彼氏が欲しい…好きな人と本気で付き合うための3つの心構え


彼氏が欲しい…好きな人と本気で付き合うための3つの心構え

 

彼氏欲しい…だけどなかなかできない。

好きな人ができても、その先に進めなくて苦しくないですか?

どうすれば付き合う関係にすることができるのでしょうか。

 

前回は、好きな人に嫌われた時の気持ちを切り替えて修復するための考え方にて、

好きな人に嫌われた時の不安に思う気持ちをどうすれば良いのか、

そんな不安なときの自分の心の整理の付け方を紹介しました。

今回は、好きな人と付き合うための心構えについてです。

 

好きな人と付き合う方法が分かれば苦労はしないですね。

 

でも、

 

もし、方法を知ったことで本当に付き合うことができると思いますか?

付き合うことができたとしても、彼と続く自信はありますか?

彼はあなたのことをずっと好きでい続けてくれると思いますか?

彼があなたのことを裏切ったら、それでも付き合いたいですか?

 

○○したいのにできない・・・

 

この手のできない人の特徴は、

これから紹介することに共通の問題があるようです。

スポンサーリンク

 

【1】自分の気持ちに責任を持とう

 

あなたは好きな人ができたとき、

誰かに相談ばかりして、相手の気持ちを確認ばかりしてませんか?

彼がどう思っているのかを他人に結論を出してもらってませんか?

 

このようなとき、

 

実際に自分で動いたら、事実と自分の思い込みの差が大きいことに気付けます。

 

やはり彼の気持ちは直接、彼と関わることで言葉なり雰囲気なりで、

直接肌で感じることで、真実を知ることが大切です。

単なる憶測だと、事実とはかなりズレてしまうようです。

 

そして、

 

付き合えないタイプの女性は決まって友達に相談ばかりしてます。

自分では動く勇気もなければ、どう動いて良いかも分かりません。

それもそのはず、行動の量が少ないのですから。

 

恋愛は1対1でするものです。

 

どうしても好きで本気で付き合いたいと思うくらいの気持ちなら、

今までとは違う行動をとり、自分の気持ちに責任を持たなければいけません。

 

このときの自分の気持ちに責任を持つとは、

 

傷付いたショックな気持ちも含めて、全ての出来事で味わう感情を受け入れる。

 

ということです。

それができるからこそ恋愛上級者の女性は自分から動けるのです。

 

 

【2】好きな人への気持ちにプライドはいらない

 

プライドの高い女性は、好きな人ができても付き合えません。

 

なぜなら、

 

プライドが邪魔をして前に進めなくなってしまうからです。

 

不要なプライドを捨てなければ恋は実らないことは分かっていると思います。

あなたにも誰にも譲れないポリシーやプライドはあると思います。

 

しかし、

 

ほとんどの場合、不必要なプライドを抱えているものなのです。

 

それを手放せば簡単に手に入るのに・・・

このような勿体ない女性は、案外たくさんいます。

 

それは、

 

過去に自分の負った心の傷を隠そうとすることが主な原因です。

では、どうすれば不要なプライドを捨てることができるのでしょうか。

 

恋をするのに必要な心構えとして、

 

自分の弱さをあえてさらけ出せるくらいになることです。

 

本気で好きになった時の相手には、素直に自分のことを話そうと思いますよね?

自分のことを理解してもらってその上で、彼が納得して付き合いたいですよね?

 

ならばいっそのこと最初からそうあるべきではないでしょうか。

 

 

【3】失敗を受け入れる気持ち

 

慣れないことに挑戦すること。

それが「成長」するための行動です。

 

そして、

 

慣れないことへの挑戦は、失敗と隣り合わせです。

 

好きな人と付き合いたい・・・

このように思って彼を振り向かせようとすることも、

普段から当たり前のように行っている訳ではないと思います。

 

それに、

 

たとえ慣れていたとしても、状況は常に同じではありませんね。

 

恋愛はコミュニケーションの中で、最も感情を伴うものです。

それだけに傷ついたり、落ち込んだり、

時には泣いてしまうくらい悲しい時だってあります。

それに恥ずかしい感情だって味わうこともあります。

 

恋愛は感情を伴うだけに、失敗に対する感度も敏感になってしまいます。

 

ただ、これだけは覚えておいて欲しいと思います。

 

それは、

 

感情は自分の望むように選択することができます。

 

今までは自然の流れに任せて感情を選択していたことも、

意識的に「普通でいよう」と思えば、それを選択することができます。

 

怖そうな人と目を合わさないようにすれば、

怖いという感情を必要以上に感じなくて済むように自由に選択できるのです。

 

 

恋愛は気持ち次第

 

ある青年は外見をとことん磨き、

出会う女性のほとんどが彼に恋をしました。

 

しかし、

 

彼には恋人が全くできませんでした。

 

なぜなら、

 

恋人ができる外見を磨いても、恋人ができる内面を磨いてなかったからです。

 

彼は自他共に認めるくらい素晴らしい外見になることができたけど、

内面はモテない自分を信じているままだったので、

 

自分を見てくる女性が全て、

 

自分を嫌っているかのように見えてしまっていたのです。

 

自分が心の中で何を信じているのかで、世界の見え方が違うのです。

 

同じ出来事でも人によって感じ方が違うのは、

あなたも十分にご承知のことだと思います。

 

あなたは何を信じたいですか?

好きな人と付き合うことができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ