社内恋愛がバレることへの原因と対策を考えよう


社内恋愛がバレることへの原因と対策を考えよう

 

社内恋愛は女性としては楽しいことだと思います。

楽しいですが、他人にバレることはなるべく避けたいものですね。

だけど男女関係に敏感なのが周りの人達です。

 

前回は、社内恋愛がめんどくさいと感じてしまう男の本音にて、

社内恋愛がめんどくさいと感じてしまう男性の心の奥底の本音とは何か?

色々と表面的な理由がある中で、更に奥にある本音に迫ってみました。

今回は、社内恋愛がバレることへの原因と対策についてです。

 

自分の嬉しいことや楽しいことや幸せなことなど、

良いことは人に話してより気分良くなりたいことだと思います。

 

それは、

 

社内恋愛においても幸せを感じられるだけに、人に言いたくなるもの。

 

だけど、

 

社内恋愛は今後も付き合っていく社会的な関係の人達も多いだけに、

会社でプライベートなことが広がることは居辛さに繋がる場合もあります。

 

言いたいけど、言えない・・・

 

そんな中、社内恋愛がバレてしまったとき、

そこにはどんな原因があり、どう対策を練っていくと良いのでしょう。

スポンサーリンク

 

【1】2人同時で休暇を取ること

 

2人同時に休暇を取る回数が多いと、

それだけでバレる確率が高いです。

 

単純に同じ日に男女が休暇を取ることが重なることは、

誰から見ても怪しいと思って間違いありません。

 

なるべくなら時々に控えて、

連休を取ることは、大切な日に限定するなど考える必要があります。

 

 

【2】社内での会話

 

社内で会話をすれば、

2人の雰囲気が違うことは一気に周囲に伝わるものです。

特に付き合いはじめの頃は、どんなに意識してもバレるでしょう。

 

部署が違うなど、社内でも少し距離があるならまだいいかもしれませんが、

同じ部署なら簡単に見破られてしまいます。

 

これは、もう雰囲気として出てしまうのでどうしようもありません。

なので最初から社内では話さないようにするなど、

2人の間でルールを作るようにすると良いでしょう。

 

 

【3】デートを目撃される

 

会社の近く、あるいは住んでいる街など、

近場でデートをすれば社内恋愛がバレる確率は高まります。

これは特有のデメリットと言えるでしょう。

 

どこで誰が見ているかなんて、ほんとに分かりません。

バレないだろうと高を括っても意外なところで目撃されていることもあります。

 

2人でデートをするなら、住んでいる街から出る方が無難です。

待ち合わせをするにしても隣町にするなど工夫することも必要でしょう。

 

 

【4】持ち物でバレることも

 

たとえばお揃いのグッズを付けていればバレます。

その他に、時間的につじつまが合ってしまうような物を持っていると、

鋭い人は、そこから答えを導き出してしまいます。

 

なので、

 

自分の持っている物にも注意が必要なのです。

特に彼と同じ時間に購入した物や交換した物など、

とにかく彼と関わる時間の中で関係している物には注意をしましょう。

 

対策としては、

他人に見せないようにすれば問題ありません。

怪しまれそうな物を他人の目に触れないようにすることです。

 

 

なぜ社内恋愛は秘密にしたいのか?

 

社内恋愛は、社会人になると断トツで多い恋愛です。

更に、結婚への一番の近道とも言われています。

あなたの身近にいる人も、職場結婚なんて人もいるのではないでしょうか。

それだけに身近な恋愛のスタイルと言えると思います。

 

しかしながら、

 

いざ当事者の立場となると、

恋愛していることを隠してしまいたくなりますね。

 

一方で恋愛をしていることを公にしているカップルもいます。

極端な話しをすると夫婦だと隠す必要もありません。

 

では、ここから何が見えてくるのでしょう。

 

それは、

 

隠してしまうほど、まだお互いの信頼関係が強くないと言えるのかもしれません。

 

  • このまま付き合い続けてこの人とゴールインできるか分からない。
  • もし付き合っているときにもっといい人が現れたら。
  • この人と付き合うことがホントに良いのだろうか。

 

このような思いは少なからず誰の心にもあります。

むしろこのような思いもあって当然だと思います。

 

なぜなら、

 

人は100%偏った意見を持つことはなく、

1%でも0.1%でも相反する気持ちがどこかに潜んでいるからです。

 

大切なのは、

 

今の現状を通して、自分自身の本音に気付くことではないでしょうか。

 

あなたは本当はどうなりたいですか?

幸せを掴むためにぜひ自分と向き合ってみて下さい。

素敵な恋愛ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ