初デートで観る映画のジャンルや観た後の彼との接し方


初デートで観る映画のジャンルや観た後の彼との接し方

 

初デートでは急に展開が変わることもあります。

映画を観ようという話になったときにどんなジャンルが良いのか。

事前に知っておくことで楽しい時間を過ごすことができます。

 

前回は、初デート後のメールの内容で彼にまた会いたいと思わせる返し方にて、

特に片思いしている男性との初デート後のメールの内容って悩むところですが、

具体的にどのタイミングでどんな内容にすると効果的なのかを紹介しました。

今回は、初デートで観る映画はどんなジャンルが良いかとその後についてです。

 

よく映画はその人の好みや人柄が現れると言います。

初デートでも映画を観ようと思う男性も多いと思います。

確かに最初だから相手に気を使って合わせる人も多いでしょう。

 

ですが、

 

デートだからと言っても、男性全員がしっかりと予定を組んでいる訳ではなく。

最初は○○に行って、次は○○で食事して、その後は○○までドライブして・・・

このように大まかなプラン程度に考えている人が多いはずです。

逆にスケジュールのようにガチガチに組まれるのも嫌ですよね。

 

予約してあるお店があるなら、そこには時間を合わせる必要がありますが、

ほとんどの男性は、大まかなプラン程度に考えていると思います。

 

そうなってくると、

 

急に映画を観ようという流れになるのは起こりやすいです。

なぜなら、デートと言えば映画のイメージがあるからです。

ドラマやアニメなどでもよくデートシーンとして使われるように、

そのようなイメージがあるから、映画を観るという流れは自然なのです。

もし、そうなったときにスムーズに行ける方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

どんなジャンルの映画を観るべき?

 

初めてのデートで、しかもいきなり映画を観ようという展開になったとき、

どんな映画のジャンルが良いかと言うと、

 

ズバリ「コメディ系」です。

 

その次がアクション系になります。

 

なぜこの2つのジャンルがお勧めなのかと言うと、

コメディ系では、その後の会話がしやすいからです。

笑えるような内容の映画は、その後の会話が楽しく盛り上がることができ、

デートそのものを成功へと導くことができます。

 

次にアクション系がお勧めな理由は「吊り橋効果」への期待です。

ドキドキするような場所に一緒にいることで、脳が錯覚を起こすのです。

好きな人といるときのドキドキ感と高いところのドキドキ感が同じだからです。

なので、アクション系の映画を観ることもお勧めと言えます。

 

  • 観た後に話が盛り上がりそうな映画
  • 観てお互いが良かったと思える映画
  • 2人でドキドキ感を味わえる映画

 

彼とどの映画を観ようか迷いはじめたときは上記の3つの視点と、

2つのジャンルを基準にして、あなたから提案してみると良いでしょう。

 

 

映画を観た後はどこにいく?

 

映画を観終わった後はどうするかということですが、

 

  1. まだ明るいならカフェでお茶する
  2. 夕方以降なら夕食にする

 

この2つの流れが基本だと思います。

だけどここで注意して欲しいことが1つあります。

映画が終わった後って、意外と沈黙しやすかったりします。

もし、この沈黙が起こってそれに耐えられそうにないなら、

 

ゲームセンターを間に挟むという方法があります。

 

ゲームセンターに行けばテンションを上げることができます。

2人で遊べるようなゲームをすれば、更にテンションを合わせることもできます。

お願いするように誘えば、彼も気軽に乗ってくれるでしょう。

 

 

初デートでの映画鑑賞の成功の秘訣は?

 

映画を観るスタイルは人それぞれ違いがあると思います。

 

  • ポップコーンと飲み物を飲みながら観る
  • ゆっくりとコーヒーを飲みながら観たい
  • 上映前には席に着いておきたい
  • 映画が始まるギリギリに行って観たい
  • エンドロールの流れ終わって部屋が明るくなってから出たい
  • ストーリーが終わったら部屋からサッと出たい

 

彼がどのようなスタイルで観たいのかを知って、

彼に合わせて行動をすると良いでしょう。

映画のジャンルもお互いの好みが一致するようなものが良いですし、

 

上映前後の行動から上映中も含めて彼と共感できることが大切です。

 

映画が楽しい = デートが楽しい

 

と思えるようにしっかりと彼の気持ちに共感していきましょう。

共感し合える時間が多ければ多いほど、楽しい時間になると思います。

素敵な恋愛ができることを祈っています。



 

スポンサーリンク


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ