片思いの彼に送る年賀メールで最も大切なこと

スポンサーリンク

片思いの彼に送る年賀メールで最も大切なこと

 

今年も残りあとわずかとなりました。

片思いの彼にどんな年賀メールを送ろうかと思ってませんか?

年賀メールは確かに内容を考えることは大切なことです。

しかし、あることを抑えておかなければ読まれることすらないのです。

 

前回は、片思いの男性に年末メールで誘われる可能性を高める5つの方法にて、

片思いの男性に年末メールを送るときに誘われやすくする方法を、

正月だからこそ大胆にかつ自然とできるよう紹介しました。

今回は、片思いの彼に送る年賀メールについてです。

 

片思いの彼に強く印象を与えるなら、

本来は、年賀メールではなく、年賀状を送ることの方が効果的です。

しかし、年賀状を書くことへの抵抗を持つ人も中にはいるかもしれません。

 

そして、

 

そもそもメールやLINEは知っているけど詳しい住所は分からない人が多いのではないでしょうか。

そして、今や年賀メールが主流となっているだけにメールで送る方が、

年賀状と比べて相手の反応を伺いやすいという利点もあります。

 

なぜなら、

 

メールを送れば返事が返ってくるからです。

 

それが年賀状だと返ってくるのが数日あとのことになりますね。

結果を早く知りたい現代人にとって年賀メールは最も適しているのかもしれません。

[ad#co-1]

 

年賀メールを送るときに最も大切なことは?

 

年賀メールを送るとき、

どんな内容を送ると片思いの彼の心に響かせることができるか、

その内容次第では、翌日どころかその日にデートすることすら可能となります。

それだけにどうしても内容というところに意識が向きがちです。

 

しかし、

 

そもそもその年賀メールが読まれなくては、意味がないと思いませんか?

 

せっかく片思いの彼の心に届きそうな内容の年賀メールを送ったとしても、

そもそもが読まれなくては、まったく意味のないものとなってしまうかもしれません。

そこで内容と同じくらい重要なこととは何かと言うと、

 

それは、

 

年賀メールを送る”タイミング”なのです。

 

このタイミング次第で、彼にしっかりと読んでもらうことが決まると言っても過言ではありません。

ここでもし、あなたが他の人と同じようなタイミングで年賀メールを送ったとしたら?

それは、大勢の中の一人となってしまい、素晴らしい内容でも軽く見られてしまうかもしれません。

 

たとえば、

 

彼が同性の友達と一緒に集まっていて、カウントダウンのときに年賀メールが入ってきたら?

きっと彼はスマホをパッとみて、後で送信するかもしれませんし、

仮にすぐに送ってきてくれたとしても、内容をよく読んでいないだけに思いが届かないかもしれません。

つまり、タイミング次第で片思いの彼の心にグッと響かせることができるのです。

 

 

年賀メールを送るタイミング

 

では、どんなタイミングで年賀メールを送ると良いのでしょうか。

 

それは、

 

もっとも良いタイミングは、元旦の夜に送ることです。

 

少し想像してみてください。

大晦日の夜だと、大抵の場合は家の外に出ているか仲間と一緒に過ごすことが多いと思いませんか?

そして、元旦の夜だと家族などの身内と過ごすことを考える人が多いはずです。

つまり、元旦の夜は片思いの彼がじっくりと読んでくれるタイミングでもあるのです。

 

たったこれだけのことで、あなたの存在を強く印象付けることが可能です。

そして、時間もあるので年賀メールをキッカケにやりとりが始まることも・・・

そうすれば、もしかすると翌日には正月デートなんてこともあるかもしれません。

 

 

チャンスは自分でつくるもの

 

チャンスとはタイミングでもあります。

このタイミングを見誤るとチャンスを逃すことになります。

 

もしあなたが彼の日常をある程度把握しているようでしたら、

彼がしっかりと年賀メールを読んでくれそうなタイミングを計ってみてください。

その方が、きっと上手くいく確率は高まると思います。

片思いが両想いになれると最高に良い年になりそうですね。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ