片思いの男性とLINEが続かない理由10コ、恋を発展するために


片思いの男性とLINEが続かない理由10コ、恋を発展するために

 

片思いしている男性とのLINEのやりとりにお悩みではありませんか?

特にLINEでメッセージのやりとりをし始めた頃は気を遣ってしまいますね。

気になる彼に少しでも好感度を上げるにはどうすればよいのでしょうか。

 

前回は、片思いの彼がLINEを未読無視したときの3つの対処方にて、

片思いの彼が未読無視したときの不安な気持ちと、どう向き合えばいいのか?

また、男性の気持ちの本当のところはどうなのかを考えていきました。

今回は、片思いの男性とLINEが続かない理由から、恋の発展を目指すです。

 

さて、LINEやメールなどが続かない場合はその理由を知りたくなりますね。

当然のことながら、理由さえ分かればどうすればいいかも分かるので、

今まで返信が来ないことへのモンモンとした状態やイライラした気持ちも解消できます。

 

ですが、

 

そんなことを丁寧に教えてくれる男性なんていません。

 

ということは、あなた自身で理由を見つけなければ

 

どんなに考えてメッセージを送っても同じことを繰り返してしまうかもしれないのです。

 

そんなことで、実るはずの恋まで失ってしまうのはイヤですね。

そこで、想定できる つのパターンをご紹介します。

LINEが続かなくなる見えない落とし穴をうまく回避しましょう!

スポンサーリンク

 

【1】スタンプ発信のみ

 

当然ですがスタンプのみの発信だと、返信に困惑してしまいます。

ただ気をつけたいのは、ある程度打ち解けた関係でも同じことが言えることです。

友達にスタンプのみ送っても返信する確率は低いですね?

返信確率を上げるためには、基本は文章であることを忘れないようにしましょう。

 

 

【2】気持ちがストレート過ぎる

 

彼のことが好きでメッセージを送ることは、とても良いことだと思います。

ですが、気持ちをあまりにストレートに表現し過ぎると、逆に返信しにくくなってしまうのです。

彼の気を引きたいなら、恥じらいやジラシなどで駆け引きできるようにしましょう。

 

 

【3】好きなのかどうか分からない

 

今度は、あまりにも煙に巻いてしまうパターンです。

男性は、プライドの高い生き物だけに、自分の手の届きそうにない相手は簡単にあきらめてしまいます。

そうなると、せっかくの両想いのチャンスを逃してしまいます。

 

 

【4】ネガティブな内容

 

たまには、自分の本音としてネガティブな気持ちを伝えることは効果的でしょう。

男性からしてみると「自分のことを頼ってくれている」と思ってもらえるからです。

ですが、ネガティブな内容を送り過ぎてしまうと逆効果になるので注意しましょう。

 

 

【5】おはよう、いい天気だね

 

おはよう、いい天気だね、ただいま、おつかれ様・・・

どうしたらいいのか分からないメッセージを送るのはスルーの可能性が大きいです。

なので、とりとめのない内容であっても返信をしやすいように考えるとよいでしょう。

 

 

【6】自分アピール

 

ヒマ、寂しい、かまって、見て見て、凄いでしょ・・・

自分のことをアピールし過ぎてしまうと、次第に男性の熱が冷めてしまいます。

できる限り、男性の興味のある分野で自分をアピールすることを心掛け、

アピールそのものも、あまりし過ぎないように注意しましょう。

 

 

【7】プライベートの時間帯

 

仕事中に返信できないのは仕方のないことかもしれません

一方で、男性は自分のプライベートの時間を邪魔されたくないとも思っています。

特に深夜、早朝、などの時間帯、何かに打ち込んでいる最中、友達と会っているなど、

返信率が低いので、返信がくるまで待つか、タイミングをズラすとよいでしょう。

 

 

【8】好きな人じゃない

 

男性にとって好きじゃない相手からのメッセージは、どうでも良いものです。

この場合、永遠とメッセージが返ってくることは期待できません。

過去のやりとりで「好きではない」という匂いをかもし出している内容がないか、

よくよくチェックしみましょう。

 

 

【9】ラリーの応酬

 

以前のやりとりで、ひたすら会話をするようにメッセージをやりとりしていれば、

次にLINEでやりとりするときに「またか・・・」と思われて避けられてしまいます。

男性は基本的にメールやLINEを嫌うものであると知っておく必要があります

 

 

LINEが続かない理由に気づくことが大切

 

片思いしている男性から返信がなくなってしまうとツラいですね。

なので、上記の内容に注意しながら片思いから両想いになれるよう、

LINEをうまく活用していきましょう!

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ