好きな人との会話が緊張で失敗しないための5つのテクニック


好きな人との会話が緊張で失敗しないための5つのテクニック

 

好きな人を前にすると緊張してしまいますね。

緊張で思うようにしゃべれなくなって、

あとで恥ずかしい思いをすることもあるのではないでしょうか。

 

前回は、本当の恋の駆け引きの仕方!好きな男性を惹きつける魅せ方にて、

恋の駆け引きも自分の感情を素直に表現することがコツとお伝えしました。

今回は、好きな人との会話をする際の緊張について考えてみたいと思います。

 

会話ができなければ片思いが成就することは叶いませんね。

でも何とか話をしなければ、先に進むこともできません。

 

そんなとき、

 

友達と接するように気軽に会話をすることができれば理想的かもしれません。

どうしたら好きな人と、いつもの普段通りの接し方ができるのでしょうか。

会話をうまくできるようにポイントをいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

 

【1】過剰な期待をあきらめる

 

まず緊張してしまう主な原因は、自分への期待と相手への期待です。

つまり過剰な期待が緊張を生んでしまいます。

 

「別に失ってもいいや」

 

とある意味、開き直って接してみると、

意外なほど効果があります。

緊張する原因はうまく心のバランスがとれていないのです。

友達同士での会話が楽しめるのは、落ち着いていられるからですね?

 

そのとき、

 

「失ったらどうしよう!?」

 

なんて考えないはずです。

 

 

【2】感じたことを話す

 

緊張してしまう場合、何か話そうとして一生懸命に考えます。

ですが、その考えること自体が緊張を強めてしまうのです。

 

今、この瞬間に感じていることを素直に開示することです。

 

何も特別なことを話す必要もなければ、気の利いた言葉も必要ありません。

緊張しているならしているでイイじゃないですか。

素直に打ち明けてしまいましょう。

 

 

【3】沈黙はあなたの見方

 

会話で最も嫌うシーンは沈黙になる瞬間ではないでしょうか。

それで構わないと思いませんか?

どういうことかと言うと、

 

沈黙するから会話が成立しない、または失敗であるわけではないのです。

 

また反対に、

 

会話が乗っているから、うまくいっているとも限らないのです。

 

僕はコーチングセッションを何度も行ってきてますが、

約1,2時間のセッション中で何度も沈黙になる瞬間があります。

沈黙はある意味では心地の良い時間でもあるのです。

あなたが沈黙になってしまうことに自分で許可を出してあげれば、

きっと好きな人もあなたのことを、

 

「なんだか安心できる」

「一緒にいると落ち着くなぁ」

 

このように感じてもらえると思います。

 

 

【4】話しを聞いて表現力を豊かに

 

会話で最も大切なのは、好きな人の話をしっかりと聞くこと。

そのことはあなたもご理解頂いていることだと思います。

 

好きな人との会話をしっかりと聞き役に徹して、

会話をより弾ませるためには、

 

心から関心を持って、豊かな表現力で応えてあげることです。

 

そうすれば、自然と会話は盛り上がります。

 

 

【5】斜め45℃の角度、目を見ながら話さなくてもOK

 

真正面で向き合うように会話をすると身構えてしまいます。

なので、斜め45℃の角度で相手と接すると会話がしやすくなります。

相手も緊張しないし、あなたも落ち着いていられやすいです。

 

そして、目を見て会話しなければいけないと思いがちかもしれませんが、

どうしても緊張して目が見られない場合は、

ムリして目を見て会話する必要はありません。

それよりも自然の笑顔を大切にしましょう。

その方が好きな人にも好印象を与えることができます。

 

以上の5つのテクニックをご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

特に難しいことはないと思います。

完璧な人間なんてどこを探してもいないのですから、

緊張して当たり前だと思って開き直って会話を楽しんでしまいましょう!

片思いが成就できることを祈っています。



 

スポンサーリンク


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ