好きな人が彼女持ち…どうしてこんなに辛い思いばかりなの?


好きな人 彼女持ち 辛い

 

いけないことだとは分かっているのに・・・

だけど好きになってしまったから諦めきれない。

好きな人が彼女持ちだと不安や苦しさも大きいですね。

では、どうして辛い恋愛ばかりになるのでしょう。

 

前回のO型男性は性格が悪い!?基本的な7つの特徴を紹介。では、

恋愛においてO型男性のイメージは性格が悪いと言われたりしますが、

本当はどうなのか男目線から見たO型男性の性格をお伝えしました。

今回は、彼女持ちの好きな人を振り向かせる方法についてです。

 

片思いで辛いことのひとつは、

好きな人が既に彼女持ちだったということです。

フリーなら振り向かせることに頑張ることができますが、

 

彼女持ちなら諦めるという狭間で揺れてしまいます。

 

それってどうしようもない辛いことのひとつだと思います。

それが1回や2回ならまだしも常に彼女持ちばかりだと、

もう恋愛することすらダメなのかと思ってしまいそうですね。

こんな状況をどうやって変えていけばいいのでしょう。

スポンサーリンク

 

恋愛と企業が即戦力を求める心理

 

若い頃というのは周囲の年齢も若く、

年上の男性と言っても独身の人も多いものです。

当然、彼女のいないフリーな男性も必然的に多くなります。

 

ですが年齢が1つ上がるにつれて、

自分の見る男性の年齢層も少しずつ上がっていきます。

たとえば学生の頃は同じ学校の同級生や先輩が恋愛対象でしたね。

あるいは学校の先生に恋心を抱くとしても20代が多いと思います。

 

それが社会人になると自分の視点はもっと上になりますね。

OLが高校生に恋をするなんて話は珍しいケースではないでしょうか。

そうなると知り合う男性も彼女持ちが増えるのも自然なことです。

 

また一方で魅力的な男性に惹かれるのが自然なことです。

そういった魅力的な男性とは既に磨かれているケースが多く、

そのような男性は彼女持ちというのが多かったりします。

 

これは既製品を求める心理と言われます。

 

魅力のない男性を育てようと思う女性は少ないと思います。

なぜなら、その時点でその男性には魅力を感じないからです。

異性として魅力を感じるからあなたにとっての好きな人になる・・・

もちろん、それが人間の心理であり、ごく自然なことです。

 

これは恋愛に限らず物事全てに当てはまることです。

たとえば企業が即戦力を求めることにも当てはまります。

 

企業だって新入社員を一から育てるよりは、

既に力のある即戦力を雇う方が断然良いのです。

なぜなら人を育てるのに掛かる費用がバカにならないからです。

誰だってコストも抑えてすぐ役立つ方が良いに決まってます。

 

つまり恋愛における既製品を求める心理は同じなのです。

 

逆に男の場合でも可愛い子には大概彼氏がいると思われます。

そんなに可愛いのに他の男がほっとくわけがないと思うのです。

そして彼氏の存在を聞いてみると案外彼氏持ちだったりします。

人間は既に魅力的なものに惹かれる傾向にあるものなのです。

 

 

どうして私は2番手何だろう?

 

好きな人はいつも彼女持ちだけど、

それで上手くいったとしても2番手止まり・・・

これも辛い恋愛になってしまうことのひとつだと思います。

 

「いつまでもこんな関係続けちゃだめ・・・」

「どこかではっきりさせないと・・・」

「このままずるずる引きずっても良いことない!」

 

頭では分かってるんだけど辛いものですよね。

好きな人が彼女持ちの場合は、選ばれない2番手。

好きな人が結婚している場合は、泥沼の愛人関係。

 

だけどこれ以外にも別のパターンがあったりします。

彼が仕事や友人付き合いや趣味が1番というパターンです。

これも2番手止まりになってしまう原因だったりします。

いずれにしても共通していることは、

 

彼にとってあなたの存在の優先順位が低いということです。

 

ここでどんな方法や出会い方をすればいいかと考えがちですが、

実は自分の内面のあることに目を向ける必要があるのです。

それが彼の優先順位と大きく関係していると言えます。

 

 

なぜ彼女持ちばかりを引き寄せてしまうのか

 

なぜ、好きな人がいつも彼女持ちなのか。

なぜ、自分だけがこんなにも辛い思いばかりなのか。

いつも同じパターンで苦しんでると不思議に思いますよね。

 

だけどこれ、自分が優先順位が低いからかもしれないのです。

 

それは、本当に彼氏が欲しいと本気で思っているのか。

自分ではそんなつもりは全くないと思っていたとしても、

実は無意識に求めないようにしてたのかもしれないのです。

 

それは自分自身の心の中をよ~く覗いてみると、

自分が彼氏を作ることの優先順位が低いことに気付けます。

たとえば以下のようなことがあったりします。

 

  • 別れた元カレのことが許せない気持ちが残っている
  • このままずっと一緒だと思ってたのに突然の別れにショック
  • 家庭環境が悪い中で育ってきて未だに傷が癒えていない
  • 父親が仕事に逃げていて家庭を顧みない人間だった
  • 他にやりたいことを犠牲にすることに対する恐れ
  • すぐに好きな人ができるしもっとたくさん恋愛がしたい
  • もっと甘えさせてくれて一緒にいて楽しい人がいい
  • もし付き合って他のことが蔑ろになったらどうしよう

 

いかがでしょう、

何か思い当たる節があったりしませんか?

優先順位が低いから恋愛ができないと言ってるわけではありません。

こんなことは誰もが心の中で抱いていることでもあります。

 

大切なのは本当の自分はどう思っているのか?

 

ということに気付いておくことが大切なのです。

気付くことはそのまま心の中で覚悟を決めることができます。

恋愛が上手くいく人といかない人の違いはここにあります。

もちろんこれだけとは言い切れませんが大きな要因のひとつです。

 

 

一度、自分の目的を明確にする必要がある

 

では、一体どうしたらいいのでしょう。

このままだと一生恋愛ができないとも感じてしまいますね。

だけどそれは自分の目的を明確にすることが第一です。

 

紙とペンを用意して一度書き出してみましょう。

あなたが好きな人に求める条件をできれば100個書きます。

100個と聞くとそんなにあるわけないと感じるかもしれませんが、

パッと思いついたテキトーなことでも構わないのです。

 

たとえば彼の趣味は○○とか、こんな○○な性格の人は嫌とか、

車を所有しているとか、1人暮らしとか、筋肉質な身体とか、

とにかく些細なことでも紙に書き出すという作業をします。

 

こうやって一度自分の求めるものを意識上に出します。

次に恋愛に重要となってくる考え方についてお伝えします。

とは言っても非常にシンプルなたった1つのことです。

 

それは、どうやって相手を喜ばせることができるだろうか。

 

このように”与える”という意識を持ってほしいのです。

これは気を遣って自分を犠牲にするという意味ではありません。

それは自分を守るという自分中心の考えになってしまいます。

 

好きな人の前では与えるという意識で接してほしいのです。

というのも世の中与えたものだけが返ってくる仕組みだからです。

結局、自分の意識が低いので相手の意識も低くなるのです。

なのでいつも彼女持ちの男を引き寄せてしまうのです。

 

けど、これだけのことで自分を変えることができます。

自分が変われば見える世界が変わってもくるのです。

他人や出来事を変えるのは難しいですが自分なら楽です。

些細なことでも与える意識を持つように心掛けましょう。

 

理想の恋愛が実現できることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ