B型の性格はどんな仕事が居心地よく能力を発揮できる?


b型 性格 仕事

 

つい思ったことを口に出してしまったり、

群れるのが苦手で和の中に溶け込めなかったり、

B型は対人関係が苦手なところがあったりします。

そんなB型の性格に向く仕事は何があるのでしょう。

 

社会生活にはコミュニケーションは必要です。

なので人間関係は避けては通れません。

 

だけど性格は表裏一体ななので、

状況によっては活かせるところもあるのです。

今回の内容を読むことでB型の性格の活かし方を知り、

職場での自分の居場所を考えるヒントとなるでしょう。

スポンサーリンク

とにかく1つのことに夢中になれる仕事

 

B型はとにかく没頭できる仕事が向いてます。

たとえば研究職やエンジニアや学者などです。

他には作家、漫画家、スポーツ選手もそうです。

 

1つのことにとことん追求したい性格なのでです。

そもそもがB型の思考が狭く深いからです。

なのでこのくらいでいいと妥協することなく、

とことん追求する仕事は相性が良いのです。

 

なぜならB型が一転集中型の思考だからです。

 

なので他の血液型にはマネできなほど、

驚くほどの結果を生み出すことができるのです。

B型は発想がユニークで常識にとらわれません。

常識で考えるA型を見ると変だと思うくらいです。

それは言い換えると常識知らずとも言えますが、

 

人とは違う発想ができるB型は自由とも言えます。

 

だからこそ追求する仕事だと生き生きしますし、

最大の長所を生かすことで才能も発揮されます。

ただ最大の長所は同時に一番の欠点でもあります。

 

どんな分野でも一流であれば、

自分の好きなこと以外はマネジメントしてくれるので、

自分の才能を伸ばすことだけ考えることができます。

プロスポーツ選手や売れっ子の作家などがそうです。

 

けど中小企業のサラリーマンとなれば話は別です。

自分の好みに関係なく売れるものを提供しなければいけません。

それに予算だって限りある中でやり繰りする必要があります

このように純粋に好きだけではやっていけない場合、

 

B型はやる気をなくして投げやりになってしまう・・・

 

という怖さもあります。

またB型は集中力が高いので周りが見えなくなり、

間違ったことをしてても突っ走ってしまいます。

B型に向いてるのは自分の好きなことのみに限られます。

その好きなことをする環境作りが能力を活かすカギです。

 

 

苦手な人といかに上手く付き合えるか

 

残念ながら好きなことを仕事にできる人なんて、

ほんの一握りの人達だけなのが現実です。

多くの人は好きでもない仕事をしています。

なので好きなことに集中できる環境は得難いです。

 

だとしたらB型が充実した仕事をしていくには、

どんな方法や考え方をすればいいのでしょうか。

それはB型の性格の問題を見つめる必要があります。

 

B型がトラブルを起こしやすいのは人間関係。

 

どうも相手に愛想がなく思われてしまいます。

それは自分の感情をそのまま表現してしまうので、

それがかえって受け入れられない人もいるのです。

相手がどう受け止めるかまで気が回らないからです。

たとえば気が乗らない仕事なんか頼まれると、

嫌なのがすぐに顔に出てしまうといった感じです。

 

ということはサービス業は向いてないと言えます。

営業や顧客にへの対応はB型にとっては苦痛です。

どれだけ技術や知識があってもスムーズに進みません。

 

お客としての対人関係が向いてないのもそうですが、

職場の人間関係においても同様のことが言えます。

けどどんな仕事も人と関わらない仕事はありません。

なのでできる限り没頭できる環境に身を置くこと。

全ては無理でも割合を増やしていくことが大切です。

 

また開業医や美容師は専門性のある仕事で、

一見するとB型に適性がありそうですが、

こうした職業は人間関係の割合が大きいです。

なのでB型にとっては向いてない仕事と言えます。

 

ただ好きなことも嫌いなこともする必要がある

 

これは仕事において必ずあります。

1つのことに集中して極められる性格は貴重です。

けど世の中、それだけでは渡っていけません。

そうなると対人関係のスキルは大切になってきます。

上司に好かれるかで昇進が決まるのが良い例です。

 

なのでB型が仕事で上手くやっていくには、

周囲の人に気を配るという意識を持つことが大切です。

相手に悪い印象を与えないような心掛けをするだけでも、

また礼儀や言葉遣い、そして表情も気を付けていけば、

職場の人間関係が極端に悪くなることはありません。

 

 

B型が上司になるとどんなタイプ?

 

B型が上司になるとどうなるのでしょう。

実は自分の考えや価値観を強要するタイプになります。

 

「それは違うと思います」

 

と自分の考えを否定されてしまえば、

その何倍もの勢いで部下を攻撃しようとします。

そしてそのときの言い方にもトゲがあり、

傷付くような言葉もつい言ってしまったりします。

その上その後にフォローすることもありません。

 

B型の上司にとっては言わなければ伝われない・・・

という考えがあるのでそれを実行したまでで、

相手がどれほど傷付いたなんて考えてません。

こうした上司と上手く付き合っていくには、

 

変わってくれるのをあきらめて割り切ること。

 

しかもB型の上司は筋が通ってることが多いので、

話の内容だけを聞くような意識が大切です。

それに分からないことがあれば素直に聞けば、

意外と分かりやすい答えを返してくれたりします。

 

またB型は自分の考えを認められると喜ぶ性格です。

なので自分も同じだと思ったことは伝えることで、

良い関係性を築いていくことができるでしょう。

ただしお世辞は見破るので注意です。

 

 

B型が部下になるとどんなタイプ?

 

B型が部下の場合は要領がよくありません。

その代わり1つ1つの仕事はしっかりやります。

なぜなら熱中して他のことが目に入らないからです。

なので複数を同時進行して行うような仕事をすると、

他のことがほったらかしになる傾向があります。

要領が悪いとは段取りや手際が悪いというのではなく、

単に意識がそっちに向かないからなのです。

 

なのでどんなに仕事ができても、

全てを任せてしまうと上手く回せなかったりと、

バランスの悪いところがあります。

 

またB型の性格で問題になるのが、

上司が相手でも思ったことをストレートに言うため、

生意気に思われて関係性がぎくしゃくすることもあります。

 

こうしたB型の部下は単体で活動するより、

フォローしてくれる人と組ませると良いです。

マネージャー的な役割がいると人間関係も良好で、

B型自身も伸び伸びと仕事をすることができます。

 

また一度にいろんな仕事を任せるのではなく、

1つの仕事が終わったら次の仕事を与えるなど、

指示の仕方を変えることえ上手く扱うことができます。

その方が効率も上がって内容も良くなるでしょう。

 

 

少しずつでも自分の居場所を作る意識

本日のまとめ:

  • とにかく1つのことに夢中になれる仕事
  • 苦手な人といかに上手く付き合えるか
  • B型が上司になるとどんなタイプ?
  • B型が部下になるとどんなタイプ?

 

今回の内容はいかがでしたでしょうか。

全てが自分の思い通りになることはないですよね。

特に仕事ではその逆のことの方が多かったりします。

部署も上司も自分好みに選べるわけがありません。

 

けど100%思い通りにならないこともないと思います。

苦手な相手でも表情だけは意識して変えてみたり、

一人で集中できそうな仕事を希望してみたり、

 

できるところから自分の居場所を作っていきましょう。

 

そうすることで1%でも居心地が良くなっていき、

辞めて苦労する・・・なんてこともなくなると思います。

本当に精神的に辛いなら仕事を辞めるべきですが、

上手く立ち回ることで改善できることもあると思います。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ