社内恋愛がめんどくさいと感じてしまう男の本音

スポンサーリンク

社内恋愛がめんどくさいと感じてしまう男の本音

 

社内恋愛は社会人では最も恋する機会が多いのではないでしょうか。

そんな社内恋愛もリスクを考えてめんどくさいと感じる男性もいるようです。

めんどくさいと感じる男の実際の本音とは何なのでしょうか?

 

前回は、社内恋愛で女性からアプローチを掛けて恋を成功させる方法にて、

社内で好きな人がいるときは女性からのあるアプローチの掛け方をすることで、

社内恋愛を警戒して行動に移せない男性からも誘ってもらう方法を紹介しました。

今回は、社内恋愛がめんどくさいと感じる男の本音についてです。

 

さて、

 

会社で特に禁止になっているわけでもないのに、

社内恋愛に対してめんどくさいからしたくないと思う男性もいます。

 

では、

 

実際の本音の部分ではどのように思っているのでしょうか。

 

まずは、

 

めんどくさいと感じる理由を紹介していきたいと思います。

[ad#co-1]

 

【1】カッコ悪いところを見られたくない

 

好きな人とまだそんなに打ち解けていない関係に多いと思います。

男性は自分がどんな人間かをまだ知らない女性には、

男のプライドが邪魔をしてカッコつけてしまうようです。

 

特に叱られたり失敗しているところを見られるのは恥です。

 

「もう、ダメだ・・・」

 

このように、諦めることを考える男性もいることでしょう。

それだけ、意中の女性にはカッコ悪い姿は見られたくないのです。

 

 

【2】社内だと何かあるとめんどくさいから

 

これは要するに言い訳が通じなくなるということです。

近い距離だからこそのデメリットだと感じているようです。

 

毎日会うということは、

 

ケンカしたとき、別れたときでも会わなければいけません。

またこのような状況では悪い噂も流れていきます。

 

男性が最もめんどくさいと感じるのは、

そんな噂や陰口が叩かれることで味わう苦しみと言えるでしょう。

 

 

【3】社内恋愛がバレるのを恐れている

 

社内恋愛は、秘密にしてしまうことは多いです。

会社によっては禁止を出している場合もあります。

何よりも他人の興味をそそる内容なので、

 

「○○さん、昨日○○君と○○してたよ」

「○○さんが一緒に○○君と居るとこ見たよ」

 

このように周囲の人に観察されてしまうことがよくあります。

自分が他人から観察の対象となることは、あまり気分の良いものではありません。

そうなることをめんどくさいと感じている場合もあります。

 

 

本当の理由はどこにある?

 

これまでめんどくさいと感じる理由を紹介してきましたが、

社内恋愛をめんどくさいと感じる全ての理由はどこにあるのでしょう?

 

それは、

 

今、現在の安住が失われることへの恐れではないでしょうか。

 

今の段階では、

 

恋愛さえしなければ安心できる領域に居続けることができるのです。

社内で恋愛することは、そのリスクを犯すことを意味します。

 

つまり、

 

自らが苦しみの方向へと歩むことを意味するのです。

 

恋愛は、感動的で素晴らしいものとあなたは思っているかもしれません。

一方でめんどくさいと感じる男性は、同じように思えないのかもしれません。

 

なぜなら、

 

人は快楽よりも痛みを優先するようになっているからです。

痛みを優先して避けた方が生存率を高めることができたからなんです。

 

それだけに、

 

どうしても痛みの方に意識がまわってしまう場合は難しいのかもしれません。

社内恋愛に慣れている男性でもない限りは、

そこを踏み越えるということは恐怖であると言えます。

まずはそのことを知っておくことが大切と言えるでしょう。

 

そのことを踏まえつつ、

あなたの好きな人が恋愛に躊躇しているならどうすればいいでしょう?

 

素敵な恋愛ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ