片思いの男性へ「本命」のバレンタインチョコの渡し方


片思いの男性へ「本命」のバレンタインチョコの渡し方

 

バレンタインデーに片思いの男性にどうすれば想いが届くのでしょうか?

下手に誤魔化しながら渡してしまうと義理だと思われてしまいます。

本命の彼に想いを届けて恋を進展させるには?

 

前回は、片思いの男性にバレンタインのメッセージで心に響く5つの一言にて、

片思いの男性にバレンタインのチョコと一緒に添えるメッセージは何が良いか、

彼の心に響きやすく、渡すときにプレッシャーにならない一言を紹介しました。

今回は、片思いの本命の男性のバレンタインチョコの渡し方についてです。

 

片思いしているとき、一番気をつけたいことが、

彼にとってあなたの存在がどのような位置付けにあるのか?

というところになってきます。

これが、恋人同士なら素直な気持ちを伝えることに集中できますが、

 

片思いの場合は、

 

相手が自分のことをどう思っているかの距離感も考える必要があります。

 

とは言え、そんなに難しく考えないでください。

女性なら敏感なので、肌で感じている程度で十分だと思います。

それでは、距離感に気をつけながらのバレンタインチョコの渡し方を紹介します。

[ad#co-1]

 

スポンサーリンク

【1】直接、自分から渡すこと

 

あまりに勇気が出なくて誰かに頼んだり、ロッカーに忍ばせようと考えてませんか?

それでは、あなたの想いをしっかりと伝えることができません。

それならば、いっそのこと義理チョコにして直接手渡しする方が良いでしょう。

 

なぜなら、

 

直接やりとりをするから彼に印象を残すことができるのです。

 

目的はチョコを渡すことではなく、想いを伝えることですね?

もっと言えば、想いを伝えて恋人になることですね?

 

どんなに「友達のままで良い」と自分を説得しても、

本当は本命の彼の彼女になりたいのが本音のはずです。

本命ならば、必ず彼に直接渡すようにしましょう。

 

 

【2】2人きりになること

 

片思いしている彼にバレンタインチョコを渡すときは、

 

2人きりになってから渡すことが基本です。

 

本命ならなおさらこのことを大切にしなければいけません。

なので、どこか2人になれる瞬間を常に観察することです。

ある程度、中の良い関係なら簡単に呼び出すこともできますが、

 

片思いしている場合、少なからず距離感があるものです。

 

帰りの瞬間や、彼が1人でいるときなど、

呼び出すより2人になれるシチュエーションを狙っていくと良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

【3】市販のチョコでも十分

 

本命だからと言って、バレンタインチョコを手作りにこだわる必要はありません。

1000~3000円くらいのちょっと高いくらいの値段で十分です。

 

なぜなら、

 

チョコを渡すことが目的ではないからです。

 

それよりも、彼の心に響くようなメッセージを一言添える方が、

バレンタインデーの後の恋のストーリーが続くのではないでしょうか。

 

バレンタインはあくまできっかけをつくることが大切です。

その後の恋が進展しやすいようにきっかけをつくることで、

あとに続くホワイトデーや卒業シーズンでの期待が持てるのです。

 

焦りは禁物です。

人の心の変化には時間が掛かるので、じっくりといきましょう!

 

 

【4】バレンタインチョコを渡すときのタイミング

 

彼にバレンタインチョコを渡すときのタイミングは、

基本的に14日の当日に渡すことで十分だと思います。

では、その14日のどのタイミングが一番ベストなのでしょう?

 

それは、

 

時間ではなく、2人きりになれるタイミングです。

 

2人きりになれれば、彼も安心して受け取ることができます。

もしかすると、その後にバレンタインデートも期待できるかもしれません。

そんなまさかのサプライズがあるかもしれないので、

なおさらバレンタインチョコは直接自分から手渡しする方が良いのです。

 

 

片思いの男性には、シンプルに気持ちだけを伝えよう

 

たとえば、彼の興味のある物も一緒に渡すことを考えているかもしれません。

確かに彼はそれを受け取って喜んでくれるかもしれませんが、

そうなると、あなたへの気持ちを受け取り忘れてしまうかもしれません。

 

渡すことが目的ではなく、想いを伝えることが目的です。

 

そのためにも、余計なことは考えず、

自分の想いをどうしたら彼が受け取りやすいかを考えましょう。

片思いが成就できることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ