片思いの彼がLINEを未読無視したときの3つの対処方


片思いの彼がLINEを未読無視したときの3つの対処方

 

LINEは、今やスマートフォンのツールとして多くの人が使っていると思います。

片思い中の彼との距離を縮めるために、LINEを活用する人も多いのではないでしょうか。

LINEには、既読機能がついており、既読をつけずに放置することを未読無視と言います。

この未読無視に頭を悩ませていないでしょうか?

 

前回は、片思いの男性からLINEの返信が来ないときの7パターンにて、

片思いしている男性からLINEの返信が来ないときって、かなりの不安になると思いますが、

もしかすると思っていることとは違う理由で返信が来ないという状況になっている場合もあり、

想定できる7つのパターンをご紹介しました。

今回は、男性が未読無視したときの3つの対処法についてお伝えします。

 

既読を付けて無視という状況は、彼も言い訳がしづらい理由から、

未読無視を選択することが、むしろ当たりまえのようになっていると思います。

友人同士のやりとりでも、最後は未読無視を意図的に行うことで、

 

「あ、何か用事ができて返信できなくなっているんだな」

 

という無言のメッセージを送ることができます。

未読という状態にすることで、言い訳の幅は広がり、ラクになれるからです。

 

ですが、

 

気になる彼からのメッセージが来ないというのは、とてもツライものですね。

今回は、LINEで未読無視になるパターンと対処法をお伝えします。

スポンサーリンク

 

【1】気付いていない

 

シンプルにメッセージに気が付いていないというパターンです。

これは本当に無視しているのかの判断が難しいのではないでしょうか。

あなたが無視されたと思い込んでいるだけとも言えます。

 

好きな人からメッセージが返ってこなかったら、かなり不安になりますね。

では、友達からだといかがでしょうか?

まったく動じない訳でなくとも、そんなに不安にはなりませんね。

 

この場合の対処法は、待つことです。

彼がどう思っているか、本当のところが分からないからです。

不安になった状態での行動と、安心感で満ちたときの行動とでは、

ついてくる結果も変わってきますので、不安のときはグッとガマンしましょう。

 

 

【2】意図的に逃げている

 

未読無視の場合、明らかに意図的なパターンが多いです。

むしろ、いつの間にか「暗黙の了解」のような状況となっています。

一体、いつ、誰がはじめて、どのように広まり、なぜ当たりまえになっているのでしょう。

 

既読をつけてしまうと、後から返信しなかった理由を考えなければいけません。

未読無視だと、その理由を簡単につくることができるからです。

誰だってラクになりたいと思うもので、そうした思いが今の状況を作っているのかもしれません。

 

そうなると、相手を責めても仕方がありません。

あなたの送ったメッセージに彼が面倒だと思わせてしまう内容はありませんでしたか?

あなた自身が気づいて改善することで、今後は良い関係を築くことができます。

自分が変化の中心となっていきましょう。

 

 

【3】ブロックされている?

 

可能性としては、ないとは言えないでしょう。

LINEではブロックされると本人には通知さません。

つまり、送ったとしても伝わっているのか永遠に分からないのです。

 

このような場合、判断の付けようがありませんね。

もしくは、片思いしている彼に好きな人ができて急展開になっている可能背もあります。

どちらにしても、相当なことではない限り、ブロックというパターンはないでしょう。

 

対処としては、これまでのLINE以外の状況も含め、心当たりがないかチェックしましょう。

そして、しばらくは片思いしている彼と距離をとることが必要かもしれません。

離れようとしている相手を追いかけても、余計に逃げてしまうからです。

 

ただ、人の気持ちは常に変化しているので、

クールダウンすれば、彼の気持ちも落ち着いてきて繋がりが持てることも十分にあります。

ツラいかもしれませんが、ここは待つ以外の対策はありません。

 

 

便利だからこそ、不安になりやすい

 

LINEを開発した目的は「コミュニケーションをより身近に」がコンセプトだと思います。

 

しかし、

 

それが全てにおいて機能するわけではありません。

身近になり過ぎて、かえって困るという状況もあります。

それは、実際に体験してみないと分からないことが多いです。

 

ですが、

 

落ち着いて、これまでの状況を思い出して改善していけば、

片思いをしている彼とうまくLINEを活用して繋がりをつくっていけると思います。

片思いが成就できることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連するお勧めの記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ