B型男性が好きな人にとる10の態度!これが彼の本性!?


B型男性が好きな人にとる10の態度!これが彼の本性!?

 

好きな人の血液型からみる性格や特徴って気になりませんか?

恋愛では、とくに片思い中なら彼のことが分からないことに悩みますね。

B型男性が好きな人にはどんな態度をとるのでしょうか。

 

血液型によって性格が異なってくるように、

恋愛するとこも好きな人の態度はそれぞれあります。

 

今回はB型男性に多い、好きな人に思わずとってしまう態度をまとめました。

ぜひB型男性に多い特徴を参考にして彼を理解してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

【1】自分をアピールしたい

 

自分のことをよく話してきます。

自分のことを知らせることで、自分の色に染めたいのです。

 

B型男性が積極的に自分のことをアピールするように会話をしてきたら、

それはあなたに興味があると判断することができそうです。

ここが、まず見極めのポイントとなるでしょう。

 

 

【2】表現がストレート

 

好き嫌いがハッキリしているので好きな人の前では「好き」と表現します。

駆け引きとかいっさい関係なく、ストレートに気持ちを伝えてきます。

 

ときには、恥ずかしくなるような言葉を使うときもあります。

周囲の目も関係ありません。

ですが、そんなストレートな表現も好きな人にのみです。

好きでもない人にはいたって冷めた態度をとります。

 

 

【3】好きな人の近くにいたがる

 

B型男性は、好きな人を独占して甘えたいという一面があります。

ここも周囲の目は関係ありません。

好きな人に好きだとバレることもお構いなしです。

とにかく自分のものにしたいという気持ちが優先になってしまいます。

 

 

【4】好きな人とのスキンシップが大好き!

 

手を繋いだり抱き合ったり、ベタベタすることが大好きです。

ボディタッチはB型男性にとって必要不可欠なものです。

好きな人の温もりを感じていたいという思いがあるからです。

 

 

【5】熱しやすく冷めやすい

 

これはB型男性の代表的な性格ではないでしょうか。

好きだと感じたら即行動して、一気に盛り上がる情熱的な恋。

そのため、恋の発展はどの血液がよりも群を抜いて断トツと言えます。

そしいて、恋が冷めてしまうのも断トツと言える一面もあります。

 

 

【6】少年の心を大切に

 

夢があり、いつまでも追いかけていたいと思っています。

現実的過ぎるとつまらないと感じてしまうからです。

友人同士で夢を語り合うとワクワクして楽しい気持ちになりませんか?

いつまでも夢やロマンを感じていたいと思う気持ちが人一倍強いようです。

 

 

【7】やきもちを焼く

 

とにかくやきもち焼きな態度が特徴的です。

他の異性と会話している姿をみると拗ねてしまいます。

とりわけ自分の気持ちに素直なので、やきもちも焼いてしまうのかもしれません。

 

 

【8】LINEやメールは頻繁

 

好きな人とのLINEやメールや電話は常にしたいと思っています。

熱しやすく冷めやすい性格なので、スイッチが入るとあらゆる手段をつくします。

また、基本的にはマイペースな性格でもあるので、

好きではない人だと、あまり連絡をとらないのが特徴的な態度です。

 

 

【9】デートを誘いまくる

 

B型男性は好きな人にガンガンアプローチしてきます。

当の本人は、デートというものにたいして軽いノリのようです。

 

あまり深く考えず、好きな人とのひと時を一緒に楽しみたい。

ただ、それだけのようです。

なにせ、好きな人とは常に一緒にいたいと思う性格だからです。

 

 

【10】褒めて褒めて褒めまくる

 

外見への重要度がかなり高いのがB型男性です。

男性は基本的に外見重視になりがちですが、他の血液型と比べて断トツです。

 

そして、ここも軽いノリで褒めてきます。

それは、まるで日常会話のように褒めてきます。

そして好きな人にのみ限定であることを忘れないでください。

 

 

B型男性が好きな人にとる態度は「情熱」

 

熱しやすく冷めやすいが特徴です。

気持ちに正直なだけに情熱的な恋をします。

 

そんな自由に恋愛できること自体は、

とても充実した人生を送ることができるのかもしれません。

なぜなら、自分に正直に生きているからです。

 

そんな彼をずっと射止めていたいと思うなら、

子どもを扱うように接して、ギャップを入れて飽きさせないことです。

恋愛が成就できることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連するお勧めの記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ