

恋愛でも駆け引きすることは考えずに行動したりです。

基本的にO型男性の言葉や行動に悪気はありません。

 

 

【7】自分のことをよく喋る

 

他人には興味はなくても自分には関心が強く、

自分のことを話しているときは永遠と喋り続けます。

要するにO型男性は自分が好きな人が多いのです。

 

自分が好きというのは自分に自信があるということです。

そんな性格なので他人からは自信家に見えるようです。

そもそも自分が好きな人は自分に対する承認ができています。

自分を認められるので他人を認める大らかさも備わります。

ここがO型の性格の最も良い部分と言えるのではないでしょうか。

 

 

血液型はあくまで目安として考える

 

いかがでしたでしょうか。

O型男性は性格が悪いと言われてたりしますが、

その理由が少しはお分かりいただけたでしょうか。

 

もしあなたがA型でしたら、

O型男性の性格は相性が良いと言えます。

それは相反するお互いの長所が上手く絡み合うからです。

たとえばA型のロマン思考とO型の現実思考だったり、

A型の計画性とO型の行動的な部分が上手く絡み合えば、

お互いの長所がそれぞれを補えるカタチとなります。

 

実は僕はA型で親友はO型でした。

男同士ですが一番ツルんで遊んでいたので、

男女関係なく血液型の相性は良いのかもしれません。

 

だけど血液型云々よりは、

本当の性格は一緒にいて肌で感じることでしか分かりません。

なのでひとつの基準として考えてほしいと思います。

今回の内容が参考になれば幸いです。

 

お互いの関係を深められることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ