女性から片思いの男性にお花見デートの誘い方5つのコツ


お花見デート

 

ずっと気になってる片思いの男性がいる・・・

桜の咲く季節になってお花見デートを誘ってみたい!

けどどうやって誘っていいか分からない・・・

そんな悩みを抱えていないでしょうか。

 

恋愛とはどちらか一方の片思いから始まります。

そして両想いにするには恋の戦略が必要なのです。

そこで今回は女性から片思いの男性に、

お花見デートに誘うための5つのコツを紹介します。

スポンサーリンク

【1】ランチに行くノリで誘う

 

桜がきれいな時期になると、

満開の桜の下で好きな男性と過ごすお花見デートに憧れる・・・

という女性も多いのではないでしょうか。

 

片思いをしている男性をデートに誘いたいと思っても、

デートの誘いだと思われると敬遠されてしまうのではないか?

という気持ちになって不安になってしまいますね。

 

そこで片思いの男性をお花見デートに誘うコツは、

露骨にデートに誘っているとバレないように、

ランチに行くような軽いノリで誘ってみることです。

 

ランチならデートでなくても、

普通に男友達として行くことができますよね。

また周りを見渡してもそんな男女は多いと思います。

ランチに行くことは気軽に立ち寄ることができます。

なので片思いがバレるという危険も避けることができます。

 

そこで桜を見ることができるようなお店があれば、

そのお店でランチをするだけでも、

気持ちが盛り上がるのではないでしょうか。

 

そして、ランチをしながら桜を見たいなど言って、

そこからお花見デートへと繋げることもできます。

その時はできることならお弁当や軽食を準備して、

お花見をしながらランチタイムを過ごす・・・

という楽しい時間を過ごすことができます。

 

暖かい桜の季節なので、

外でランチも良いのではないかと軽いノリで誘うと、

相手も誘いののってくれる可能性が高いです。

 

なので最初はランチに誘うノリが大切です。

ランチだと誰とでも気軽に行くことができますし、

軽いノリで誘うことができます。

 

【2】ストレートに伝える

 

片思いの男性をお花見デートができれば、

当然ながら2人きりで行くとなるとになります。

そうなると誘われた男性とはしては、

自分に気があると察知してしまう場合もあります。

 

お花見は友達同士など大人数で行くことが多いので、

なぜ自分と2人きりでお花見デートなのか聞かれた時、

あなたは答えるのに戸惑ってしまいませんか?

そんな時は自分の思いをストレートに伝えましょう。

 

片思いをずっと続けていくわけにはいきません。

成就しなくてもいいと思う人もいるかもしれませんが、

けど好きな人ができること自体が奇跡的なことなんです。

 

そしていつかは自分の思いを伝えて、

恋の行方に決着をつけなければいけないのです。

いつかは告白をしようと思っている人なら、

お花見デートの理由を聞かれた時に、

告白の良いチャンスになるのではないでしょうか。

 

その時は包み隠さずストレートに、

あなたのことが好きですという思いを伝えましょう。

その結果、良い返事が返ってきた時は、

より楽しいお花見を行うことができますが、

望まない返事が返ってきた時は、

そこで終わってしまうということもあります。

 

どのような返事が返ってくるのかは分りませんが、

いつかは決着をつけなければいけないという時は、

この機会は良いチャンスになるかもしれません。

思い切って今まで心に秘めていた気持ちを、

しっかりと伝えてみてはいかがでしょうか。

 

【3】具体的な場所と日時を決める

 

誰にでも少なからず予定はあるものです。

仕事をしていると特に忙しく、

予定をぎっちりとつめる人も少なくはないようです。

 

そこで女性からお花見デートに誘う時は、

いきなり誘っても予定が合わない場合があります。

桜の季節は短いということもあるので誘う時は、

具体的な日時を決めておいたほうがよいでしょう。

 

自分のスケジュールに余裕がある時は、

なるべく相手の予定を優先させることも大切です。

 

日時が決まれば、

お花見に持っていくものなども準備することができるので、

桜の季節になると早めに日時だけでも決めておくことです。

 

そしてお花見デートに誘う時は、

日時だけじゃなく場所も事前に決めておきましょう。

時間や交通手段を考えて自宅や勤務先など、

近くのお花見スポットに行こうという時は問題ありませんが、

少し足を伸ばしてということになると、

行くまでも交通手段や時間なども考えなければいけません。

 

早めに場所を決めておけば、

事前に行きやすいように計画を立てることができるので、

どこでお花見をするのかも決めておくとよいでしょう。

 

一人で決めてもよいのですが、

相手の希望も聞いて一緒にどこに行くか?

2人で決めるのもきっと楽しいと思います。

 

【4】ついで感覚で誘う

 

桜とは昼間の日差しに照らされた姿だけでなく、

夜にライトアップされた妖艶な夜桜も美しいもの。

 

最近では多くの桜のスポットで、

夜桜のためにライトアップがされています。

夜桜でお花見デートを楽しむという方法もあります。

 

というよりはむしろ夜の醸し出す雰囲気こそ、

お花見デートにはムードが盛り上がって最適なのです。

なので夜の方がカップルの割合は多いです。

 

なのであなたが片思いしている男性の職場が近い時は、

仕事帰りに夜桜を見に行こうという感じで、

ついで感覚で誘うことができるので誘いやすくなります。

 

事前に日時や場所を決めてしっかり準備をして、

お花見に出掛けるとなると、

気軽に誘ってもいいのかどうか悩むところです。

 

仕事帰りについでにとなると誘いやすく、

相手も帰る途中なので、

よほど急ぎの用事などがない限りは、

付き合ってくれる確率が非常に高くなります。

 

ライトアップされた夜桜は、

昼間の桜とは違い幻想的な美しさがあります。

その幻想的な美しさに惹かれて、

ロマンティックな雰囲気になれます。

 

片思いの彼とお花見デートをしてみたいけど、

なかなか勇気が出ないという場合でも、

この方法なら気軽に誘うことができるので、

試してみてはいかがでしょうか。

 

夜桜の時期は冷え込むことも少なくはないので、

誘うときはなるべく暖かく過ごしやすい日を選び、

また事前に防寒対策も用意しておくことで、

彼のあなたに対する評価も上がります。

 

【5】バーや居酒屋に誘う

 

お花見の時期は、

桜を眺めることができるお店もあります。

お店の中にいながらお花見を行うことができる・・・

というのを売りにしているバーや居酒屋もあるのです。

 

そのようなバーや居酒屋があるときは、

お花見という名目でバーや居酒屋に、

片思いの男性を誘ってみてはいかがでしょうか。

 

何もない時に飲みに誘うと、

片思いしている男性に好きバレする可能性もあります。

けどお花見という名目があれば誘いやすいのです。

なぜなら、桜を見たいという理由がひとつできるだけで、

誘うあなた自身が気軽に声を掛けやすくなるからです。

 

だけど桜を眺めることができるお店がない時は、

お花見の時期に開かれる独自のイベントや、

その時期限定のメニューを出しているバーや居酒屋など、

利用するという方法はいくらでもあります。

 

お花見の時期には特別な桜をモチーフにした、

カクテルを提供しているバーなども少なくはありません。

一緒に楽しむことができるメニューを出してるお店もあるので、

2人で一緒に楽しむことができるのではないでしょうか。

 

またバーや居酒屋だけでなくお花見の時期だけ、

特別な桜のスイーツや飲み物を出しているカフェもあります。

カフェは仕事帰りにも気軽に立ち寄ることができるので、

軽く誘ってみるのもよいかもしれません。

 

要するに誘う口実があればいいわけです。

彼と一緒に居られるならどこでもいいわけですよね。

お花見デートは実際に桜を見に行くだけではありません。

お花見の名目でバーや居酒屋デートを楽しみましょう。

 

恋愛はいかに戦略をとるかがカギとなる

本日のまとめ:

  1. 男性にデートの誘いだと思われないようランチに行くノリで誘う
  2. 男性にお花見デートの理由を聞かれたらストレートに伝える
  3. 女性からお花見デートに誘う場合でも具体的な場所と日時を決めてから
  4. 仕事帰りに夜桜見に行こうと言ってついで感覚で誘う
  5. お花見という名目でバーや居酒屋に誘う

 

本日の内容はいかがでしたでしょうか。

学生の頃に好きな子がいたけど、

気持ちを伝えられずにずっとそのまま過ごし、

結局何もないまま終わった女性も多いはずです。

 

その一方で気持ちを伝えてフラれた女性もいれば、

上手く付き合うことができた女性もいるはずです。

最高の結果を出すには、そのための戦略は必須です。

今回の内容を活かして片思いを成就しましょう!

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ