彼に嫉妬しない方法!片思いの焦りや辛さの向き合い方


嫉妬しない方法 片思い

 

よく職場なんかで気になってる男性が、

他の女性と楽しそうに笑って話す姿を見ると嫉妬心が出てきますね。

そんな自分にいつも嫌で、だけど効果的な方法が見つからない・・・

だけど嫉妬しない方法は嫉妬に対する向き合い方が大切なのです。

 

前回の嫉妬深い男の特徴を知って見抜き方のコツを掴むには?では、

嫉妬深い男と付き合ってしまえば毎日が辛く離れのも難しいですが、

そんな男を回避するための特徴や見抜き方についてお伝えしました。

今回は、片思いの彼に嫉妬しない方法についてです。

 

嫉妬ってなかなか抑えられるものではないですね。

出てきてしまえばその場にいられないくらい焦ったり、

怒りや憎しみなどの抑えきれない感情が湧き出てきます。

 

特に片思いの彼と同じ職場や学校、

だけじゃなくちょっとしたコミュニケーションの場でも、

好きという気持ちと嫉妬はまさにセットのようなものです。

 

だけど嫉妬する自分って本当に嫌になりますね。

できることなら自分の感情をコントロールしたいものですね。

それには嫉妬という感情へ自ら向き合うことが大切です。

嫉妬から意味を見出すことが嫉妬しない方法なのです。

スポンサーリンク

 

嫉妬の面白くて不思議な構図

 

恋愛における嫉妬とは、

 

  • 自分が相手を愛することを許せない
  • 相手から愛されることも許せない

 

という2つの壁があります。

ずっと孤独で自分は他人から愛されない存在だと思い込んでいます。

何かのきっかけで目の前に自分のタイプの異性が現れたとしても、

どうせ自分は愛されないし愛してくれるはずがないと決めつけます。

 

だけど他人と仲良くしている姿を見ると焦りや怒りが湧き出て、

そんな感情を抑えられなくて、そんな自分が嫌になってしまいます。

 

不思議なのが現実に存在する異性にだけでなく、

テレビの出てる異性、雑誌に載っている異性、街を歩く異性、

異性に関するあらゆる存在に嫉妬は出てきてしまうのです。

 

これって何だか不思議なことのように思いませんか?

たとえば同じ職場の異性と仲良くしているのなら分かりますが、

全く関係のない目の前に存在しないのにも関わらず嫉妬は出るのです。

 

また嫉妬とは何かと比べているから出てくる感情です。

その何かと自分を比べて劣っていると感じるからです。

そして自分には到底適わないとと思い込んでいるからです。

 

そして問題なのが僕達はその原因を忘れて今を生きている・・・

 

ということです。

原因が分からないので改善のしようがないのが多くの人の悩みです。

なぜこの場面でこのような嫉妬の感情が湧き出てくるのだろうか?

何となく思い当たる節はあっても、やはり明確ではないのです。

 

 

嫉妬とは自らを防御するためにある

 

人間の身体には無駄なものなど存在せず、

必ず何らかの意味があって存在しています。

それは感情においても同じことが言えます。

とするならば嫉妬はどんな意味があるのでしょう。

 

嫉妬するよりは嫉妬しない方が良いですよね。

嫉妬しない方が関係を良くしていけると思いませんか?

にも関わらずなぜこのような感情が存在するのでしょう。

 

ひと言でいうと、自らを守るために存在しているのです。

 

だけどこんな感情は守るよりは邪魔なだけに感じますね。

これは人前に出ると緊張して上手く話せなくなるのと同じです。

人前に出るのは普通ならそんなに機会は訪れるものではありません。

未体験ゾーンだから緊張してその場に備えるよう身体が働くのです。

 

では嫉妬の場合はどのようになるのでしょう。

それは自分を許さないことで今の状態をキープさせるためです。

過去に恋愛経験があっても今この瞬間は付き合ってないですね?

なのでできる限り今の状態をキールしようとするのです。

 

というのも人間には「現状を維持」する機能があります。

それは現状を維持することが最も生命を守ることができるからです。

その機能の一環として嫉妬という感情も存在するのです。

 

 

まずは自分の気持ちに素直になること

 

しかし、人前で緊張するのと同じように、

そのままでは悩み続けることになるので克服したいところですね。

克服できなければ一生苦手意識を抱えたままになってしまいます。

 

人前で緊張するだけなから深刻ではないかもしれませんが、

恋愛が上手くいかないとなると一生独りになりかねません。

晩年を迎えて孤独に生きているなんて何だか嫌なものですね。

 

自分なんて愛されるはずがないという気持ちがどこかにあり、

それが彼に対しても好きになってくれるはずがないとなり、

叶わない恋だからこそ恋が素直にできる人に嫉妬します。

なのでまず自分の嫌な部分も含めて素直になり、

 

  • 恋愛において劣等感を抱いてることは何だろう?
  • 嫉妬する相手の嫌いなところって何だろう?
  • 実はそれが自分の中にもあることを受け入れられる?
  • 自分をストップさせているものは何だろう?
  • もし、ストップさせているものがないとしたらどうなれる?
  • 彼に対して感謝できることって何だろう?
  • 彼以外で嫉妬を感じた相手に感謝できることって何だろう?
  • それを心の中で言葉にしてみるとどんな気持ちになる?

 

このような視点を持ってみると見えてなかったことが見え、

そしてそこから新たな気付きも得ることができるでしょう。

何よりも心の中を整理して気持ちも楽になります。

 

 

嫉妬しない方法は「求める愛」から「与える愛」へシフトすること

 

いかがでしたでしょうか。

先程の項目で何か気付くことはありませんでしたか?

最後のあたりは何かくすぐったい感じしませんでしたか?

実はそれ、心が偏っていてバランスが崩れているのです。

 

というのも今までは「求める」ことを考えてたからです。

なので求めるものが得られずに嫉妬していたのです。

手に入るものにそんな感情を抱く必要はありません。

よく自分が望むものはまず与えることが大事と言われます。

 

相手に感謝することを通して「与える」ことへシフトしたのです。

 

そしてくすぐったいのは、それに対して慣れていないからです。

慣れてるなら朝、歯を磨くのと同じくらい当たり前になります。

そうするといつの間にか叶わない恋への思い込みも解けます。

このように意識を変えることが嫉妬しない方法なのです。

 

特に片思いの場合は彼の気持ちが分からないので、

嫉妬における焦りや怒りの感情が湧きやすいかもしれません。

だからこそこのような意識のシフトチェンジが大切なのです。

 

そして最初からすぐ変われるなんて思わないで下さい。

また人間の感情はどんなに成長してもなくなることはありません。

大切なのはその感情に対してどう向き合うかということなのです。

 

片思いが成就できることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ