片思いの男性のLINEで「脈あり」を知る7つの方法


片思いの男性のLINEで「脈あり」を知る7つの方法

 

片思いしている男性とLINEで繋がれば、

彼とのLINEのやりとりで「脈あり」かどうかが気になりますね。

そんなときにどんな方法で脈ありを確認すれば良いのでしょうか?

 

前回は、片思いの人からメール&LINEが返ってこないときはどうする?男性の本音とは?にて、

片思いの人からメール&LINEでメッセージを送っても返事が来ないとき、

男性の本音はどこにあるのか?そして、どう対処して良いのかを紹介しました。

今回は、片思いの男性のLINEで脈ありをしる方法についてです。

 

好きな人からの「脈あり・なし」はとても気になりますね。

恋愛は感情でするものだけに、気持ちも浮き沈みします。

そこで、どんな内容だと脈ありなのかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

【1】彼女いないことをアピール

 

男性は好きな女性に対して、まず自分の現状を伝えてきます。

自分から「今、彼女いないんだー」、「彼女が欲しいなー」なんて内容を送ってきたら、

あなたに対して、少なくとも恋人候補として気があると言えるでしょう。

ここで、片思いしている男性に「私も欲しい」と同調すれば、可能性が膨らみます。

 

 

【2】ポイントを褒めてくる

 

「○○ちゃんの○○が可愛いね!」

このようにポイントを突いて褒めてくる行為には、

 

「俺はちゃんと君のことを見てるよ!」

 

という無言のサインを同時に送っていることになります。

ポイントを褒めることで、褒めていることの信憑性を高めるためです。

それだけ、あなたに気があるという証拠でもあります。

 

 

【3】プライベートの過ごし方を聞いてくる

 

「休日は何してる?」、「アフター5は?」

このようにプライベートで何をしているのか聞いてくるメッセージは、

彼が自分の見えないところを知りたいという欲求が隠れています。

 

なぜなら、

 

興味のある対象だからこそ、気になるものだからです。

 

 

【4】女性の気を引くメッセージを送ってくる

 

好きな女性の興味のあることを事前に聞いておいて、

その女性の興味のあることをネタにしてくるパターンです。

 

たとえば、あなたが気になる店などがある場合、

彼は事前にリサーチなどして情報を伝えてくれるでしょう。

そしてそれは、同時にデートを申し込もうとする可能性もあるということです。

 

 

【5】笑いのツボを探そうとする

 

男性は好きな人の気を引くために、笑のツボを探す傾向があります。

この「笑い」という部分は、ここが一致することで高いレベルで同じ気持ちを共有できるのです。

それを男性は本能的に知っているからこそ、笑いのツボを探そうとします。

そして、笑いのツボが同じなら、LINEのやりとりが盛り上がるからです。

 

 

【6】相談事をしてくる

 

他人に相談できないようなちょっと深い悩みを打ち明けるパターンです。

これは、自分には誰にも言えない悩みがあるということをアピールして、

「私が彼のことを支えてあげないと!」と、思わせようとする傾向があります。

 

全ては、好きな女性の気を引きたいからです。

そして誰にも言えない秘密を共有することで親密度も高まる効果があります。

 

 

【7】心配する内容を送ってくる

 

飲み会などがあれば、帰宅したタイミングに合わせて、

 

「ちゃんと帰れた?大丈夫?心配したよー」

 

このような感じの内容を送って好きな女性の気を引こうとします。

それは同時に、好きな女性の行動が気になってしまうからです。

シンプルに好きだからこそ心配する内容を送ってくるというパターンです。

 

 

一人の人をずっと愛し続けることの偉大さ

 

片思いの男性と関係を深めたい。

僕たちは、目の前のことばかりに目を向けがちになります。

特に恋愛のような感情が揺れやすいものは、その傾向が強いです。

 

なぜなら、

 

嬉しい、悲しい、楽しいなどの気持ちは、今この瞬間で感じるからです。

 

ですが、

 

一人の人をずっと愛し続けるには、もっと広い視点で見ることも大切です。

今は苦しいかもしれないけど、長い目で見れば、

 

「あのとき、あの出来事に遭遇してよかった・・・」

 

そんな風に思えることは、少なからずあなたも経験しているはずです。

ですが、良かったと思える瞬間になってそれは気付けたりするものです。

 

すぐにできるようになれという訳ではありません。

 

それを、心の片隅にでも置いておいてもらえれば、

それはあなたにとって良い結果に繋がるかもしれません。

良い恋愛ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ