社内恋愛で別れた後に彼と復縁してより強い絆を築く秘訣


社内恋愛で別れた後に彼と復縁してより強い絆を築く秘訣

 

以前、社内恋愛をしていて別れてしまった。

だけどやっぱり彼のことが忘れられない・・・

別れた彼との復縁の仕方にどうすればいいか悩んでませんか?

 

前回は、社内恋愛で彼の脈ありを見極める5つの方法にて、

仕事と恋愛はあまり良い相性ではないだけに脈ありの判断に難しく、

社内の男性のどのような点を注意すべきかをお伝えしました。

今回は、社内恋愛で別れた彼との復縁の仕方についてです。

 

今の時代、約80%近くが社内恋愛とも言われています。

社内では、あまり他人には言い難く秘密にすることも多いので、

2人だけの秘密の関係を実感すると、より燃え上がりやすいです。

 

そんな中、

 

どうしても社内で別れてしまうケースも多いのも事実です。

出会いの数だけ、別れも増えるのは仕方がありません。

 

ですが、

 

どうしても忘れられなく復縁したい人もいるのではないでしょうか。

失ってはじめて気付く大切なこともあると思います。

失ってからでは遅いのかもしれませんが、

 

失ってからも、一からやり直していくこともできると思います。

スポンサーリンク

 

社内恋愛で復縁するには?

 

社内恋愛は顔を合わす機会が多いのがメリットです。

 

そして、

 

復縁するには冷却期間が必要とも言われています。

 

ですが社内恋愛においては冷却期間を設けることは難しいとも言われています。

本当に冷却期間を設けることは難しいのでしょうか。

いつでも顔を合わせる機会があるということは、

今のあなたの気持ちを彼にダイレクトに伝え続けるメリットでもあるのです。

 

なので、

 

社内恋愛で彼と別れてから復縁したいなら、

 

冷却期間においては直接彼と関わることは避け、

間接的にあなたの醸し出す雰囲気で彼の心に訴え掛けることが重要です。

 

このような視点から見ると、

 

復縁するにはかなりのメリットとも言えるのです。

間接的にあなたの姿を彼に見せること、

また直接会話をする機会があれば、

寂しさを感じられるような雰囲気で接するなど、

 

距離が近いなら近いなりのメリットはたくさんあります。

 

 

寂しさと元気なところを雰囲気で伝える

 

いつまでも寂しい雰囲気でいるとめんどうに思われてしまうかもしれません。

長くても1ヶ月くらいは落ち込んでても構いませんが、

それ以降からは、気持ちを切り替えるくらいが復縁の可能性を呼びます。

 

とは言っても、

それは意識しなくても自然とそうなるものだと思います。

 

ただ注意しなくてはいけないことは、

 

彼にイラッとした気持ちをぶつけていはいけないということです。

 

デリケートな状況だけに、ちょっとしたことにも気を付ける必要があります。

ですが気持ちをぶつけてしまわないことにだけは注意すれば大丈夫です。

 

なので、

 

彼と別れて気持ちを切り替えて頑張ろうと思うことでも、

彼に対してツッパッた態度はとらないようにすることも大切です。

 

「やっぱり、別れて正解だった」

「アイツ、ほんとに性格悪いヤツだったんだな」

 

なんて思われてしまっては復縁どころではなくてってしまいます。

逆に自分に悪い噂が知らないうちに広がることだってあります。

 

しかし、

 

自分のツッパッた態度に注意しながら、

気持ちを切り替えて頑張っている姿を見せ続ければ、

 

「なんだか、勿体ないことしたかもなぁ・・・」

「なんであの時、振ったんだろう・・・」

 

このように彼自身が自分の行動を見つめるようにもなるのです。

後は、あなたが今の姿を繰り返して行うことでより大きくなっていくでしょう。

 

 

未来に希望を持って生きよう

 

失恋をした後は、とても辛いと思います。

悲しいときは、しばらくその気持ちのままでも良いと思います。

悲しい時は、素直に泣くことも大事ですね。

 

それでも、

 

人生は、自分の思う通りになるものです。

 

人生と言う長い目で見て見ると、

恋愛なんてほんの一瞬の出来事に過ぎません。

もちろん、その一瞬一瞬が大切な時間だと思います。

 

だからこそ、

 

長い目で見て、未来に希望を持って生きることが大切だと思います。

 

社内恋愛で好きな人と別れたとしても、

あなたの見せ方と言ったら言い方が少し悪いかもしれませんが、

あなたの気持ちの表現の仕方で、復縁は十分に可能だと思います。

 

素敵な恋愛ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ