片思いの男性のことで恋愛相談をするときの4つの注意点


片思いの男性のことで恋愛相談をするときの4つの注意点

 

好きな男性がいて今その人に片思いしている。

けどこの恋愛をどう進めていいのか分からない・・・

こんなときに恋愛相談をしたいと思いたくなりませんか?

 

前回は、好きバレ厳禁!片思いを成就するための3つのポイントにて、

恋を進展させるにはいつか片思いから両想いになることが大切ですが、

間違ったタイミングで好きバレしないためのポイントをお伝えしました。

今回は、片思いの恋愛相談についてです。

 

片思いしている男性がいるんだけど、

自分の仲の良い友達がその男性の元カノだった場合とか、

いつも親切にしてくれている先輩だったりした場合など、

 

好きなんだけど好きと言えない辛いときってありませんか?

 

そんなとき、このまま黙って身を引いた方がいいのか、

それとも今の関係が壊れても気持ちを伝えるべきなのか、

そんなときに適切にアドバイスしてくれる人が欲しいですね。

 

そんな複雑で苦しい片思いの恋愛相談をするときに、

注意しておきたいことを4つお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

 

【1】相談相手の交友関係を把握しておく

 

片思いしている男性のことで注意したいことで、

相談相手の交友関係はどうないっているのか?

ここのところを予め知っておくことは大切です。

 

なぜならいつどこで情報が漏れるか分からないからです。

 

たとえばその相談相手が関係ない人にあなたとのことを漏らしたとしても、

その関係ない人であろう人が、実は片思いしている男性と繋がっていた・・・

そんなことはよくありがちなパターンでもあるからです。

 

僕自身も恋愛に限らずいろんなところでこのパターンを経験しました。

恋愛のことではありませんが自分の情報が本人に漏れてしまったり、

また他人の情報ほどよく耳に入ってくることが多いものです。

自分の噂ほど自分の元には届きにくいものだと思いませんか?

なので相談相手の交友関係をできる限り把握しておくことです。

 

 

【2】自分との関係性が薄い相手

 

自分との関係性が薄い相手、つまり接点が薄い相手です。

 

「そんな接点の薄い相手なんかを相談相手にするはずはない!」

 

とあなたは思っているかもしれません。

確かに”今”冷静に考えられる状態ではそうだと思います。

しかし実際に片思いしていて気持ちが溢れているときなどは、

冷静に物事が判断できないことは多いのではないでしょうか。

 

「何故あのとき、こんなことをしてしまったのだろう・・・?」

 

よく後で冷静になって考えてみると、

自分でもおかしな行動を取ってしまったことに気付かないでしょうか。

人はその場になると冷静に物事が考えれないことを知る必要があります。

何となく頼りになりそうとか、出会って間もない関係とかです。

 

また自分との関係性が薄いと相談しても的外れな場合があります。

それはあなたの状況をあなたから伝えられる言葉でしか判断できなからです。

つまり表面的な答えしか答えが得られないことが多いのです。

 

 

【3】経験から語られていない内容

 

よく恋愛相談などをした場合には、

雑誌やテレビで観た情報を元にしてアドバイスする人もいます。

または友達や知り合いから聞きかじった話も同じことです。

 

大切なのは自分の経験を元にして語られているかどうかです。

 

たとえばテレビCMなんかは完全に意図して作られたものです。

そう考えれば雑誌やテレビなどの情報は100%ではないにしても、

話しを面白くするために作られていることは簡単に想像できます。

友達や知り合いから聞きかじった話しをしてきた場合も、

納得させるために言い回しを変えてアドバイスをしているかもしれません。

 

やはり自分の経験から語られていることが重要なのです。

 

もし自分の経験から語っていないなと感じたならば、

そんなこともあるんだ程度の参考程度にして聞いておくことです。

なぜなら作られた話は当てにはならないからです。

 

 

【4】男友達への相談は筒抜けの可能性も

 

男性のことなら男性に聞いた方が早い!

そんな理由から片思いの相談相手を男友達にしようと、

考えている人もいると思いますがここも注意が必要です。

もしその男友達が片思いしている男性と仲の良い関係なら、

 

もしかしたらその男友達が漏らしてしまうことだってあるのです。

 

僕の友人関係で信頼関係が深ければ深いほど、

たとえマイナスなことでも真実を語り合っていました。

では協力してくれる男友達の心理には何が隠されているでしょう。

 

それは面白いという好奇心から動いてくれているのです。

 

人は自分にメリットがないと行動することが億劫なものです。

買い物をするときだって自分に満たされる気持ちがあるからします。

たとえ相手のプレゼントだって自分の気持ちが満たされるからです。

このように行動には何かしらの理由が必要になってくるのです。

そのことも分かって上で誰に相談するかを考えることが大切です。

 

 

最終的な判断を相談相手の答えに委ねないこと

 

どんなことでも最終的に判断するのは自分です。

だけどその判断を誰かに言われたからと決めていては、

結果的に望むものは手に入りにくいのではないでしょうか。

 

片思いの男性の恋愛相談をしたところで、

リアルな状況を相談相手が把握できる訳ではありません。

あくまでも自分が判断するための材料の一部でしたかないのです。

 

片思いから両想いにするには自分の判断に責任を持つことです。

 

それは他人の答えに身を委ねてしまうことではなく、

自分の意志で判断して自分の意志で行動していくことだと思います。

 

素敵な恋愛ができることを祈っています。



 

スポンサーリンク


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ