色気のある女のメイクで男心を惹きつける3つの秘密


色気のある女のメイクで男心を惹きつける3つの秘密

 

メイクの仕方で色気を出したい。

少しでも、気になる男性に近づけるよう自分を変えたい。

色気のある女のメイクができれば可能かもしれませんね。

 

前回は、好きな人に好きな人がいる場合の彼を振り向かせる秘策にて、

好きな人に好きなひとがいる場合、簡単にあきらめてしまうのは早計であり、

どうすれば、恋のタイミングが訪れるのかをお伝えしました。

今回は、色気のある女のメイクについてです。

 

ひとつ大切なことがあります。

 

色気を出したいのなら、メイクやアイテムに依存しないことです。

 

確かに色気を出すためのメイクは、

世の中にたくさん出ていますし、変われそうな気がしますね。

ですが、色気とはそんなに単純なものではりません。

 

本当の色気とは、生き方や考え方など内面から滲み出てくるものです。

 

メイクというのは、

あくまであなたを惹きたてる補助なのです。

健康的な肌にほんのり添える程度が一番理想的で、

 

色気そのものは、

 

その女性特有のオーラであることを知っておきましょう。

 

その上で自分の色気を引き立たせるための演出として、

色気のある女のメイクの仕方をお伝えします。

スポンサーリンク

 

【1】メイクの基本はバランスを整えること

 

たくさんのメイク用のアイテムが販売されて、

それぞれのメイク道具には様々な効果がありますね。

 

まずは、顔のパーツを5つに分けて、

メイクする場所のポイントを明確にします。

 

 

以上の5つがポイントとなる場所です。

当たり前かもしれませんが、それぞれパーツが異なるので、

それぞれあなたに合ったメイクの仕方を研究することが大事です。

 

よく、作りすぎてしまっているようなメイクをする人がいます。

不自然なほど濃くアイラインを引いて、マスカラもたっぷり塗りすぎて、

地肌を隠してしまうくらいファンデーションを付ける。

 

メイクが濃くなればなるほど、男性は避けてしまいます。

それだけナチュラルメイクが色気の出し方と強く関係してきます。

 

 

【2】それぞれのパーツはほんのりと

 

ナチュラルメイクが色気の出し方と関係してきますが、

では、どのようなメイクの仕方が良いのかと言うと、

 

もともとの顔の色をベースにメイクをすることです。

 

そうすることで、自然とあなたに合った色を選択することになります。

ベージュやブラウン、ほんのりピンクなど顔に付けるものは、

自分の顔の色を生かして添える程度にすることで、透明感を作ることができます。

透明感とは、自分の顔の色をベースにすることなのです。

 

それでも、

 

やはり色にこだわる女性も多いかもしれません。

大切なのは、塗っているのかいないのか分からないくらいのニュアンスです。

色よりニュアンスを意識することが、色気のあるメイクのコツとなります。

 

アイラインやまつ毛や眉は、くっきりとラインを引くことよりも、

丸みを意識して、ふんわりとやわらかく印象付けることが大切です。

目元に関しては「線より丸み」の方が、色気のある女に近づけます。

 

以上のようにそれぞれのパーツは主張し過ぎないようにしましょう。

 

 

【3】美人顔の黄金比率

 

顔には、理想の比率というものがあります。

この比率のことを「美人顔の黄金比率」と言います。

色気のある女になるには、この比率を意識してメイクをします。

 

まずは縦の比率は、

 

  • 髪の生え際から眉毛の上
  • 眉毛の上から鼻の下
  • 鼻の下からあごの先

 

これを3分割して「1:1:1」のであることが理想です。

メイクの仕方もこの比率を意識することで、

それぞれのパーツが強調し過ぎないようになります。

 

続いて横の比率は、

 

  • 左右の目の幅
  • 目と目との間の幅

 

この比率が「1:1:1」であることです。

実は、綺麗顔と可愛い顔では、横の比率に違いがあります。

綺麗顔は「1:1:1」に対して可愛い顔は、

 

左右の目の幅が「0.88:1:0.88」です。

この比率に近いほど、可愛い印象を与えることができるのです。

 

あなたの顔はいかがでしょうか?

綺麗顔の方が向いているのか、可愛い顔の方が向いているのか、

自分を知ってメイクをすることで、無理のない自然な仕上がりができます。

 

縦と横の比率を意識して色気のある女を目指していきましょう。

 

 

あなたの素材に合わせることが大切

 

色気のある女のメイクとは、

何とも言えない何か惹きつけられるものがあります。

作ったようなものではなく、パッと見は分からないくらい、

地肌の素材を生かして絶妙なバランスで整えています。

 

あなたは何色でしょうか?

 

自分の素材に合わせようとすることより、

メイクで別なものに合わせようとしてませんか?

 

本当の自分の生かし方とは、

自分が思っていることよりも別のことだったりします。

 

「これがイイ」

「自分はこうなりたい」

 

という思い込みのままだと、

自分の本来の生かし方に気づかないことが多いのです。

そのためには、力を入れ過ぎず自然であることです。

 

色気とは、出そうとするものではなく滲み出るものです。

 

素敵な女性になれることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ