社内恋愛から結婚の報告をするベストなタイミングとは?

 

社内恋愛からめでたく結婚することなると、

会社への結婚の報告はどのタイミングですべきなのか?

ここのところが一番気になるのではないでしょうか。

 

前回は、社内恋愛できっかけを作って気になる男性にアプローチにて、

社内恋愛ではきっかけを作れば、後はじっくりとアプローチを掛けられますが、

話し掛けるという最初の一歩が踏み出せない女性の踏み出す方法を紹介しました。

今回は、社内恋愛から結婚の報告をするときのタイミングについてです。

 

社内恋愛から結婚が決まれば、

会社の人間に報告をしなければいけません。

 

そのときに、

 

どのような順番で、どう報告するべきなのかの知識を持っておくと、

いざというときに慌てなくて済みます。

 

また、女性なら今後の仕事についても考えなければいけませんね。

仕事に関しても、彼との今後の結婚生活で重要なところとなりますね。

そんな結婚報告の具体的な報告について触れてみたいと思います。

[ad#co-1]

 

スポンサーリンク

まず、どのタイミングで誰に報告すべき?

 

基本的には、結婚式を挙げる半年~3ヶ月前までとなります。

結婚式の日取りが決まってからの報告が決まりです。

 

会社では誰に一番報告すべきかは、直属の上司です。

その次に先輩や同僚に報告をすると良いでしょう。

 

社内恋愛においては同じ会社なので、同じタイミングで報告します。

これは部署が違っていてもタイミングは一緒にした方が無難です。

 

女性の場合は、退職するかしないかの問題も絡んでくると思います。

結婚報告をするときまでにどちらを選択するのかを決めておく必要があります。

 

なぜなら、

 

上司としては、結婚後の仕事の継続についてが気になるところだからです。

 

退職する・しないに関わらず、

基本的にはこのような流れとなります。

 

 

スポンサーリンク

社内恋愛禁止の会社の場合は?

 

社内恋愛がOKの会社であれば上記のような報告で問題ありませんが、

もし禁止であればどうすれば良いのかというと、

 

やはり通常通りに報告することです。

というよりは、そうするしかないと言えます。

 

なぜなら、

 

結婚するとなると、どちらにしても報告をしなければいけないからです。

 

ただ、気をつけておきたいことは、

その後どうなるか分からないということです。

異動の場合もあるかもしれませんし、

最悪の場合は解雇ということも起こりうる可能性もあります。

 

なので、

 

どうなっても大丈夫なように体勢を整えておく必要があります。

どうなるかは会社の判断なので、

自分たちでできることは、その準備だけとなるのを知っておきましょう。

ただ解雇は最悪のケースなので、余程のことがない限りは起こりえないようです。

 

 

仕事とプライベートを知るから納得できる

 

どんな人でも仕事とプライベートでは違いがあります。

その両方を知ることができるのは、大きなメリットだと思います。

 

そんな彼のことをよく理解できた上での結婚となれば、

その後の結婚生活も納得して日常生活を送ることができるのではないでしょうか。

 

たとえば、

 

付き合ってみてはじめて彼の本当の顔を知った時、

とても辛い経験をしたことがある人もいるかもしれません。

 

ですが、

 

プライベートだけでなく、社内での彼の姿も知ることができれば、

結婚後のどのようなライフスタイルを送るかのイメージも、

より具体的にしやすくなり、円満な関係を築いていけると思います。

 

要するに、良い関係を築けるイメージができることが大事なのです。

 

その為に「付き合う」という期間があるのですから。

 

あなたは、結婚後の生活をどのような希望に満ちた気持ちで過ごしたいですか?

ぜひ、夢を語るように彼と楽しんでみてください。

素敵な恋愛を成就できることを祈っています。

スポンサーリンク