ダイエットに必要な2つの栄養!これが不足すると痩せれない


ダイエットに必要な2つの栄養!これが不足すると痩せれない

 

栄養不足だと痩せないと聞いたことがありませんか?

実は必要な栄養不足することは太る原因でもあるのです。

そこでダイエットに必要な2つの栄養についてご紹介します。

 

前回は、ダイエットしても痩せない理由は非常にシンプルなこの2つにて、

なぜ同じダイエットをしても痩せる人と痩せない人が出てきてしまうのか、

成功の概念とも言えるシンプルな2つの理由についてお伝えしました。

今回は、ダイエットに必要な栄養についてです。

 

健康だと思って食べていたものが、

実は太る原因になっていることはよくあります。

運動しても食事制限をしても痩せることができないのは、

 

ダイエットを意識することで必要な栄養が不足するからです。

 

だけどなかなか痩せられないときというのは、

何が原因なのか分からなくて辛くなることが多いですね。

原因が分からないので途中で挫折してしまう人もいます。

 

そもそも僕達の住む環境では、

24時間いつでも簡単に食べたいものが食べられます。

だけど本来はそのこと自体が不自然なことでもあるのです。

こうした背景には保存料などの化学添加物が含まれているのです。

そのため、そうしたことに注意する必要があるのです。

 

 

今のあなたの身体は、あなた自身で作り上げたもの

 

ダイエットに必要な栄養の前に、

このことがまず前提にあることをお伝えします。

 

それは今の身体は、あなたが選んで食べてきた結果ということです。

 

僕達の身体は日々、細胞分裂を繰り返しています。

よくターンオーバーは28日周期と言われるように、

新陳代謝によって新しく入れ替わっているのです。

1年もあれば全ての細胞が入れ替わると言われています。

 

そこで人工的に精製された不自然な食べ物を摂取すれば、

身体はその食べ物を消化吸収することになります。

細胞が入れ替わるということが行われているとなると、

 

時間を掛けて身体が正常な反応をすることができなくなるのです。

 

ということは本来はエネルギーとして消費されるものが、

反応しきれずに脂肪として蓄えられてしまうことになります。

太る原因というのは、こうしてゆっくりと定着していくのです。

なのであなたの身体は、あなた自身で作り上げていることになるのです。

そして痩せるためには、その根本的な原因から改善する必要があります。

 

 

ダイエットにミネラルとビタミンは外せない!

 

根本的な原因から改善するとなると、

基本や原点と言える部分を見つめる必要があります。

ダイエットに必要な栄養とは基本的なところにあります。

 

それは5大栄養素の中のミネラルとビタミンです。

 

この2つは新陳代謝に大きく関わっています。

それにミネラルとビタミンにはカロリーがありません。

この2つのが不足すると太りやすく痩せにくい身体になります。

 

カロリーがあるのはたんぱく質・脂質・炭水化物の3つですが、

ほとんどの人は炭水化物や糖質を抜くダイエットをしがちです。

しかし、それらを抜いてしまうことで必要な栄養が不足してしまうと、

非常に効率の悪いダイエットとなって挫折の原因にもなります。

 

人の細胞は60兆個もあることはご存知ですね。

細胞が入れ替わる新陳代謝の材料にたんぱく質がありますが、

この体内で再合成するための生命維持に不可欠の栄養を、

 

自ら断つ行為は、決してダイエットに良いと言えないのです。

 

だからこそ痩せるまでの短期決戦となってしまうのです。

だけど痩せられればそれでいいと考える人もいるかもしれませんし、

痩せてからその体型に合った生活を整えればいいと思うかもしれません。

しかし、それでは身体が定着しないので結果として上手くいきません。

どこかで今までのように食べたりするようになるのです。

 

 

日本人がダイエットするなら玄米がおすすめ

 

ダイエットには特に日本人には玄米がおすすめです。

玄米にはミネラル・ビタミン・食物繊維が豊富に含まれています。

白米にすることは、わざわざこれらの栄養を落としていまい、

でんぷんだけになった「糖分の塊」にしているのです。

 

玄米には確かにでんぷんである炭水化物もありますが、

糖代謝の要と言えるビタミンB1やマグネシウムが含まれています。

同じカロリーでも栄養価が高くて脂肪になり難いのです。

ただ、玄米にも気を付けることが2つあります。

 

  • 無農薬や有機栽培のものを選ぶ
  • 炊く前に水に浸ける

 

まず無農薬のものを選ぶ理由は、

白米にするときは精米するので農薬が除去されますが、

玄米は精米しないので農薬がそのまま残ってしまうことです。

 

次に炊く前に水に浸ける理由ですが、

玄米に含まれるフィチン酸とアブシジン酸が実や厄介で、

体内のミネラルを吸着して排出してしまう有害物質なのです。

それを夏は6時間、冬は12時間ほど水に浸けて発芽させることで、

有害物質を消滅するのでこの2つには注意が必要です。

 

 

太る原因も痩せない原因も栄養が不足するから

 

本来、身体に良いものを食べているなら太ることはありません。

ですが誰だって積極的に太りたいなんて思わないですね。

そんな人は世の中にほんのわずかではないでしょうか。

 

だけど男性の場合は開き直って食べてしまいますし、

女性の場合は空腹を我慢して食事を減らしてしまいます。

 

食事を減らせば最初は体重を落とすことができますが、

だけどやがて訪れる停滞期を乗り切ることが困難です。

何とか頑張って食事制限をしてもじわじわと増えていきます。

不思議なことに食べてもいないのに体重が増えるのです。

 

原因は簡単で、栄養が不足しているからです。

 

身体が食べたいと指示を出すのは栄養が不足しているからです。

ということは十分な栄養が足りていれば少量で良いのです。

だからこそコンビニなんかの安価で簡単に食べれるものは、

添加物などが含まれていて必要な栄養も少なく太りやすいのです。

ダイエットに必要なのは栄養をしっかり摂ることです。

 

無理なく自然と理想の体型になれることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ