片思いの彼を振り向かせる自然と好意を抱かれるLINE・メール術


片思いの彼を振り向かせる自然と好意を抱かれるLINE・メール術

 

片思いをしている彼になんとか振り向かせることはできないだろうか・・・

片思いから両想いにするためにいろいろと思考錯誤すると思います。

そしてそんな片思いの相手には、メールは強い味方となります。

 

前回は、片思いの男性とLINEで話題にするときの5つの心得にて、

片思いの男性との距離を近づけるためのツールとした上で、

どのような話題を提供していけば良いかの5つの心得をお伝えしました。

今回は、彼を振り向かせるためのLINE・メール術になります。

 

LINEやメールなどで気をつけなければいけないことは、

相手が具体的に見えないことで誤解を与えやすいことにあります。

なので一歩使い方を間違うと最悪な結果になることを知っておくことが大切です。

 

いきなり驚かせてしまうこと言ってしまいましたが、

上手に活用すれば、恋のキューピットとなってくれることも間違いありません。

そのため、LINEやメールにおいてはきっかけよりもタイミングの方が重要とも言えます。

 

同じ内容でもタイミングを外してしまったが故に相手にしてもらえなかったり、

最悪のケースは嫌われることもあり得るかもしれません。

タイミング次第では会話を長続きさせることも可能です。

スポンサーリンク

 

返信のタイミングにちょっとした駆け引き

 

片思いしている相手からメールが送られてきたらすごく嬉しいですね。

そんなときはすぐに返信したくなるかもしれません。

 

ですが、ここで少し考えてみましょう。

返信したくなる気持ちをグッと抑えてちょっとだけ待つのです。

 

そうすることで、「追う」立場から「追われる」立場へと変わります。

 

恋愛では、ほんのちょっとの行動がカギを握るのです。

ですがいつも「追う」でも、いつも「追われる」でもダメです。

状況に応じてそれぞれを使い分けることが重要です。

どっちに偏っていても彼の気持ちを掴むことは難しいでしょう。

 

たとえば、メールを交換してはじめて送られてきた場合、

半日間ほど放置して男性に「どうしたんだろう?」と悩ませます。

これが「追われる」メールテクニックです。

 

反対に、

 

しばらくの放置状態から、「ごめんね、仕事中で返信できなくて」などからはじまり、

少し長めの長文にして返すことで彼に安心感を与えます。

これが「追う」メールテクニックです。

 

恋愛の基本は与えること。

 

その与えることを意図的につくることがテクニックの本質になります。

 

その際、「追う」「追われる」をうまく織り交ぜてメールをすることです。

これはメールに限らずLINEでも共通して言えることです。

 

 

打ち解けてきたら少しずつ好意を伝える

 

片思いの初期の段階では気持ちがバレることは、基本的には良くありません。

ですがいつまでも気持ちを伝えないままだと進展もしないですね。

 

なので、彼との距離感に合わせて少しずつ好意を打ち明けていきます。

とは言っても露骨に「好き」アピールはNGです。

 

たとえば、彼の良いところを褒めてあげる。

 

たったこれだけでも十分に効果的です。

ただ大切なのは褒め続けるということ。

 

一回褒めただけで終わりにするのではなく、タイミングをみて褒め続けることが大切です。

そして褒めることに慣れてお互いの距離感が近くなってきたら、

 

「○○君の彼女になったら、大切にしてもらえそうだね!」

 

と言った感じで間接的にほのめかすことです。

このようにすればメールを送ることそのものも気軽に行えます。

 

 

片思いの恋がなかなか進展しそうになくてあきらめたくない場合、

自分の立ち位置をちょっと工夫してみるのもひとつの手です。

たとえば相談役になることです。

 

仮に彼に別の好きな人がいる場合は相談しやすい友達となって寄り添えば、

あなたの存在にハッと気づくことは充分にありえる話だと思います。

 

恋愛はあくまでも与えることが基本です。

 

その上で、

 

  • 「追う」「追われる」をうまく使い分ける
  • さりげなく褒め続けて、タイミングをみて間接的に好意をほのめかす

 

以上2つをメールの中に取り入れてみてください。

片思いが成就できることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連するお勧めの記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ