ダイエットのために運動をしても何故か痩せない5つの事実


ダイエットのために運動をしても何故か痩せない5つの事実

 

スポーツジムまで通ってダイエットしてるのに、

筋トレと有酸素運動をして食事制限もしてるのに、

どうして頑張って運動をしているのに痩せないのでしょう。

それは今回お伝えする運動の事実を知らないからかもしれません。

 

前回は、無理しないダイエット!足し算と引き算のバランス感覚にて、

ダイエットに必要なのは継続することですがそれでも痩せない人へ、

足し算と引き算で無理しなくても痩せる考え方をお伝えしました。

今回は、ダイエットで運動しても痩せないことについてです。

 

意外と多いのが運動しても痩せない・・・

このような悩みを抱える女性はとても多いです。

 

ランニング、筋トレ、エアロバイク、ウォーキングなど、

ダイエットの王道とまで言われているこれらの方法ですが、

なぜ、このような運動しても痩せられないのでしょうか。

 

そのためにはまず痩せない事実を知る必要があります。

痩せるための運動や知識ばかりを探し求めても痩せません。

なぜなら太る原因は個人によって異なってくるからです。

 

病気になればどんな病気なのか特定しなければ薬を処方できないように、

体重が増えて体型が緩んできたのならその原因を知る必要があるのです。

なので運動をしても痩せないなら何が原因かを知ることが重要です。

今回お伝えする内容で、ぜひ自分の原因を探ってみて下さい。

スポンサーリンク

 

【1】身体の水分量が増えている

 

運動をすれば消費カロリーが上がります。

なので運動をすれば痩せられると考えがちですが、

身体は疲労すれば回復する度に強度が増していきますね。

筋トレをすれば筋肉が増えることからご存知かと思います。

 

しかし、同時にエネルギーを蓄えたり水分量も蓄えるのです。

 

そうなるともちろん体重も増えます。

腕や脚が張って大きくなると感じて嫌がる女性もいますが、

それは筋肉中の水分量をたくさん蓄えるようになるからです。

 

運動をやめたら2週間で2~3キロ痩せられることもあります。

効果がでなくなれば身体が慣れてマンネリ化している場合があるので、

無理に続けることよりも一旦やめてみると良いでしょう。

 

 

【2】運動すればするほど食欲が増す

 

運動をして身体が疲労すれば、

回復の度に身体の強度は増していくようになります。

それは回復のために必要な栄養を身体が求めることになるので、

 

食への欲求が増してしまうということになるのです。

 

運動をしているから大丈夫と食べてしまってませんか?

確かに消費カロリーが増えるので痩せるのは正しいですが、

つい食べ過ぎてしまうという心の油断はつきものですし、

食べ過ぎてなくてもエネルギーを取り込みやすくなっていきます。

 

楽しくて仕方がないという人なら話は別ですが、

もっと自分に合う方法を探してみてもいいですし、

無理して続けるくらいならやめた方がかえって痩せらるので、

悪循環だなと気付いたら今の状態を続けないことが大切です。

 

 

【3】有酸素運動は効率が悪い

 

脂肪を燃焼させるための王道と言えば有酸素運動ですね。

これは酸素を利用して体内のエネルギーを消費する運動ですが、

運動強度が低ければ低いほど有酸素性は高くなります。

 

だけど運動強度が低いと、運動量が減ってしまうのです。

 

ということは十分な消費カロリーを得るために、

かなり長い時間を必要とすることになるのです。

1日は24時間しかなくて仕事をする人がほとんどです。

その中で毎日、膨大な時間を作ることはほぼ不可能です。

 

でも短時間で効果を出そうと強度を上げると、

今度は有酸素性が低くなってエネルギーが使われません。

脂肪の燃焼はおよそ20分後からはじまるので、

そこからどれだけ時間を掛けるかが重要となるのです。

 

 

【4】筋トレしても代謝は上がらない

 

消費カロリーに次いで意識するのが基礎代謝ですね。

基礎代謝とは何もしなくても消費されるエネルギーです。

つまり生命維持に使われるエネルギー消費のことを言います。

なので基礎代謝が上がれば脂肪も燃焼されやすいと言われます。

そこで筋トレをして代謝を上げようというわけです。

 

しかし、基礎代謝の8割が筋肉ではなく臓器なのです。

 

筋トレをして痩せようというのは実は非効率なのです。

ボディビルダーでも筋肉を1キロ増やすのに1年も必要とします。

僕達のような仕事や付き合いで毎日忙しく過ごしていく中で、

筋トレをして痩せようと考えるのは非常に難しいのです。

 

 

【5】何より運動はストレス過多

 

ダイエットの王道のひとつに運動があります。

筋トレで基礎代謝を上げて脂肪を燃焼させるホルモンを分泌して、

そこで有酸素運動を行うことで効率的に脂肪燃焼を狙うのです。

確かにこの方法は一般的で確立されています。

 

しかし問題は、この確立された方法が継続できない・・・

 

何よりも続けることができず挫折する人が多いのです。

なぜなら運動が非日常的でストレスとなってしまうからです。

どこかで「やらなければ・・・」という気持ちがありませんか?

週に1回程度なら、それでも何とか継続することができるでしょう。

しかし、毎日のこととなるとさすがに難しいのではないでしょうか。

 

 

運動しても痩せないときのたった1つの特効薬

 

効果が出ないけど続けている人は案外多いと思います。

もし運動をやめてしまえば太るんじゃないか心配になりますね。

確かに太ることは嫌ですし怖いことでもありますが、

 

勇気をもって運動をやめて、食事の改善に努めましょう。

 

それがダイエットで最も効果のある方法です。

シンプルに食べなければ痩せられるのですが食事制限ではなく、

食べ過ぎに注意しながら食事の内容を改善していくことです。

 

食事制限だけしても僕達の生きる世界には、

着色料や保存料などの添加物だらけの食べ物で溢れています。

これが消化を悪くして栄養を吸収できなくさせているのです。

 

なので身体は必要な栄養素を求めて常に空腹という信号を出し続け、

それに拍車をかけるように運動で食欲が増してしまえば、

痩せない循環になってしまっても当然と言えるのです。

そんなせっかくダイエットして逆に太りやすくならないように、

食事の改善を一番に大切にしていきましょう。

 

理想の人生を手に入れられることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ