ウォーキングダイエットの成功を早めるもう1つの簡単な方法


ウォーキングダイエットの成功を早めるもう1つの簡単な方法

 

運動の必要性と手軽に始められる理由から、

ウォーキングダイエットは非常に行いやすいですね。

だけど手軽に行えるだけに効果があるか不安になりませんか?

そこであることで成功を早めるもう1つの方法があるのです。

 

前回は、ダイエットのリバウンドを無理なく防止するシンプルな思考法にて、

ダイエットで最も怖いのは元に戻ってしまうリバウンドすることですが、

方法ではなくある重要な防ぐための思考法についてお伝えしました。

今回は、ウォーキングダイエットを成功させるもう1つの方法です。

 

ウォーキングダイエットで痩せることに成功した人は、

1日にどのくらいの頻度や距離、そして時間をかけて、

どのくらいの期間でどれだけ体重を落とせたいのでしょう。

また食事管理はどのように行ったのか気になりますね。

痩せたいのだから気になって当然のことだと思います。

 

実はダイエットに重要なのは運動より食事の内容の改善です。

 

しかし、同時に運動も行えば成功は高まるのも確かです。

筋トレに有酸素運動の組み合わせはダイエットの王道と言われています。

しかし運動が苦手なら、いくら王道の方法でも続けるのは困難です。

 

そこで気軽にできるウォーキングダイエットはお勧めでもあります。

だけど運動量が少なく効果があるのかが気になりませんか?

そこでもう1つの簡単なあることを組み合わせることで、

ウォーキングダイエットの成功を早める方法をお伝えします。

スポンサーリンク

 

使わないとどんどん退化する身体

 

これは誰もが知ってる当たり前のことですが、

身体は使わなければどんどん退化していきます。

 

しかし、会社ではデスクワークが中心で動くことがほとんどなく、

休日などのプライベートでも家の中で過ごすことが中心だったり、

僕達は歩くことすらあまりせずに生活することができます。

 

それは10代であっても年々運動能力は低下傾向にあります。

戦時中や戦後間もない時代と比べれば一目瞭然です。

その上、食生活の自由化が進んで太りやすい食べ物も増えました。

 

いつの間にか太りやすい生活習慣と、太りやすい食生活へと変貌したのです。

 

近年、肥満の増加が後を絶たないのは当然かもしれません。

また身体は使わないと退化するだけでなく精神面にも影響します。

何か新しいことをはじめるのに面倒に感じることはありませんか?

こうした目には見えない気持ちの面でも影響が及んでしまうのです。

 

 

ウォーキングはどのくらいの期間で痩せる?

 

そこで手軽にできるウォーキングは、

今からダイエットをはじめる初心者には特にお勧めです。

靴やウエアさえあれば、お金が掛かることもありません。

そして人は立つ・座るより、歩く姿勢が基本なのだそうです。

 

つまり身体の調子が悪いなら歩くことが良いのでそうです。

 

週2回、30~60分程度で気持ち強めに歩くだけ、

他にはエスカレーターやエレベーターをやめて階段を使ったり、

とにかく普段の日常では歩くことを意識するようにすれば、

 

3ヶ月もあればかなり身体の変化は期待できます。

 

もちろん個人差はありますが、

1日8000歩を目安に歩くことは、

ダイエットだけでなく健康にも非常に効果があります。

 

本来、食事の内容を改善することを中心として、

食べ過ぎに注意すればそれだけで自然と痩せることができます。

なぜなら食品添加物が栄養の吸収を邪魔して太りやすくするからです。

過度に運動を増やせば食欲増進作用が拍車を掛けてしまいます。

なので痩せるためならウォーキングだけでも十分なのです。

 

 

むくみ解消にも効果抜群の「逆立ち」

 

だけどせっかくウォーキングダイエットを取り入れるなら、

しっかりと効果を出して1日でも早く成功を手に入れたいですね。

実際にウォーキングは運動強度が低いのが気になるところです。

 

痩せるためには脂肪を燃焼させることが重要です。

脂肪を燃焼させるための運動は有酸素運動を行うことです。

しかし運動強度が低いと有酸素性は上がりますが運動量が下がります。

運動量が下がることはカロリー消費がその分落ちるので、

 

ウォーキングだけでは時間効率が悪いのです。

 

だけどそれは運動を中心に痩せようと考えるからです。

痩せるならあくまで食事の内容を改善することが大切です。

それでもウォーキングの効果を上げるなら「逆立ち」です。

 

逆立ちをするとだんだんと頭に血が上ってきます。

だけど足は普段から心臓の下にあるのになぜ血が上らないのでしょう。

それは筋肉が静脈にある血液を心臓に戻してくれているからです。

 

逆立ちをすることとダイエットと何の関係があるのかというと、

顔や下半身のむくみがスッキリする効果が得られたり、

筋力が強化されて肩こり首こりの改善効果があるのです。

 

また筋肉は老廃物を運ぶ血流の巡りを促進する働きがありますが、

腕、背中、肩を自分の体重を使って鍛えることで、

美容の大敵でもある老化を防ぐこともできるのです。

そして同時に姿勢を良くする効果もあります。

 

だけどいきなり逆立ちできない人もいます。

その場合は頭を着けて壁に向かって3点倒立をすると良いでしょう。

何も逆立ち倒立ではなく壁に向かって逆立ちができれば十分です。

 

最初は体重が支えられずに腕がすぐ振るえてしまうことでしょう。

また持続できるようになれば頭に血が上って顔が赤くなりますが、

それこそが普段から使われていないからこそなのです。

 

 

運動が苦手ならウォーキングと逆立ちだけで十分

 

もし、あなたが運動が苦手だけど、

運動がダイエットためにやらなければいけないと思うなら、

そのこだわりを思い切って捨ててしまっても問題ありません。

なぜなら、これまで何度かお伝えしたしましたが、

 

痩せるには食事の内容を改善することこそが第一だからです。

 

またもう1つ重要なことがあります。

痩せた生活習慣が当たり前にならなければ、

かなり高い確率でリバウンドが待っているということです。

仮に運動が苦手なのに頑張って痩せることができたとしましょう。

あなたは目標体重まで落とすことができましたがその理由は、

体重○○キロまで落とすという明確な目標があったからです。

 

しかし、その先はいかがでしょうか。

この先、何十年と生きていく中で理想のスタイルを維持することは、

目標というよりは生活そのものになっていなければ維持できないのです。

なのに苦手なものを無理して成功を勝ち取ったとなれば、

それを継続し続けるのはほぼ不可能なことなのです。

 

それどころかより美しくなろうとエネルギーが湧いてきません。

 

だからこそ、特に運動が好きでもないなら、

運動を中心としたダイエットへのこだわりを捨てるべきなのです。

ウォーキングダイエットは気軽に散歩する気分でもはじめられます。

普段の日常にちょっとした意識で組み込むことが可能です。

逆立ちにしてもせいぜい1分もできれば十分ではないでしょうか。

 

人生の成功を手に入れられることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ