ボディタッチが男性心理に与える影響と5つの効果的方法


ボディタッチが男性心理に与える影響と5つの効果的方法

 

男性なら好きな女性からボディタッチされると嬉しく感じていまうものです。

しかし、どんなボディタッチなら男性の心を掴むことができるのでしょうか?

ボディタッチが与える男性心理とは?

 

前回は、デートに誘う男性の心理とは?どんなときが脈ありなのかにて、

男性が本気の女性をデートに誘うときとは、どんな心理で行動しているのか?

連絡の取り方や食事の誘い方についてお伝えしました。

今回は、ボディタッチが男性心理に与える影響についてです。

 

なぜ、ボディタッチが男性心理に効果的に作用するのでしょうか。

 

それは、

 

単純に好きな人とは、常に触れ合っていたいから。

 

たったこれだけの理由ではないでしょうか。

そもそも、好きになるのに理由なんていりません。

その人といるとドキドキしてしまうからです。

シンプルに考えると、そのように思えてきませんか?

では、どんなボディタッチならより効果的なのでしょうか。

スポンサーリンク

 

【1】会話のときの自然な流れで

 

ボディタッチを行う最もポピュラーな方法です。

会話をしているときに自然な流れで肩や腕にポンと触れます。

しばらく触れたままでも良いですし、ポンと触れるだけでも効果的です。

そのとき、さらに効果を上げる方法があります。

 

それは、

 

笑顔でボディタッチをすることです。

 

会話の中で笑いながら自然の流れでポンと触れると、

ドキッとして嬉しくなってしまうのが男性心理です。

 

 

【2】後ろから肩や腰に手をまわす

 

男性の後ろから迫っていき、肩や腰にスッと手を置きます。

「何してるの?」って感じで自然に優しく行うことが効果的な方法です。

好きな女性が近くにいるだけで安心感を感じるのが男性心理です。

 

できれば肩よりも、腕や腰の方が効果的です。

 

なぜなら、

 

肩だと手を添える程度になりますが、腕や腰だと手を絡めることができるからです。

 

それだけ、密な関係になることができるということなのです。

そしてなるべく男性の内側に触れることがより男性に「安心感」を与えることができます。

 

 

【3】不意に触れる状況が効果的

 

ボディタッチとは意識して触れる行為ですが、

不意に触れる状況をつくることができれば、かなり効果的です。

 

女性から触れてきたときと、不意に触れてきたときとでは、

男性心理に与える影響が大きく違ってくるからです。

 

なぜなら、

 

「えっ、さっきのってもしかして!?」

 

と、このように男性心理としては不意の出来事にドキドキしてしまいます。

つまり、男性が追いかけたくなる「あなたのこと好き”かも”」を意図的に演出するのです。

そして、不意に触れる状況が何度も重なっていくうちに、

親近感を抱きはじめ、女性特有の柔らかな感じにジワジワと気にしはじめます。

 

 

【4】身体に関する会話をする

 

たとえば、手相の話をすると「手」がテーマとなり、

好きな人の手に触れることができます。

 

そこで、

 

「意外と指が細くてきれいだね!」

 

と、褒めてあげると、かなり効果的です。

 

 

【5】間接的に触れるという恋の戦略

 

好きな人に直接触れなくても効果的な方法があります。

 

たとえば、彼が上着を脱いだときに彼の上着を持ち、

丁寧に扱いながらハンガーに掛けてあげたりするなどです。

 

他には、好きな人が財布を置いていれば、

なくさないようにしっかりと持ってあげるというのも効果的です。

このような間接的に触れるという方法もあります。

 

しかも、

 

丁寧に扱うことで自分のことを労わってくれているんだと感じます。

 

この丁寧に扱うという行為が男性心理に強く影響します。

皿の受け渡しなどの「渡す」という行動など、

間接的に触れるという戦略は、行動しやすく自然と行えることでしょう。

 

 

ボディタッチで距離感をグッと縮めよう

 

ボディタッチが男性心理に与える影響を紹介しました。

この「触れる」という行動が、2人の距離感を縮めるのにとても効果的なのです。

 

なぜなら、

 

触れるという行為は「安心感」を与えることができるからです。

 

人には、安心したという欲求があります。

それを与えてくれる人に信頼を寄せることは当然のことと言えます。

 

つまり、

 

ボディタッチを行う目的は、彼に「安心感」を与えることです。

 

このことを大事にして素敵な恋にしていきましょう。

あなたの恋が成就できることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ