片思いしている相手の気持ちを振り向かせる3つの男を落とす秘策


片思いしている相手の気持ちを振り向かせる3つの男を落とす秘策

 

相手の気持ちを自分に向かせることは、

そう簡単にはいかないように感じてしまいますね。

片思いしている女性なら、誰もが思ったことがあるのではないでしょうか。

一体、どのように彼にアプローチして自分に振り向かせることができるのでしょうか。

 

前回は、注意!女が追いかける恋は成就しない2つの心理にて、

追いかける恋が成就しない理由を心理学的側面からアプローチして、

どうすれば恋が実るのかを考えていきました。

今回は、相手の気持ちを自分に向かせるための3つの方法についてです。

 

心理学では、人は外見で判断するという見解があります。

しかし世間一般で言う人を見た目で判断するとは意味が異なります。

心理学的な人は外見で判断するという意味は、

 

  • 55% = 身振り手振り、姿勢、呼吸、ジェスチャー
  • 38% = 声のトーン、声のリズム、周囲の音
  • 7% = 言葉、会話の内容

 

このように人は他人のことを上記の割合で判断していると言われています。

これは「7-38-55のルール」とも言われており、

アルバート・メラビアンが発見した法則です。

名前をとって、「メラビアンの法則」と呼ばれています。

 

この心理学的な視点から考えて、

好きな男性を視覚的にアピールすると有効かもしれません。

スポンサーリンク

 

【1】外見を磨く

女性と違い、男性はとにかく視覚で女性を判断する傾向が強いです。

なので女性としての「外見」が良ければ良いほど有利なのは言うまでもありません。

 

最初の出会った瞬間から、恋愛対象かどうかをサッと判断します。

それはどんなに内面が磨かれていていようが、周囲からの評判が良かろうが関係なく、

まず「外見」ありきなのです。

 

それはほぼ、どの男性も例外なく当てはまることです。

 

しかし、なら「外見」に自信がない女性がダメなのかと言えばそうでもなく、

男性ごとに固有の好みのタイプがあります。

一緒に居て癒される楽しい自然体でいられるなど、

「外見」以外で男の本能を掻き立てる手段はしっかりと存在します。

 

言い換えると、恋愛モードに入るスイッチと言えます。

それは実際にあなた自身で探し出さなければ分からないのです。

 

 

【2】曖昧な雰囲気を匂わす

 

男性は追いかけたい生き物です。

そしてプライドの高い生き物でもあるので、

 

「あなたには全く興味ないわ!」

 

とつっぱねて無視状態にしてしまうと相手にされません。

なので「興味はあるけど、分からない・・・」のような曖昧さを醸し出すことで、

もう少しで手が届くかもしれないと思わせるのです。

 

メラビアンの法則を応用するなら、

笑顔や喜びを気持ちで表現して、言葉で濁します。

 

たとえば、

 

「嬉しい!(笑顔になる)、行きたいんだけど・・・」

 

大切なのはプラスの感情は、表情やジェスチャーでアピールすることです。

 

なぜなら、

 

潜在意識に入っていきやすいからです。

 

それがもし逆になってしまうと?

もう答えはお分かりですね?

 

 

【3】隙をつくる

 

 

できない自分をワザと演じるのです。

外見が彼好みで、好きなことも悟られていない。

そこで彼からのアプローチを待ったところでなかなか来てはくれません。

先ほどに述べたように男性はプライドの高い生き物だからです。

 

女性からきっかけを与えることが重要なのです。

そのきっかけを与える方法が「隙をつくる」ということです。

 

まず隙をつくる狙いは、彼に親近感を抱いてもらうことです。

 

そのためには、

 

自分の弱さを見せてみたり、弱音をはいてみたり、少し拗ねてみたり、

ですが、彼との距離感に応じて隙のつくり方は考えなければいけません。

 

そして、あなたが隙をつくるためのヒントは、

今付けている心の鎧を脱いでみることです。

 

 

いかがでしょうか。

恋愛では相手の気持ちを振り向かせるために、

特に片思いしている場合であるならば、多少の駆け引きを使うことは重要です。

うまく活用して片思いが成就できることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ