片思いの男性からLINEの返信が来ないときの7パターン


片思いの男性からLINEの返信が来ないときの7パターン

 

片思いしている男性と、やっとの思いでLINEで繋がれても、

返信が来ないということになってしまっては、

この片思いの恋は成就できないのだろうかと思ってしまいそうですね。

 

前回では、片思いの男性とLINEをするときの内容はどうすればいい?にて、

気になる男性とLINEをするときの内容に悩んでいる場合、

LINEというツールはあくまでも距離感を保つためのツールとして考え、

どのような視点で男性とメッセージのやりとりをすると良いのかをお伝えしました。

今回は、片思いの男性にメッセージを送っても返信が来ないときのパターンです。

 

LINEでは「既読」という機能が存在しますね。

今では、この既読機能を見越して「未読スルー」する人もいます。

どちらにしも、なぜ返信を返して来ないのか?

気になる男性であるだけに、きっとあなたも辛いのではないでしょうか。

 

一体、どういう理由で返事が返って来ないのでしょうか?

 

主な想定される7つのパターンをご紹介致します。

これは、あくまでも可能性のひとつとして参考にしてください。

スポンサーリンク

 

【1】単純に忙しかっただけ

 

返信に困ったわけでもなく、イヤというわけでもなく、

ただ男性の取り巻く状況が過密な状態であっただけというパターンです。

また、そのような状況だと精神的にも余裕がなくなってしまうので、

つい後回しになってしまうことは、よくあることです。

待つ立場としては、辛い瞬間かもしれませんが、

ちゃんとした理由があってのことならば、こじれないよう気を付けると良いでしょう。

 

 

【2】バッテリー切れ

 

スマホの充電がなくなったり、充電が切れそうな状態もあります。

まだ自宅に帰れない場合や、補助バッテリーを持っていない場合など、

急きょ充電できる措置がとれないときは、充電節約のために返信ができないこともあります。

また、運悪く圏外の場合もあるかもしれません。

 

 

【3】送ったつもりになっていた

 

自分のLINEの画面を再確認してみたら、送ってなかったということもあります。

メールのように送信エラーはほとんどないかもしれませんが、

その代わりに「送ったつもり」になっていたということがあります。

 

 

【4】「既読」になっていても読まれてない

 

既読にはなっているけど、中身を読んでもらえてなかったというパターンです。

出掛け先など、ゆっくりできない場合に多いケースです。

 

 

【5】内容が濃くて返信に困っていた

 

俗に言う「重たい」というヤツです。

気持ちを前面に出した内容を送ってしまうと返信に困ってしまいます。

大抵の場合、そのままスルーされて返信が来ないことが多いです。

基本的に自分の気持ちを伝えるときは、間接的に行うのは避けた方が良いでしょう。

 

 

【6】急に大事な用が入ってきた

 

気になる男性の周りで不慮の事故が起こった場合など、

急に何かが起こってしまったときなどは、LINEへの返信どころではなくなります。

この場合、メッセージが来ないのは当然なことと言えます。

 

 

【7】相手に興味がない

 

男性にとって興味のない人からのメッセージは、どうでも良いことなのかもしれません。

そうなると、メッセージそのものの返信の期待はかなり薄いと言えそうです。

この場合、返信がなかなか来ないどころか、返さないパターンが多いです。

もし返信が返ってきたとしても、素っ気ない内容がほとんどでしょう。

 

 

片思いの男性から返信が来ないなら?

 

片思いの男性からLINEの返信が来ないからと焦らないことです。

早まって気持ちを押し付けるような行動をすると、男性は余計に引いてしまいます。

また、返信がないのに更にメッセージを送ったり、催促を送ったりすることはやめましょう。

 

数日待って返信が来ないようであれば、潔く諦めることです。

思いを残して悩んでも、悩むだけ損するのは自分だけになります。

気にも掛けてくれない男性のために悩む時間をつくることは勿体ないことです。

 

これからの自分のために経験を生かして次に繋げていくようにしましょう。

良い恋愛ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ