好きな人との会話が怖いと感じる女性のきっかけの掴み方


好きな人との会話が怖いと感じる女性のきっかけの掴み方

 

好きな人がいるんだけど会話のタイミングが掴めない・・・

あなたにもこんな経験がありませんか?

こんなときの会話のきっかけって、どうしたらいいのでしょうか。

 

前回は、運命の出会い信じますか?好きな人と繋がる大事なことにて、

女性なら一度は憧れたことはある好きな人との運命の出会いですが、

自分の望む運命を引き寄せるためにどうすれば良いかをお伝えしました。

今回は、好きな人との会話を盛り上げるきっかけについてです。

 

好きな人ができれば何とか会話をしたいものですね。

会話をすることは、彼との距離を縮めることになります。

そのためにも会話というコミュニケーションがどうしても必要です。

 

だけどそのきっかけがなかなか掴めない・・・

このまま会話すらできずに日数だけが過ぎてしまう・・・

 

このような女性も世の中にはたくさんいます。

また勇気を持って話し掛けたけど会話が続かないこともありますね。

ドキドキと緊張して何を話したらいいか分からない、

何か話さなければいけないと思えば思うほど分からなくなる。

うまくきっかけを掴んでも続かないことへの対処もみていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

1対1になることが対等であり話しやすい

 

会話のきっかけをつくるのは、

見えないところでどのような態度をとっているかで分かります。

あなたは、好きな人のことを陰で噂するようなことをしてませんか?

 

その後ろめたさが無意識に行動できなくしているのです。

 

また、

 

下手に誰かに頼っている状態だから自分から進めないのです。

 

特に片思いの場合は、不安な気持ちから友達を頼りたがります。

僕も好きな子の気持ちが分からないと、仲間の助けを求める気持ちは出ます。

 

だけど、

 

友達同士で噂ばかりしている子が、彼と上手くいった姿を見たことがありません。

学校や職場で、彼と向き合うのではなく友達に逃げているのです。

好きな人に積極的になれる女性は、自立しているイメージがあります。

そして、1対1で対等に接するようにすれば後ろめたさは感じません。

 

逆に彼の立場になって考えてみてください。

話し掛けたいと思っている人が、グループの中にいるよりは、

一人でいてくれている方が話し掛けやすいと思いませんか?

 

また、

 

いつも友達同士でいる姿は何だか壁があるように感じて、

余計に話し掛けにくい雰囲気が出ていることにお気付きでしょうか。

友達同士の付き合いも確かに大切ではります。

 

しかし、

 

好きな人と距離を近づけたいと思ったとき、

何をあきらめるべきかを冷静に判断して行動に移すことです。

このときも彼の視点から考えてみるようにしましょう。

実は話し掛けにくいのは、自分が原因かもしれないのです。

 

 

無言になることは逆に利用できる

 

僕は、ある女性と無言になったとき、

 

「この人はなんでこんなに心地の良さを感じさせてくれるんだろう」

 

と思うような人と過ごした経験があります。

僕もそうでしたけど好きな人に話し掛けるときは、

どうしても緊張しますし実際に無言になると焦ってしまいますね。

だけど、この女性との出会いでそれが間違いであることに気づきました。

会話で最も大切なのは、話す内容ではありません。

 

会話で最も大切なのは、一緒にいるときの空気であり雰囲気です。

 

空気や雰囲気とは、その人から出てくるものですよね?

つまり空気や雰囲気とは、自分で作り出せるものなのです。

冷たい空気、楽しい雰囲気ってあるじゃないですか。

 

だけど僕たちは、空気や雰囲気をコントロールできないと思ってしまいます。

特に好きな人の前だと緊張して、それどころではありません。

それでも、あることをするとコントロールすることができます。

 

それは、

 

楽しい雰囲気の”動作”をすることで、自然と気持ちも楽しくなるということ。

 

僕たちは楽しいから笑うのだと思って普段の生活を送っています。

そうではなく、笑うからこそ楽しくなれるというのが真実なのです。

その女性は、楽しい雰囲気を”動作”によって作ってくれていました。

普段から心掛けているみたいで、それが型にハマっているように自然でした。

 

その時間、会話をしなくてもすごく居心地の良さを感じていたのです。

 

では、楽しいとか居心地の良い雰囲気を、

どうやって”動作”によって作るとよいのでしょうか。

 

それはとてもシンプルで、

あなたが過去に楽しかったとき、居心地の良かったときの瞬間を思い出して、

そのときの身体の動き、姿勢、呼吸、気持ちなどを合わせていくだけです。

 

仲の良い友達と会っているときって、

自然と表情が明るくなって、身体が軽くなったりしませんか?

苦手な上司や先輩に比べると、その状態は一目瞭然ですよね。

 

会話で大切なことは話す内容ではなく、

会話をしているときの雰囲気であり、心の状態なのです。

 

 

好きな人だからこそ話しやすい

 

あなたは嫌いな人と話すのは話しにくいと思いませんか?

そこから考えると好きな人と話す方が、断然話しやすいはずなのです。

 

もっと言えば、

好きな友達よりも、好きな彼との方が話しやすいのです。

なぜなら、好きの深さが違うからです。

 

じゃあ、なぜ好きな彼を前にすると緊張してしまうのか。

それは、好きな人に話し掛けることを”怖れ”ているものがあるからです。

それは、もしかしたら嫌われるかもしれないからかもしれません。

 

では、彼に嫌われても構わないと思えたら?

彼に嫌われてもいいから、彼に優しく接し続けようと思えたら?

 

答えはあなたの心のブロックに気づくことで分かります。

素敵な恋愛ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ