魅力的な女性の条件を満たして本命の女になるには?


魅力的な女性の条件を満たして本命の女になるには?

 

最近は「女子力アップ」や「女磨き」など女性らしさが注目しています。

ではどうすれば男から見て魅力的な女性になれるのでしょうか?

魅力的な女性の条件を満たすことができれば、本命の相手も落とせるかもしれません。

 

前回は、男性が見せる本命の女性への3つの態度!彼の本音はどこに?にて、

気になる本命の女性だけに見せる男性の誰にも見せない態度とは何なのか、

またそのときの男性の本音について、本気で本命のときは何が違うのかも紹介しました。

今回は、魅力的な女性の条件とは何か、そして本命の女になる方法についてです。

 

魅力的な女性をシンプルに言うと、

 

男性が追いかけたくなるような女性のことを言います。

 

つまり、魅力的な女性とは「追いかけたくなる」という意味なのです。

男性が追いかけたくなる条件を満たすことが重要となります。

では、どうすれば女性が魅力的に思えるのかを紹介します。

スポンサーリンク

 

【1】深追いしない

 

深追いしないとは、

 

相手のことを深く聞いてこようとしないことです。

 

男とは不思議なもので、自分のことを聞いてこない女性に対して、

自分のことをもっと話して女性に気にいられようとしてしまうものです。

 

というのも、

 

つい最近そのような女性と会話をする機会があり、

僕自身、その女性を前にして「話したい」という心の動きを感じたからです。

 

その女性の特徴として、とても聞き上手でした。

相手を笑顔でジッと見つめて、しっかりと同調して聞いてくれる。

「受け入れてくれている」と感じるので「もっと話したい」と思えるのだと思います。

 

だけどサラッとしていて深くは聞いてこない・・・

 

ここの絶妙なところが、男が追いかけたくなるポイントのように感じました。

会話とは、決してかゆいところに手が届くような質問をして、

相手の話したいことを音楽にノッているように話させてあげるだけではなく、

 

時には自分のことを話したいという欲求を刺激する。

 

ということも必要なことなのかもしれません。

それが経験的に分かる女性は自分の魅力を上手く出せるのだと思います。

 

 

【2】多くを語らず、だけど隠さない

 

多くを語らないとは、

 

自分の過去を自ら語ろうとしないことです。

 

過去にしてきた恋愛における経験、自分の恋愛観など、

自らが進んで話そうとしないので「どんな人なんだろう」と知りたくなってしまいます。

やはりここでももっと知りたいと思ってしまうベースとなるのが、

 

しっかりと相手の話を聞いて「受け入れてくれている」と感じさせることです。

 

このベースがあってはじめて生きてくるのだと思います。

 

そして、

 

相手が訪ねてきてくれたことに対して誠実に答えてくれます。

 

ここは、かなり重要なポイントではないでしょうか。

なぜなら、「こんなこと聞いていいんだろうか」という思いが誰もが持っているからです。

あなたも質問するとき「失礼にならないだろうか」と考えたりしませんか?

 

そんなとき、

 

そんな不安を持ちながら勇気を出したことに誠実に応えてくれると、

 

「この人はなんていい人なんだろう・・・」

 

と心の底から思えるのではないでしょうか。

ここも魅力的な女性になるための条件だと思います。

多くを語らず、だけど聞かれたら誠実に答える姿勢がイイ女ではないでしょうか。

 

 

【3】男のプライドを刺激する

 

男性は好きな人の前では夢を語ったり自慢話がしたいものです。

そこで、男性のことを持ち上げてくれるような女性はモテます。

 

でもそれだけだと、

 

ただの聞き上手となって魅力的な女性とは言えないのかもしれません。

 

たとえば相手の話しをしっかりと聞いて同調しつつも自分の意見を言う。

だけど男性のプライドを傷つけないよう慎重に意見を言う姿勢を持ちます。

男性は女性よりも傷付きやすい生き物なので、男のプライドを刺激するとは、

 

男性を傷付けないように配慮することなのかもしれません。

 

それだけ男性が本音で話せるような環境作りにも力を注いているように思います。

さらに必要に応じてうまく甘えて男性のプライドを刺激します。

プライドを刺激するにしてもしっかりと状況を見ながら、

必要に応じて選択して行っていくものではないでしょうか。

 

 

自分を守る姿勢と相手に与える姿勢

 

男性が魅力的な女性と感じる決定的な違いがあります。

 

それは、

 

相手に与える姿勢を持っている女性のことです。

 

これはどういうことかと言うと、

傷付くことを恐れて自分を守ろうとする姿勢を思い出してみると分かりやすいです。

 

あなたが嫌いな人と接するときのことを思い出してみてください。

 

相手に対して壁を作り、相手の意見に批判的な気持ちになりませんか?

もう二度と会いたくもないし、関わりたくもないものですね。

嫌いな人ができてしまうこと自体は何ら問題はないと思います。

 

大切なのは、

 

好きなときと嫌いなときの自分の心の状態を見極めること。

 

嫌いな人と接しているときの自分からも学び取れることを知ることです。

 

そうすれば、ピンポイントで落したい彼との接し方が上手くなると思います。

恋愛が成就できることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ