嫉妬をしてしまう男性の隠れた心理とは?


嫉妬をしてしまう男性の隠れた心理とは?

 

嫉妬というのは、あまり良い感情ではありませんね。

嫉妬をする側もされる側も、気持ちが良いものではありません。

このときの男性心理とは、どんなものなのでしょうか?

 

前回は、男性が結婚を考える心理とは?決め手となるのは何?にて、

結婚を考えるときの男性心理の本質とはどこにあるのかを見つめて、

男性を結婚したいと思わせるためには、どうすれば良いかをお伝えしました。

今回は、嫉妬するときの男性心理についてです。

 

「嫉妬をするだけ愛情が溢れている」なんて言う人もいますね。

嫉妬とは、愛情表現がねじ曲がったカタチで表現されているのかもしれません。

このような時、大抵の男性は、

 

「これだけお前のことを考えてるんだよ!」

 

と言う感じが多いと思います。

これだけ思っているんだと嫉妬に対する理由があるわけです。

スポンサーリンク

 

嫉妬とはどのような感情なのか?

 

あなたが嫉妬した時の気持ちを思い出してみて下さい。

怒り、悲しみ、恨み、妬み、惨め、依存、敗北感、無価値観、拒絶感など、

このような気持ちが複数に混じり合った感情が嫉妬になります。

 

そして、

 

必ず誰かの影響を受けて嫉妬というものは感じます。

何もないところから嫉妬を感じることは、まずありませんね?

幸せに感じることも、嫉妬を感じることも必ず誰かの影響を受けているのです。

 

では、どんな人から影響を受けるのでしょうか?

 

それは、

 

自分の身近にいる人で関心のある人です。

 

関心とは「良い」と感じるプラスの関心と「悪い」と感じるマイナスの関心があります。

嫉妬とは悪いと感じるマイナスの関心が引き起こさせてしまっています。

 

マイナスの関心とは何なのかと言うと、

 

よく言われている「他人と比べる」ということです。

 

他人と比較して敗北感を感じるとき、

僕たちは相手に対して負けたと思い、嫉妬してしまうのです。

 

 

嫉妬してしまう男性心理

 

このような原理から嫉妬してしまう男性心理は、

何かのかたちで男性が敗北感を感じる理由から起こります。

 

たとえば、

 

他の異性と仲良く話していれば、その異性に対して敗北感を感じてしまいます。

その結果、あなたに対して拗ねたような態度をとってしまったりするのです。

 

要するに、

 

男性は敗北感を感じたくないので、拗ねたような態度をとります。

ですが、自分が負けたなんて認めたくない気持ちから素直になれず、

拗ねたような態度をとるしかなくなってしまうのです。

 

 

自分の弱さを認めること

 

もし嫉妬が強いなら、

本人が自分の嫉妬をしてしまう弱さを認めなかればいけません。

 

そのためには、

 

誰かと比べることをやめる、誰かと競争することをやめることです。

勝ち、負けによって自分の価値を計ることをやめることが大切です。

 

勝ち、負けで人と比べることをやめることができれば、

自然と自分の弱さを認めることができ、

自分の価値を真っ直ぐに見つめられるようになります。

 

嫉妬することそのものは誰もが感じて、ゼロにすることはできませんが、

嫉妬を感じたときの対処法は誰でもできることです。

このように、嫉妬に対しての対処の仕方さえ身に付ければ大丈夫だと思います。

 

素敵な恋ができることを祈っています。



 

スポンサーリンク


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ