片思い中の好きな人を振り向かせるための5つの行動パターン


片思い中の好きな人を振り向かせるための5つの行動パターン

 

片思い中は好きな人を振り向かせるために何をしたら良いのでしょう?

せっかく好きな人ができても何もしないままだと、

他のライバルに盗られてしまうかもしれません。

それは、とても辛いことですね。

 

前回は、彼女がいる男性を振り向かせるにはどすればいい?5つの略奪作戦にて、

いけないと分かってはいるけど彼女がいる男性を好きになってしまったとき、

そんなときはどうやって好きな人を振り向かせるかの方法を紹介しました。

今回は、片思い中の好きな人を振り向かせる方法についてです。

 

恋は順番なんて全く関係ありません。

どちらが先に好きになったとしても最終的に両想いになることが一番です。

後から割り込んできたと思ってもライバルに先を越されてしまっては辛いですね。

そこで、片思いの彼と両想いになるための行動パターンを紹介します。

スポンサーリンク

 

【1】まず連絡先を交換すること

 

好きな人との連絡手段をいち早く確保することが先決です。

学校で毎日会うとか、会社で毎日会うだけで安心はできません。

彼と毎日合える状況はいつまでも続くとは限らないのです。

 

連絡先を交換すれば、コミュニケーションの手段が増えます。

それだけ好きな人との距離を縮めることになります。

 

今はLINEがあるので、ある程度会話できる状態でないなら、

友達を使ってグループ登録すれば、自然と繋がることもできます。

 

 

【2】好きな人の趣味を知る

 

好きな人がどんな趣味や興味を持っているのか。

そこを知ってあなたが少しでも知識を持つことで、

共通の話題を持つことができ、会話が盛り上がることができます。

 

好きな人の趣味や関心ごとは必ずチェックするようにしましょう。

どんな些細なことでも構いませんので、しっかりとアンテナを張ることが大切です。

大切なことは自分のことを知ってもらうより、相手のことを理解することです。

相手のことを理解する姿勢を持つから、相手もまたあなたことを理解してくれるのです。

 

 

【3】共通の知人を持つ

 

好きな人と共通の知人がいれば、

彼に繋がるルートをひとつ確保したことになります。

まずは共通の知人を持っておくことで、彼の情報も手に入りやすくなります。

そうすれば、どうアプローチしていいかも見えてくるでしょう。

 

 

【4】自分の現状を彼に伝える

 

片思いしている彼にしてみれば、

もしかするとあなたのことを彼氏のいる女だと勘違いしているかもしれません。

何かの拍子に誤解を生んでしまっていることもないとも限りません。

 

片思い中の好きな人を振り向かせたいなら、

今、あなたが彼氏がいないということをしっかりと彼に認識してもらう必要があります。

もし彼もあなたのことが気になっていて、そのことが理由で恋がストップしてしまったら?

それは勿体ないことだと思いませんか?

なので、あなたの現状をしっかりと伝えることは大切です。

 

ただし、モテない女のアピールにならないよう注意が必要です。

なぜなら、彼からの評価が落ちることになりかねないからです。

あくまでも寂しい女アピールになり過ぎないようにしましょう。

 

 

【5】彼に素直に頼る

 

男性は頼られることに自尊心をくすぐられる生き物です。

男性にとって、女性に頼られることは嬉しいことなのです。

それが自分の気になる女性なら、なおさら嬉しいはず。

 

つまり、自分のことを頼ってくれ女性に嬉しさを感じるものなのです。

 

ここで、ひとつチェックポイントがあります。

彼に素直に頼るなら、ここを押さえることで効果がグッと高まります。

 

それは、

 

彼の得意分野に関して頼るということです。

 

好きな人のことを様々なコミュニケーションの手段を使い、

また、共通の知人などを駆使して彼の得意分野についての情報を集めましょう。

もちろん、彼に直接聞くことはそのまま会話が盛り上がるきっかけになるので、

積極的に行動してみると良いでしょう。

きっと、あなたのことを好意を抱くようになると思います。

 

 

片思いは戦略的に振り向かせる

 

好きな人がいるということは、毎日が楽しいことなのかもしれません。

恋愛は、自分磨きで輝かせたり、毎日がドキドキした雰囲気を楽しめたり、

良いことはたくさんあると思います。

 

好きな人ができたなら、積極的に自分を変えていきましょう。

きっと、それだけでたくさん成長できるはずです。

片思いが成就できることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ