好きな人が目をそらすのはなぜ?男性の本音を知る恋愛心理


好きな人が目をそらすのはなぜ?男性の本音を知る恋愛心理

 

好きな人から、

急に目をさらされると不安になりませんか?

男性は、なぜ目をそらすことがあるのでしょうか。

 

前回は、彼氏が欲しいあなたが好きな人を作るための3つの出会い作法にて、

彼氏が欲しいけどなかなか好きな人をつくることができないときの、

出会いに対する意識の変えて良い出会いに繋げる秘訣をお伝えしました。

今回は、好きな人が目をそらす男性の本音についてです。

 

別に何とも思わない異性に目をそらされても、

 

「ふ~ん、あっそ」

 

みたいな感じで、そこまで感情的にはならないと思います。

ところが好きな人と目が合った瞬間にプイッと目をそらされると、

 

「なんで、どういう事!?」

 

このように不安になったり、次第にイライラしてきたりと、

情緒不安定になって、他のことが手を付けられなくなったりしますね。

スポンサーリンク

 

男性が目をそらす心理とは?

 

男性が女性を見るときと、女性が男性をみるときとで、

その意味が全く違うというのをご存知でしょうか?

 

男性が女性を見る = 女性を落とすため

女性が男性を見る = 男性を観察するため

 

ここに見ることにおける違いがあるのです。

男性と女性で視線の意味が全く異なるため、

男性の視線の意味するところを理解し辛いのは仕方がありません。

 

では、

 

基本的に、男性が目をそらす心理とは、

 

  1. 相手の女性に興味がない
  2. 自分には敵わないからあきらめている

 

大きくこの2つに大別されます。

 

いかがでしょうか、

前提が「落とす」ことになっていると思いませんか?

 

なぜ男性が「落とす」ことが前提で女性を見るのかと言うと、

狩猟時代は、獲物を捕まえるために視覚からの情報が重要だったからです。

 

反対に、

 

女性が「観察」することが前提で男性を見る心理とは、

良い子供を産むために、男性が健康か、優秀かなどを、

視覚だけでなく、嗅覚や触覚などを活用して観察するためです。

 

男性の本音、

少しはお分かり頂けたでしょうか。

 

 

目をそらす男性心理の見分け方

 

目をそらす行為は、

 

心理的な行動の断片でしたかありません。

 

なので目をそらすだけで「あの人はこうだ」と判断しきれないのです。

目をそらすという仕草の前後の行動はいかがでしょうか?

 

大切なのは、

 

目をそらすことだけに意識を囚われるのではなく、

 

普段の生活において、その「そらす」行動に一貫性があるかどうか。

 

普段の彼の、あなたへの接し方で判断することが大切なのです。

 

あなたが知らないところでは、彼は見ているかもしれませんし、

あなたが話し掛けようとすると、彼は避けるかもしれません。

 

男性が目をそらす前後の動きをよく観察しましょう。

 

女性は観察力が非常に優れています。

冷静に彼の動きを観察していれば、自然と答えが見いてきます。

 

 

男性が好意があるときの視線とは?

 

では男性が好意があるときの視線はどうでしょうか。

 

それは、

 

  • 会話をしているときに相手の目を見て話す
  • つい気持ちを隠したくてそらしてしまう
  • 女性を落とすことができるかどうか見極めている

 

など、いろいろとありますが、

結局のところ、これも視線の前後の行動に一貫性があるかどうかです。

 

つまり、

 

視線とは、ひとつのキッカケに過ぎないのです。

 

たとえば僕の場合、

視線を送るよりは好きな人の近くに寄って、

 

その女性の空気や雰囲気を感じたいと思ってしまいます。

 

見ることより感じたいのです。

これは視覚より感覚を重視していると言えます。

このような場合、視線だけでは真実を判断しきれません。

 

なので、

 

視線の前後の行動に一貫性があるかどうかが重要なのです。

 

 

人は皆、どこかで怖さを持っている

 

目をそらす心理として、

 

知らない人とは、目を合わせない心理があります。

 

親しくない相手とは、無意識に視線をそらしてしまうのです。

こうすることで心理的距離感を調節しています。

 

だからこそ、

 

  • 男性は女性を、落とすことができるかどうかを見る
  • 女性は男性を、優秀かどうかを観察する

 

この2つが言えるのではないでしょうか。

男性と女性は、やはり違うもの。

その前提で接することで、相手を冷静に見つめることができると思います。

 

素敵な恋愛ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ