片思いの恋愛がうまくいかないときの心の習慣の変え方


片思いの恋愛がうまくいかないときの心の習慣の変え方

 

好きな人ができて、それがまだ片思いのままだと、

彼に振り向いてもらえないことに悩んでしまうことはありませんか?

どうして恋愛はうまくいかないのでしょうか。

 

前回は、好きすぎる彼への片思いをどうすれば両想いにできるのか?にて、

好きすぎる片思いは、好きすぎて何もできなくなってしまいます。

そこでどうしたら片思いから両想いにできるのかをお伝えしました。

今回は、片思いの恋愛がうまくいかないときについてです。

 

まず大切な前提をお伝え致します。

 

それは、

 

他人は自分の思い通りにはならないもの。

 

言い換えると、人をコントロールすることは不可能であると言うことです。

一時的には上手くいくかもしれませんがそう長くは持ちません。

 

だからこそ、

 

恋の駆け引きやテクニックより、素直な思いの方が重要なのです。

 

恋愛がうまくいかないときというのは、

恋の駆け引きの仕方やテクニックに頼りたいかもしれません。

ですが見つめるべきところはもっと別のところにあるのです。

スポンサーリンク

 

自分の思い込みが恋愛成就を遠ざける

 

人は「感情」の生き物です。

どんなに冷静に考えても物事の8~9割は感情で判断します。

 

たとえばコンビニでおいしそうなプリンを見つけたとき、

「おいしそう♪」と思ってそのプリンを買いますね。

そのときってどんな判断の仕方をしていると思いますか?

もうお分かりの通り「感情」で判断しているのです。

 

これは身近な些細な例ですが、

人生を決める大きなことほど、実は感情で判断しているものなのです。

ですが僕たちは時としてこの判断の仕方に後悔することがあります。

 

それは、

 

自分の「思い込み」による判断で物事を決めてしまうからなのです。

 

そこには判断基準の残りの1~2割である冷静さも必要になってきます。

つまり、どこかで冷静に自分を見つめる時間が必要ということです。

 

彼が振り向いてくれないからと、玉砕覚悟で告白してみたり、

好きな人が相手にしてくれないからと開き直った態度をとったり、

このような感情一辺倒な判断をしてしまうと後悔することになりやすいです。

 

ですが好きだからこそ気持ちのコントロールが難しいものですよね。

抑えられない好きすぎてたまらなくなる気持ち、

時には涙が溢れそうになることもあるかもしれません。

 

 

悪しき習慣を断ち、新しい習慣を受け入れる

 

人の行動の約4割は習慣で占められているそうです。

同じ出来事でもAさんとBさんとで違う解釈をすることがありますね。

それは、普段の行動が蓄積して習慣化されて見方がそれぞれ違うからです。

 

あなたの運命もこの習慣によって占める部分が大きいのです。

自分の意志で運命は変えられると信じるのも確かに真実です。

だけどダイエットを頑張ろうと意志の力で動いていても、

数週間、数ヶ月するとモチベーションが下がって止めてしまうことがあります。

なぜこのように意志の力だけではどうしようもないことが起きるのかというと、

 

全ては潜在意識によって習慣化されているからなのです。

 

だけど意志の力で乗り越える意識は絶対不可欠です。

ただ、意志の力だけではなく潜在意識と対話するためのコツが必要なのです。

恋愛はうまくいかないのは、恋愛がうまくいかない習慣を変えればいいのです

片思いの彼を振り向かせるには、振り向かせる習慣に変えればいいのです

では、どのようにして習慣を変えると良いのでしょうか。

 

 

行動には最初の一歩が肝心

 

どんな行動にしても最初の一歩があります。

LINEを見るにしてもスマホからお知らせが来てから見ますよね?

Facebookでもスマホの画面に未読の赤いマークが出るから見ますよね?

 

どんな行動もきっかけとなる第一歩があります。

 

あなたが「あまりよくないなぁ」と感じるような習慣があるならば、

そのきっかけとなる第一歩を踏み出せなくするよう工夫することです。

スマホの電源、マナーモードやサイレントにするのも方法のひとつです。

このようにして悪しき習慣の流れを断つことができます。

 

同時に、

 

良き習慣を築いていくのも同様の方法を用いると上手くいきやすいです。

たとえば朝早く起きる習慣を身に付けたいなら、

目覚まし時計をセットしておくのも方法のひとつですが、

ただ目覚ましをセットしても起きることができない場合だってありますね。

このようなときは潜在意識に働きかけるちょっとしたコツがあります。

 

それは眠る直前に、

 

「明日、6時30分までに起きる」

 

たったこれだけを心の中で唱えて眠るのです。

僕は学生の頃にこの方法を偶然知りました。

それ以来目覚まし時計というものは一切使ったことはありあせん。

どんなに2、3時間程度の睡眠でも起きることができるようになりました。

 

同じように好きな人に会う前に、

 

「今日は、2人きりになって会話を盛り上げる」

 

心の中で唱えてから彼と会うと、

潜在意識がそのように働いて上手くいく確率が格段にアップします。

 

 

結果だけが全てじゃない

 

上記で紹介した方法は、

時には望んだ通りの結果が得られないこともあるかもしれません。

ですが、ここに注目して欲しいことがあります。

 

行動したときの過程にどのような変化があったのか。

 

普段よりも意識がちょっと変わった感じがしたり、

今までよりも無理だと思ったことへの意欲が変わったり、

 

小さな変化に気づくことが重要となってきます。

 

なぜなら、潜在意識と足並みを揃えるにも時間が掛かるからです。

それでも小さな変化は必ずあるものなのです。

その習慣を繰り返していけば、後は時間の問題です。

 

片思いの恋愛がうまくいかないとき、

ぜひ悪しき習慣を断って良き習慣を築いてください。

素敵な恋愛ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ