好きな人に振られたときの彼を忘れる4つの方法


好きな人に振られたときの彼を忘れる4つの方法

 

好きな人に振られたときって辛いですね。

彼のことを諦めて完全に忘れるまでには時間が掛かります。

どのくらい掛かるのか、どう気持ちと向き合えばいいのでしょう?

 

前回は、好きな人に会いたい!彼への思いが募るときの3つの対処にて、

ただ好きな人に会いたいと言う気持ちだけで彼に会おうとするよりは、

会いたいと思わせることで結果的に会いやすくする方法を紹介しました。

今回は、好きな人に振られたときの方法についてです。

 

片思いしている彼のことを諦めることは辛いと思います。

好きなのに諦めなければいけない、忘れなければいけない。

そう思えば思うほど気持ちは溢れてくるのかもしれません。

 

ただ好きな気持ちだけではどうしようもないこともありますね。

 

好きな人に彼女がいたり、告白して振られたりしたら、

簡単に忘れられないかもしれませんがどうしようもありません。

そんなときはどうやって忘れられるのでしょう。

スポンサーリンク

 

【1】まず諦める覚悟を持って思いを断つ

 

どこかで彼との可能性を感じてませんか?

このように思いが残っているといつまでも苦しくなってしまいます。

 

まずは諦める覚悟を決めて、思いを断つことが大切です。

 

この思いを断つ意志が彼のことを忘れる第一歩です。

彼のことが忘れられないままでの行動と、

彼への思いを覚悟を決めて断ったときの行動、

この2つは気持ちが違うので行動にも違いが明確にでます。

 

忘れられないのは、今の恋が全てのように感じてしまうからです。

ですがもっと視野を広げて見ると、更なる恋のステップと見ることができます。

好きな人に振られても諦めないことも大切かもしれません。

 

ですが、

 

今、この恋を忘れることで成長したならば、

次に出会う人は、もっと素敵な男性かもしれないのです。

諦めるのも諦めないのもどちらを選択しても自由です。

 

大切なのは、

 

どちらを選択すると心から幸せと感じるかです。

 

 

【2】とことん好きな人のことを考える

 

彼のことを忘れたいと思っても忘れられないとしたら、

それは忘れようと意識し過ぎているからかもしれません。

ご飯をお腹いっぱいに食べると、それ以上は欲しくなくなりますね。

 

「もう、いいよ」

 

と相手から求められても断ってしまいたくなります。

同じように彼のことをとことん考えてみるのです。

あなたはどこかで彼のことを考えてはいけないと思ってませんか?

好きな人を忘れるために考えてはいけないのは正論のように思えますが、

 

実は忘れるためには、とことん向き合うことが重要なのです。

 

忘れよう忘れようと一生懸命になればなるほど、

そのときの気持ちは、どんどんあなたを追いかけてくるでしょう。

なので、どこかでとことん向き合うことが必要になってきます。

彼のことを考えることは悪いことではありません。

忘れるためにとことん向き合ってみてはいかがでしょうか。

 

 

【3】意見しない人に打ち明ける

 

好きな人を忘れる最も良い方法は、

自分の感情を外に出すということです。

 

そのためには、

 

自分の話をしっかりと聞いてくれる人を選ぶことです。

 

悲しいときや辛いときって、別に答えなんて求めてなくて、

ただ今の気持ちを黙って聞いてほしいと思いませんか?

 

「そうなんだ、辛かったね」

「うんうん、その気持ち分かるよ」

 

このようにただ自分の話を聞いてくれる人。

そんな人が傍にいてくれるだけで自然と気持ちも回復してきます。

なぜなら、感情を外に出してあげることですっきりするからです。

 

実は辛いとき悲しいときほど、感情を積極的に出していくべきなのです。

 

いつまでも自分の内に閉じ込めておくと、

やがてストレスとなって自分をすり減らしてしまうのです。

 

 

【4】彼と接触しないこと

 

好きな人に振られたら、普段通りに接することも大切ですが、

存在を感じてしまうことで、気持ちは乱れやすいと思います。

学校や会社など、公共の場なので大人の対応をしなければいけません。

 

ですが、

 

意識的に接触しないように行動することも大切です。

メールやLINEにしても接触しないよう工夫することです。

彼の行動パターンを読んで先回りして避けることもときには必要です。

 

なぜなら、

 

中途半端な接触は、いつまでも動揺を誘ってしまうからです。

 

言い換えるとデリケートな状態なので、

自分自身の心のケアとしてしっかりと考えることが大切です。

心に刺激となるものは意識的に避けられるものは避けていいのではないでしょうか。

 

 

好きな人に振られたからこそ成長できる

 

好きな人に振られることは、

それも思い出深いものではないでしょうか。

 

僕もはじめて告白した女の子に振られたときのことを覚えています。

友人に相談したり、シミュレーションしたり、勇気を振り絞ったり、

ひとつひとつの場面が記憶に残っています。

中学のときの同級の男に奪われそうになって焦って告白しました。

その時は既に遅く、見事に振られて逆にすっきりしました。

 

人は痛い経験をするからこそ成長できるのかもしれません。

 

本物の恋をするのに近道はないと思います。

好きな人に振られることも、また思い出深いものではないでしょうか。

 

素敵な恋愛ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ