片思いでやってはいけないこと!男性が嫌うたった1つの心理


片思い やってはいけないこと

 

好きな人に愛されないって辛いことですね。

恋愛は両想いより片思いの方が楽しいとも言われますが、

やはり気になる男性には振り向いて欲しいのが本音ですね。

そこで片思いでやってはいけないことについて知ってみませんか?

 

前回の友達から恋人になる瞬間を作って恋愛を進展させる方法では、

友達関係として慣れてしまうとそこからの発展が難しくもありますが、

恋人になるためのポイントと注意すべき点についてお伝えしました。

今回は、片思いでやってはいけないことについてです。

 

片思いを成就させたいならその方法を知りたいですね。

あるいはやってはいけないことも同時に知りたいですね。

たとえば以下のような内容などはどうでしょうか。

 

  • 常に彼を優先していないか
  • メールの内容が重たくなっていないか
  • 他の女の子といることに嫉妬しない
  • SNSでリア充を発信し過ぎない

 

これは考えられるものをパッと出してみましたが、

確かにこうした行動を意識することは大切なことです。

 

だけど本当の意味でやってはいけないことってあるんです。

 

それはあなたの本当はどう思っているかに直結しているのです。

今回は片思いだけでなく恋愛においてやってはいけないこととして、

男性が離れてしまう重要な要素をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

 

自分の欲求に気付かないと恋愛は失敗する

 

好きという気持ちは常に変化しているのをご存知でしょうか。

最初に好きになったときとその後の好きの感情は変わります。

よく彼のことを思うとどんどん好きになるのがよい例です。

 

  • だけどこれって同時に嫌われたくない・・・
  • とか、何とかして彼と付き合いたい・・・
  • または、他の女に盗られたくない・・・

 

という気持ちもどんどん大きくなっていくんですね。

この気持ちが緊張や気を使い過ぎて自分を出せなくなります。

そうするとあなたの魅力を十分に出せなくなってしまうんです。

とても皮肉で好きになり過ぎて上手くいかなくなるのです。

 

上記のような気持ちは言い換えると「欲求」です。

そして恋愛で重要なのは欲求を捨てることにあります。

だけど感情って目には見えないので気付き難いんですね。

 

たとえば人前に出ると緊張して上手く話せないとき。

何とか緊張せずに話したいと思ってもコントロールできません。

それどころか緊張しないよう意識すればするほど緊張する。

 

それって上手く喋ろうと「欲求」があるだけなんです。

 

けどそれも頭では分かっていたとしても、

実際にそうした場面になるとやっぱりコントロールできません。

好きな人の前で緊張することだって同じではないでしょうか。

なので答えは自分の欲求がやってはいけないことになります。

では、この欲求に対する対処法はどうすればいいのでしょう。

 

 

恋愛は自分の感情と上手く付き合うこと

 

自分の感情と上手く付き合うにはバランスが大切です。

それは先ほどの項目でもお伝えしたように、

 

自分の欲求を捨てることなのです。

 

では捨てるとは具体的にどういうことなのでしょう。

それはとてもシンプルで「そうなってもいい」と思うことです。

彼に嫌われもいいとか、付き合えなくもいいなどです。

 

もちろんこれは心構えとして意識するだけで、

実際に嫌われる行動を取るとかそんなことではありません。

ここでお伝えする重要なことは心のバランス感覚なのです。

 

だけどこんなこと意識するのって凄く抵抗がありませんか?

たとえばあなたの嫌いな人を1人だけ想像してみて下さい。

その人に向かって「好きです」と心の中で囁いてみて下さい。

 

ものすっごく心に抵抗感が出なかったでしょうか。

まさしくこの抵抗感がアンバランスである証拠なのです。

要はこのバランスを整えることが核心の部分なのです。

 

 

心のバランスを整えるシンプルな方法

 

人が一番魅力的な瞬間ってどんなときでしょう。

またはあなたが彼を素敵だと感じた瞬間は何でしょう。

 

それは「自然体」でいるときではないでしょうか。

 

そういうことなのです。

僕達は自然体でいることが一番魅力的なんです。

そしてその魅力は周囲の人達にも影響を与えます。

だからこそ彼に魅力的に感じたのではないでしょうか。

 

なので自然体で接すればいいだけなのです。

だけどこれが難しく感じてしまって上手くいかないんですね。

なぜなら自分の感情をコントロールできないからです。

 

それもそのはずで感情は潜在意識がコントロールしているからです。

 

ということは意識で頑張ろうとするのではなく、

潜在意識に働き掛けるような行動が必要になってくるのです。

ではその方法とはどんなものなのでしょう。

 

「ま、別にいいや!」

 

たったこれだけです。

拍子抜けするくらいシンプルです。

だって嫌われたくないとか付き合いたいと思えば思うほど、

それは欲求となって失敗を招いてしまうことになりますね。

そして心のバランスを保つことが重要だと言いましたね?

 

なので欲求に対して「別にいいや!」なのです。

 

ただ1回や2回で簡単に解決できるものではありません。

潜在意識とは繰り返しの行動を優先するという特徴があります。

なので普段からこの心構えを意識として持っておく必要があります。

最初は感情がコントロールできなくて辛いかもしれませんが、

少しずつあなたの望む方向へとシフトしていけるのです。

 

 

モテるモテないも紙一重

 

よく30代40代の男性はモテるなんて聞きませんか?

それはそうした男性には欲求なく女性を褒めるからです。

20代の男性は意識し過ぎたりカッコつけてしまいます。

その心の奥には付き合いたいとか身体の関係を持ちたいとか、

 

自分の欲求があって隠そうとするからなんですね。

 

自分を隠して相手の心を開くことができるでしょうか。

そんなことは特定の専門家でもない限りは不可能だと思います。

やはり自分から心を開かなくては相手も開くはずがありません。

 

こうした自分から開示する姿勢を「与える」と言います。

 

そして世の中は恋愛に限らず与えてものが返ってくるだけです。

あなたが手に入れたいものがあるならまず先に与えることなのです。

僕も以前は女の子の前では緊張してカッコつけるばかりでした。

けど自分の欲求を捨てて自分の気持ちに素直になろうと決めました。

 

「よく見ると、可愛いね!」

「○○なところが素敵だね!」

 

欲求を捨てると言い難い言葉が簡単に言えるようになりました。

そうすると今まで女性と接するのに苦手意識を持っていたのが、

空の雲が引いていくようにすっきりと晴れていったのです。

 

また片思いを成就する方法として、

引き寄せの法則を活用して理想的な特定の人と恋愛はできる?にて、

片思いの男性との距離を縮め方も書いてるので参考にして下さい。

 

より魅力的な女性になれることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ