B型男性との復縁の方法が分からない女性の8つポイント


B型男性との復縁の方法が分からない女性の8つポイント

 

元カレとよりを戻したい・・・

復縁したい相手がB型男性の場合、

どのような方法やポイントがあるのでしょうか。

 

前回は、復縁の冷却期間で元カレの冷めた気持ちを取り戻すには?にて、

元カレから「冷めた」と言われて別れてしまった場合の復縁について、

冷めた原因や冷却期間中に考えるべき行動についてお伝えしました。

今回は、B型男性と復縁するための方法です。

 

気まぐれで扱いが難しいB型男性だけど、

どこか憎めなくてやっぱりよりを戻したい・・・

マイペースなのにガラスのハートを持つ彼との復縁の仕方について、

ご紹介していきますので彼の性格に合致しているものがあれば、

ぜひ参考にしてよりを戻すために活かしてみて下さい。

スポンサーリンク

 

【1】素直に感じたことを褒めてあげる

 

感情的になりやすい性格ということは、

感情にうったえる方法が復縁にも非常に効果的です。

これまでで彼が喜びそうなことはなんだったでしょうか?

あまり単純に褒めすぎても見透かされて逆効果となりかねません。

あなたが素直にいいなと思ったことから褒めることが大切です。

 

 

【2】外見に変化を付ける

 

飽きやすい性格ということは変化が好きです。

だからと言ってただ外見に変化を付けるだけでなく、

彼の趣味に合わせて変化させることがポイントです。

好きな人が偶然同じ物を持ってたら嬉しくないですか?

そんな感じでさりげなくポイント的に変化を入れると良いでしょう。

 

 

【3】大人になって自分から一歩下がる姿勢で

 

情に厚く、リーダー的な立場を好みます。

それはたとえそんな風に見えなくても心では思っているものです。

基本的に男はそうですが、B型男性はより強い傾向があります。

そんな彼と復縁したいならあまり前に出過ぎて目立たないことです。

自分から大人になって一歩下がって彼を見つめる姿勢が大切です。

 

 

【4】感情的な性格に流されない

 

思い込みが強く、それでいて感情的になりやすい性格なので、

ついつい彼の感情に流されてしまいがちになりませんか?

それが別れの原因だったかもしれないと思ったことはないでしょうか。

彼の性格だと割り切ってグッと抑えることも大切です。

 

 

【5】マイペースを演じる

 

気持ちの切り替えが早いのが特徴的な性格です。

そして楽天的でマイペースなのでケンカしたとしても、

気が付けば普段通りの状態に戻っていたりしないでしょうか。

復縁したいならそんな性格を理解してあなたもマイペースでいることです。

「彼はこんな性格」と自分の中で納得させていくことが大切です。

 

 

【6】友達関係を目指す

 

B型男性は理想の恋人に友達同士の関係があります。

彼は普段、友達同士のやりとりではどんな風にしているでしょうか。

また恋のアプローチの仕方では友達グループに紛れて、

そこからお互いの仲を深めていくというのが方法としてあるので、

復縁でもその方法が生かせるならぜひ活用してみましょう。

 

 

【7】彼の否定は厳禁

 

褒めることがB型男性には有効だと言うことは、

彼の意見や考えを否定することは特に注意が必要だと言うことです。

それは褒めることが感情的に嬉しいと感じるからです。

感情的に反応する性格なので否定的な態度や言葉は厳禁なのです。

 

 

【8】彼のこだわりに共感する

 

ファッション、音楽などにこだわりを持っています。

復縁するにはこだわりに共感することがポイントになります。

たとえば友達同士の関係まで普通に接していけるようになれば、

彼の趣味に自然と溶け込んでいくと彼も自然と受け入れやすいでしょう。

 

 

B型男性と復縁するためのポイントは「感情」

 

いかがでしたでしょうか。

元カレとの復縁に活かせると感じる項目はあったでしょうか。

人間なので、いくら血液型性格といっても全てが当てはまる訳ではありません。

 

今回で紹介したB型男性との復縁のポイントは「感情」です。

 

今回、ご紹介した内容に当てはめて彼を見ていくと、

次第にどのような性格なのか、またその傾向を知ることができます。

なぜなら何かを基準にして見ることで性格が見えやすくなるからです。

 

それは住所だけ言われても、どこに向かえばいいか分からないけど、

手元に地図があれば住所を調べて向かうことができるのと同じです。

 

やはり基準となるものがあると人は物事が見えやすくなります。

あなたの復縁に参考になれれば幸いです。

 

幸せな恋を取り戻せることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ